欲しいものがない時どうすれば良いのか。新しいことに挑戦していこう

最終更新日:2016年5月1日

欲しいものがない時の対処としては、現在の状況が幸せなのか、またはほしくても手に入れられない状況が分かったので諦めているのかで全然状況は違います。

現在の状況を自分で客観的に見直すことができるチャンスかもしれません。

1.現在の状況を楽しむ

欲しいものがないときが幸せだと思える事もありますが、自分の今の状況をみて幸せだと感じたり楽しいと感じる事ができれば思いっきり楽しんでおきましょう。

今が幸せだと思える事ってなかなかないですし、後から思い出せばあの頃は幸せだったと思い返すくらいです。

物欲によって欲しい物があれば、それを手に入れようと頑張りますが、手に入らないと思えばモチベーションも下がりますし、幸福度も下がってしまいます。

客観的に今の状況に物欲もなく、満足のいくようならば楽しんでおくことも大切です。

無理に欲しい物を探したりしても、自分が興味がなければ意味がありませんし、現在の状況はいつしか変化をするものなので、その時まで今を楽しむことも大切です。


2.精神的な欲求を探してみる

物欲はものがあればそれを欲しいと思いますし、手に入れればまた新しいものが欲しくなってキリがありません。

ものに囲まれた生活を送っていますが、ものにもピンからキリまであるので際限が無くなります。

精神的な欲求ならばいくらでも追及する事ができますし、心のケアや体にも良くなることもあります。

マッサージの気持ちよさを体験すれば、自分でやるよりも他の人にやってもらう事のほうが気持ちが良いのが分かります。

それが体にどんな影響があるか分からなくても、マッサージをしてもらっているという気持ちよさが精神的に良くなります。

精神的な欲求を満たす事も制限はありませんが、自分の心を豊かにもしてくれます。

ものが無くても人に対して優しくすることでも自分が精神的に安らぎを得る事ができます。

欲しいものがなければ、精神的に自分が満足できる事を追求してみることをオススメします。


3.物の価値を追求してみる

欲しいものがないときでも、自分の身の回りには多くのものに溢れているはずです。

今現在の状況で自分が不満を持つような生活をしていないので、ものに対する物欲がなくなっていますが、もっと良い商品は確実に存在しています。

自分が使いやすいものを選んで買っていれば良いですが、日々新商品が出ていますし、それを使用する事で自分の生活が持っと豊かになったり便利になったりします。

ものには愛着が沸いたり使い勝手が良かったりしますが、新しい機能や利便性を追及したものがあるので、今使っているものを新しく再検討してみるのも良いでしよう。

テレビでも画質やインテリア性、録画の機能など日々新しいものが出ていますし、新しいものを得る事で自分も少し成長できたり新鮮な気持ちで過ごす事ができます。

現状を変えたくない人も多いと思いますが、自分が成長するためにはどんどん新しいことを得ていく必要があります。

自分が成長するための第一歩として、新しい環境にしてみるのも良いかもしれません。


4.新しい事を始めてみる

欲しいものがないときには、物欲がなかったり精神的に安定していたりするので、幸せな生活を送っているのと同時に、マンネリした生活を送っている事も考えられます。

人は日々成長していかなければならず、仕事でも少しずつ覚える事で成長していきます。

停滞したり退化してしまっては困ります。

現状を維持する事は停滞している事とイコールなので、何か新しい事を始めてみるのが良いでしょう。

現状に満足しているので何を始めれば良いかも分かりませんが、何をやってもかまいません。

日頃していない事をやってみる事が大切です。

散歩をしても良いですし、ペットを飼っても良いでしょう。

そこから新しい発想が生まれれば、自然と自分も成長したり欲しいものができたりします。

シューズが欲しい、犬の家が欲しいなど今までにない発想が生まれれば、それだけで新しい事をした意義が出てきます。


5.遊び心を持ってみる

効率を考えると、自分にはいらない物は買わないことも多々あるでしょう。

子供の頃に流行ったラジコンやゲームなどは、大人になるにつれ自然とやらなくなっていきます。

日々の生活の中で、仕事や趣味に時間を費やしているので余計な時間をとる事ができないかもしれませんが、10分でも良いので子供がやる遊びをやってみるのも新鮮で面白いです。

ゲームならば子供の頃にやっていて、ハマれば何時間でもやっていましたが、昔懐かしいゲームをやってみるのも面白いです。

買い物でも自分では買わないようなユニークな洋服を買ってみて、それを着る機会を自分で作るように予定を立ててみるのも良いでしょう。

普段では絶対にしないような事でも、いざやってみると楽しかったり、そこからまた新しい発見をするかもしれません。

欲しいものがない時は色々と挑戦してみよう

欲しいものがなくても自分からいろいろ挑戦してみることが大切です。

欲しいものがない人は、ほとんどが物欲によるもので、ある程度自分の生活に満足をしているのかもしれません。

物欲以外には精神的に自分が楽しめたり、成長する事ができることもたくさんあります。

欲しいものがなくても、日々新しいことに挑戦をし続ける事で、新たな自分を発見する事ができますので、現状に満足しないてどんどんチャレンジをしていきましょう。
参照:物欲がない人の心理的特徴5個