二重も涙袋もない女性がかわいくなるメイク術

最終更新日:2016年2月23日

二重も涙袋もないと目元にインパクトが出ず、さびしい雰囲気になってしまいがちです。

ですが、二重も涙袋もなくても、かわいい雰囲気を作ることは可能です。

自分の素の素材を生かしたメイク方法をご紹介します。

1.お肌はなめらか陶器肌に

大事なのは、お肌の質感です。

ファンデーションでなめらか陶器肌を作っていきましょう。

シミやそばかすなどのくすみが気になるところには、コンシーラーを塗って、しっかりカバーしましょう。

お肌の色を均一にすることが大事です。

くれぐれもファンデーションを厚塗りすることのないように注意しましょう。

うっすらとお肌の色をきれいに整える程度にファンデーションをのばしていきましょう。

お肌の透明感を出すためにも、ファンデーションを塗る前に、顔の産毛の処理をすることを忘れないでください。

産毛を剃っておくのとおかないのでは、お肌の透明感がだいぶ違ってきます。


2.チークで女性らしさをアピール

ファンデーションでお肌の色を整えたら、チークで女性らしい元気な部分をアピールしていきましょう。

ピンク系のチークは、かわいらしい女性らしさをアピールできます。

また、オレンジ系のチークは、元気いっぱいの女性らしさを印象付けられますし、コーラル系のチークは、大人の落ち着いた女性であることを表現できます。

その日の気分に合わせて、チークの色を変えてみるのも、お化粧の楽しいところでもあります。

チークを省いてしまうかたもいらっしゃるかもしれませんが、ファンデーションできれいに整えたお肌ですから、チークでメリハリをつけていきましょう。

3.色味の濃いリップで口元を強調

ルージュは、薄い色味のものと濃い色味のものとでは、印象がだいぶ変わってきます。

目元が二重でもなく涙袋もないというかたは、口元に印象的な色を持ってくると、かわいらしく見えます。

レッド系のルージュは、女性の色気を存分にアピールできます。

また、オレンジ系のルージュは、元気な女性であることを表現できますし、ピンク系のルージュは、少女らしいかわいらしさを強調できます。

口元に視線を集めて印象付けたいので、薄い色味のものより濃い色味のルージュを選びましょう。

濃い色味のルージュは、色が落ちてしまったときに、目立ちやすいですから、こまめにお化粧直しをすることを忘れないでください。


4.マスカラで目元をぱっちりと

ビューラーでまつ毛をカールしたら、マスカラで目元をパッチリさせるように、カールをキープしていきましょう。

マスカラをするのとしないのとでは、目元の印象がだいぶ変わってきます。

二重でもなく涙袋があるわけでもないし、と目元にコンプレックスがあるかたは、マスカラをしてもあまり変わらないのではないかと、思うかたもいらっしゃるかと存じますが、そんなことはありません。

マスカラは強い味方になってくれます。

一重や奥二重のかたは、ブラックのマスカラよりもブラウンのマスカラを使ったほうが、目元に自然なボリュームが出る印象になります。

ブラックを使うと、目元の印象が強くなりすぎて浮いてしまいます。

ブラウンのほうが、よりナチュラルな印象に仕上がります。

5.アイラインは跳ねさせない

アイラインで目元を強調させようと、目じりのところでアイラインを跳ねさせようとするかたがいますが、一重や奥二重のかたがそれをやってしまうと、目元が悪目立ちしてしまいます。

目元は、あくまで自然体を保ちましょう。

アイラインは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように塗っていきましょう。

くれぐれも目じりで跳ねさせようなどと思わないようにしましょう。

まつ毛の生え終わりの部分でアイラインは止めましょう。

さきほど、マスカラは、ブラウンがよいと書きましたが、アイラインは、ブラックがよいでしょう。

一重や奥二重ですと、アイラインが見えずらいということもありますので、ここはより濃い色のブラックで目元を引き締めましょう。


6.アイシャドウはブラウン系で

一重や奥二重ですと、アイシャドウが見えずらいということがあります。

ここで、冒険してブルー系やピンク系の色味を塗ってしまうと、目元がはれ上がったように見えてしまいかねません。

ナチュラルを目指しましょう。

ブラウン系のアイシャドウをグラデーションになるように塗っていきましょう。

アイシャドウは一色で済ませているというかたも、まつ毛の生え際だけは、濃い色味のブラウンで引き締めるように塗っておきましょう。

そうしないと、一重や奥二重のかたは、目元のお肌とお肌の摩擦でファンデーションが落ちてしまい、まつ毛の生え際だけ地肌が見えてしまうということが起こってしまいます。

それを避けるためにも、濃い色味のブラウンで引き締めましょう。

二重や涙袋がないからといって悲観しないことが大切

目元に偏重しないメイクをご紹介してきましたが、二重でもなく涙袋もないというかたのメイクに少しでも参考になればと思います。

涙袋がないからと言って、白いアイシャドウで涙袋もどきを描くのは避けましょう。

そこだけ悪目立ちしてしまいます。

目元にアクセントを置くのではなく、顔全体にナチュラルなかわいらしさが出るようにメイクしていくのがポイントです。

ナチュラルがいちばんかわいい表情だと思います。