デート中のメイク直しのポイントとコツ

最終更新日:2016年2月23日

デート中のメイク直し、気を使ってますか?

何となくお手洗いに行った時に、ささっと直しているという人がほとんどではないでしょうか?
ここでは、デート中におけるメイク直しのコツや注意点を見ていきましょう。

1.フルメイクのお直しはタブー

真夏のデートにおいて、いくら汗でほとんどのメイクが流れてしまったからといって、フルメイクのお直しはタブーです。
時間が掛かりすぎてしまい、彼が待ちくたびれてしまいます。

あまりにも長い時間が掛かるメイク直しは、デート中はタブーです。
また、フルメイクのお直しをすると、さっきとは別人のようになってしまう恐れがあります。

彼もびっくりすると同時に、ちょっと引いてしまうかもしれませんので、要注意です。

2.テカリを抑え、透明感を出す

デート中のメイク直しの基本は、手早く簡単に行なう事が必要です。
またあまりにも、メイク直ししてきましたよ!というのは、不自然であまりデート中にはふさわしくありません。

さりげなく自然に顔色を良く見せ、全体的に透明感を出すメイク直しが理想です。
では、どこをどのように直せば良いのでしょうか?

まずは、全体的なテカリを抑えましょう。
あぶらとり紙を使用すると、余計に油分が出ますので、ティッシュで軽く抑える程度で十分です。

パウダーファンデーションをメイク直しに使用すると、余計にファンデーションがヨレてしまい、化粧崩れが目立ってしまうので避けた方が良いでしょう。
メイク直しの際に使用するのは、おしろいがオススメです。

ティッシュでテカリをオフした後に、軽くささっとお粉を全体に塗布します。
その方が透明感を持続出来ますよ。

3.チークはさりげなく

よくメイク直しをした際、これでもか!という位にチークを塗りたくっている人を見かけますが、デートの時は絶対にやめましょう。
女性が思っているより、男性は全てにおいて保守的な生き物です。

もしチークを丸く濃く入れるのが、流行りだとしても、また好みだとしても、男性には不評です。
デートにふさわしいチークの入れ方は、肌なじみのよい色のチークをさりげなくぼかす程度で十分です。

チークはメイク落ちしやすい箇所ですので、メイク直しの際は必須項目ですが、あくまでもさっとぼかす程度に押さえておきましょう。

明るすぎるピンクやオレンジは、チークばかりが目立ち、10代の若い女性ならまだしも、大人の女性には浮いてしまうのがオチです。

チークをお直しする際は、目立ちすぎないよう心掛けて下さい。

4.キスを想定し、リップを塗る

デートの最中にメイク直しをする場合、その後のデートの展開も考えなければなりません。
いい雰囲気になってキスをするシチュエーションも十分に考えられますから、それを踏まえてリップを選びましょう。

あまりにもテカテカのグロスはNGです。

確かにつやつやで魅力的な唇を演出しますが、実際にキスをする際はべたべたと気持ちが悪いものです。
どうしてもグロスをつけたい場合は、ほんのり薄づきにして、軽くティッシュでポンポンと押さえておく方が良いでしょう。

理想は、マットだけれど光沢のある口紅です。
少しラメが入っていたり、うるおい配合のプルプル唇を作ってくれる口紅が良いでしょう。

マットな質感なら、キスの時の不快感をまぬがれます。
くれぐれも、デートだからといって、てかてかなリップをつけすぎないよう注意しましょう。

デートと女子会ではメイクは別物

デートの時のメイクと女子会の時のメイクと、基本的に別物と考えましょう。
流行りのメイクや、モードなメイク、またオリジナルの個性派メイクは、女子会の時に楽しみましょう。

デートの時は、基本コンサバで、品良く仕上げましょう。

メイク直しのコツを掴んでおくと、デートの最後まできれいな状態を保てます。
ぜひ自分なりに研究をして、デートを素敵に演出して下さい