地味顔に最適なメイクのポイントまとめ。コツは目を強調すること

最終更新日:2016年2月23日

一重だったり唇も薄かったり地味なベースだと化粧の少し化粧をしてもあまり変化をつける事ができません。

今回はそんな地味顔な女性に適したメイクのポイントについてご紹介します。

1.最も重要なのは目ヂカラ

地味である=パッとしない。

この場合は、目を強調するようなメイクがオススメです。

一重瞼の人であれば、二重瞼にできるテープやのりなどを使って、目をパッチリと大きくさせましょう。

これだけで顔の印象が明るくなります。

また、つけまつげやアイラッシュでまつげを増やして長くすると、さらに目元が大きく見えます。

人は顔を見た瞬間、どこに目がいくかというと、ほぼ目を見ます。

そこからズームを伸ばしていき、顔全体を見てみます。

これを1秒くらいの速さでおこなっているので、目というのはとても重要ポイントなんです。

目のメイクが上手にできていないと、顔全体もぼやけたようなイメージになりますので、目を強調するようなメイクをしましょう。


2.眉毛

眉毛の形は、年代によっても異なりますが、今の時代はトキントキンの細い先のとがった眉毛は流行りません。

そして、重要なのは、髪の色やアイシャドーなどにも合わせる必要があるという事です。

かけ離れた色、例えば明るめのライトブラウンを眉毛に使って、髪の色は真っ黒だと、眉毛だけが浮いてみえてしまい、統一感もなくなります。

地味な顔なかたはライトブラウンを使ってほしいところですが、控えめのこげ茶色で、少し太めの眉毛が理想です。

眉毛は真っ黒で太めだとゲジゲジしたようなゴツイイメージになってしまいます。

また、定期的にはみ出している眉毛などは整える事も大事です。

女性としての身嗜みです。

ボサボサでは余計地味に見えてしまいます。


3.アイライン

アイラインは、目頭から目尻にかけて、長めに引きましょう。

色は、キリッとしたかっこよさを出したい場合は黒を、おっとりとした雰囲気を出したい場合は茶色を使いましょう。

また、目尻だけ太めに少し跳ね上げると、かっこよく、目が大きく見えるようになります。

まつげとまつげの間は塗り潰すと良いでしょう。

これをする事で更に黒目が際立ちます。

下にアイラインをひきたい場合は、茶色がオススメです。

そして目頭にかけてぼかす事がコツです。


4.アイシャドー

アイシャドーは、チョイスする色合いによって雰囲気がガラリと変わります。

地味なかたであれば、ピンク系がオススメです。

ブラウンとベージュ、ゴールド、オレンジを使いこなせば大人かっこよく仕上がります。

ピンク系を使用する場合も、必ずまつ毛のきわ付近はブラウンで協調すると良いでしょう。

二重で織り込む部分がブラウンで協調されれば、目元がパッチリとします。

目尻きわきわまで塗っても良いです。

下は目尻から三角形を書くようにぼかしながらブラウンを入れておくと、更に目元が際立ちます。

下の目頭辺りはゴールドなどを使用し、涙袋は薄いピンクが入ったパールで涙袋を強調すると良いでしょう。


5.チーク

チークは、あまり濃いものをつけると、地味な顔には良くありません。

ほんのり薄付き程度になるよう、頬骨から斜め上にめがけて軽く入れます。

真ん丸くいれてしまうと、幼い感じになってしまいますし、目を強調している分、チークの色も濃い場合は凄くケバイイメージになってしまいます。

パウダータイプとリキッドタイプがあります。

パウダータイプの方が初心者のかたにはオススメです。

また、店頭で販売されている色を見ると濃く感じるものでも実際つけてみると薄かったりする事もあるので、だいたいお試しが備え付けてあるので、手の甲などにつけて色を確認してから購入しましょう。


5.ファンデーションの種類

ファンデーションはリキッドタイプやパウダリータイプなど色々ありますし、カラーも様々で、BBクリームやCCクリームと、選ぶ時にどれがいいのかわからない事が多いでしょう。

基本、健康的な肌に見せたい時はオークル・もしくはそれよりワントーン濃い色がオススメです。

肌の色がもともと濃いかたは普通のオークル色を選ぶと良いです。

また、パウダリーより、リキッドタイプの方がなじみやすく、浮きにくくなります。

そしてBBクリームやCCクリームは大めにつけてスポンジなどでたたき込むとキレイに仕上がります。

その後は、パールの入ったパウダーをはたけば、美肌に見えます。

地味顔に最適なメイクをしよう

地味な顔だと思っている女性は、まず目を強調するようなメイクをする事がポイントです。

また、アイラインやアイシャドーの使い分けで、目を際立たせつつ、大人かっこよく見せるのか、フェミンに見せるのかを決めて、チークなどの色合いも決めましょう。

これだけで、顔がいつもより数倍、華やかに見えるはずです。

女性に生まれたからには化粧できるという特権を最大限に楽しんでいきましょう。