濃い顔の女性が薄く見せるメイク術

最終更新日:2016年2月23日

濃い顔を薄く見せるメイクは可能なのでしょうか。

薄い顔を濃く見せるというメイクは一時期流行りましたが、その逆の方法は難しいのでは?と考えている人も多いようです。

そのため、顔が濃いということをコンプレックスに感じてしまっている女性も少なくありません。

そこで、メイクのちょっとしたコツを使い、濃い顔をできるだけ薄く見せる方法をご紹介します。

1.眉はナチュラルに仕上げる

濃い顔の人は、「眉が濃いと顔が余計に濃く見えるから、眉は薄め・細めで」と考えてしまうことが多いのですが、これだと残念ながら、眉だけが浮いて見えてしまう結果になります。

濃い顔を薄くする時でも、眉はナチュラルに仕上げることがポイントです。

自分の眉の毛の流れを極力活かすようにし、眉全体をぼかすようにしてアイブロウメイクをしていきましょう。

眉を「描く」というように意識してしまうと、どんどん眉が濃くなり、顔も濃くなってしまうので気をつけてください。

アイブロウメイクでは、顔の色とバランスが良くなるこげ茶色を使うことをオススメします。

黒を使うと顔が濃く見えてしまいますし、かと言って、明るい茶色を使ってしまうと、眉部分だけが浮いて見えて不自然な仕上がりになってしまいます。


2.自分の肌よりもワントーン程度明るい色のメイクアップベースを使う

濃い顔を薄く見せるためには、顔全体をダークに見せないことがポイントです。

顔の色を明るく見せるようにベースメイクすることで、顔全体の印象が濃く見えてしまうことを防ぐことができます。

しかし、そこで明るめのファンデーションを使ってしまうと、顔が不自然に白浮きしてしまうため、この場合はメイクアップベースをひと工夫してみることをオススメします。

メイクアップベースを選ぶ際、自分の肌よりもワントーン程度明るめのものを選びましょう。

できたら、パールなどが入った、光沢感のあるものが良いでしょう。

このようなタイプのベースを使えば、ファンデーションで顔色の調整をしなくとも、顔全体が明るく見え、濃い印象がなくなってきます。

ファンデーションを塗る際は、その上から軽く塗れば十分です。


3.アイライナーやマスカラは、黒ではなくブラウンを使う

濃い顔を薄く見せたい時であっても、アイライナーやマスカラで目元をハッキリさせるメイクをすることは全く問題ありません。

但し、使うアイライナーやマスカラの色をひと工夫することで、顔を薄く見せることができます。

アイライナーやマスカラと言えば黒が主流ですが、黒を使ってしまうと、目元がはっきりし過ぎてしまい、顔が余計に濃く見えてしまいます。

そのため、顔を薄く見せたい場合は、黒ではなくブラウンを使うことがオススメです。

ブラウンのアイライナーやマスカラは、目元をハッキリと見せてくれますが、顔の色と馴染みやすいため、目元が濃くなり過ぎるということがありません。

目元を自然に明るく仕上げてくれるので、顔が濃く見えることがなくなります。

「顔がこれ以上濃くなるのが嫌だから、アイライナーやマスカラを使えない」と悩んでいる人は、ぜひブラウンのものを試してみてください。


4.チークは、ツヤ感のあるコーラルベージュのものを選ぶ

濃い顔の人がピンクやオレンジ・レッドなどのチークを塗ってしまうと、チークの色と、はっきりした顔のパーツがぶつかり合ってしまい、余計に顔が濃く見えてしまいます。

そのため濃い顔の人は、顔の色と馴染む色のチークを塗ることをオススメします。

1番オススメなのは、コーラルベージュのチークです。

できれば、パールなどが入った、光沢のあるタイプが良いでしょう。

コーラルベージュのチークは非常に肌馴染みが良く、しっかり塗っていても浮き立つことがありません。

そして、「濃い顔で、どうしてもきつい印象になってしまう」という人も、優しい印象を演出することができます。

元々の顔の骨格を美しい形で生かすこともできるので、とてもキレイに仕上がります。

大きめのブラシを使って、顔全体に丸くぼかし入れましょう。


5.口紅は、ツヤ感と透明感のあるオレンジやベージュを使う

濃い顔の人は、ビビッドな色・濃い色の口紅を塗ると、顔の印象が更に濃くなってしまいます。

そこでオススメなのが、ツヤ感と透明感があるタイプの口紅です。

元々の唇の色が少し透けて見え、少しぷるんとしたツヤ感を出せる口紅であれば、濃い顔も自然に薄く見せることが可能です。

オススメの色は、オレンジやベージュです。

これらの色は肌の色に自然に馴染んでくれるので、唇の部分だけが派手になってしまうことがありません。

濃い顔の女性が薄く見せるためには全体的に明るめなトーンを使う

濃い顔の人が顔を薄く見せたいという場合は「全体的に明るめのトーンの色」の化粧品を使うと同時に、「肌に馴染む色」を選ぶことがポイントです。

そうすることによって顔全体があっさりとしたイメージに統一され、顔を薄く見せてくれる効果が期待できます。

このようなメイクをすると、顔を薄く見せることができるだけでなく、顔全体に透明感が出てくるので、非常に若々しい印象を演出することもできます。