メイクで透明感を出す方法。薄く軽くメイクしよう

最終更新日:2016年2月23日

女性なら誰しも、陶器のように透明感のある肌に憧れるものです。

しかし、毛穴やそばかすを隠すために、ついファンデーションを厚塗りしてしまうことはありませんか。

それが返って肌にダメージを与え、透明感から遠のいている原因になっています。

そこで今回は、メイクで透明感を出すためのポイントをご紹介します。

1.メイク前の化粧水と乳液は入念にしましょう

透明感のある肌を手に入れる為には、洗顔後のケアが重要です。

これをしっかり行う事により、ハリやキメが変わり、思わず触りたくなる様なふっくら肌が手に入ります。

まず洗顔後、化粧水でお肌を整えます。

顔にティッシュを乗せ、その上から化粧水を浸み込ませて下さい。

ティッシュは2枚1組になっているので、1枚にはがしたものを乗せましょう。

その後、お肌にモチモチ感や、吸い付く感覚があれば、化粧水の水分がお肌に浸透した証です。

次に乳液です。

乳液は、手のひらに出し、体温で温めてから顔全体に押さえつけるようにつけて、馴染ませましょう。

乳液によってでた余計なベタつきは化粧水の際に余った、もう1枚のティッシュで軽く押さえましょう。


2.化粧下地はパール入りを使用

ファンデーションを厚塗りすると透明感がなくなり、メイクが濃いという印象を与えてしまいます。

そこでファンデーションをつける前に、化粧下地を使い、1トーン明るい肌を作りましょう。

また、下地をつけると、ファンデーションが薄塗りでもきれいに仕上がり、毛穴やくすみも取り、化粧崩れ防止にもなります。

さらに、パール入りを使うことにより、パールが光を集め、内側から発光するような肌を手に入れることができます。

下地のつけ方ですが、パール1個分の量を手の甲に出します。

それを、額、鼻、両頬、あごの5箇所に軽くのせ、顔全体にムラなく薄く、素早くのばします。

中指と薬指を使って、引き上げるように内側から外側へのばします。

また、気になる部分は指の腹で軽く弾ませながらのせましょう。

目元は皮膚が薄いので、他の箇所に比べ、薄くつけましょう。

つけにくい場合には、ブラシでのせていくと良いでしょう。

下地をつけ終えたら、軽くティッシュでオフしましょう。

ファンデーションをきれいに乗せるためには大切な一手間です。

3.ファンデーションは塗るのではなく、のせる

ファンデーションを塗る際、力が入ってしまう事はありませんか。

そういった事態を防ぐために、ファンデーションは塗るのではなく、「のせる」「押さえ入れる」というイメージでメイクをしてみましょう。

まず、スポンジにファンデーションを取り、内側から外側へ軽くぼかすように顔に乗せていきましょう。

その後、スポンジを軽く滑らせるように優しくつけましょう。

こうすることにより、薄く均一にのります。

また、きゅっと押し付けるように重ねます。

また、BBクリームを代用する場合、BBクリームにオイルを1滴混ぜると、つやつやの肌が出来上がります。


4.仕上げはフェイスパウダー

普段のメイクで、ファンデーションをつけたから、フェイスパウダーはしないと言う方がいますが、このフェイスパウダーが透明感を1番引き立ててくれます。

そのため、ファンデーションをつけ終えたら、仕上げにフェイスパウダーを必ず使用します。

フェイスパウダーは、自分の肌よりは1トーン明るいものを選びましょう。

そうすることにより、肌が明るく見え、透明感を出しやすくなります。

フェイスパウダーのつけ方は、大きめのブラシ、または、パフで、Tゾーン(額と額から鼻先まで)や頬、目の下を中心に薄くつけましょう。

手に力が入ってしまうとムラが出てしまうので、注意しましょう。

フェイスパウダーを軽くのせることにより、自然なメイクが生まれます。

5.ハイライトで透明感アップ

ここまでのメイクでは、顔がのっぺりとした印象与えてしまうので、ハイライトを使用することにより、肌の明るさが引き立ち、メリハリや立体感のある肌を演出できます。

ハイライトのつけ方は、ブラシに軽くハイライトをつけ、TゾーンとCゾーン(こめかみから目の下まで)の内側から外側へ軽くはらう様につけます。

あご先は、軽くのせるようにつけます。

あまりつけすぎてしまうと、ハイライトをつけた箇所に目がいってしまうので注意しましょう。


6.アイメイクとチークとリップの選び方

透明感のある肌に合うメイクは、自然の肌でも出せるカラーです。

アイシャドーとチークは、ブルーやパープル等のスッピンでは決して出すことのできないカラーではなく、薄いピンクやオレンジなどの明るいカラーを選びましょう。

また、アイシャドーとチークはなるべく近い色を使いましょう。

そうする事により、いっそう自然な肌を印象づけられます。

チークをつける際、基本的には頬の1番高い位置に入れるのが良いとされていますが、面長の人はそこを避けた頬全体に入れるのが良いでしょう。

アイラインは、まつげの隙間を埋めるように入れ、アイラインを引いていないように見せましょう。

ここでは、スピンのように魅せる事がポイントです。

まつげは、ビューラーで高く上げすぎず、自然な上向きを意識し、マスカラは目の中心に塗ります。

下まつげにはビューラーをせず、重ね塗りは控えましょう。

また、髪色にあったマスカラを選ぶとより良いです。

リップは、パステルカラーやローズカラーのピングがオススメです。

透明感を出すメイクのコツは薄く軽くのせること

メイクで透明感を出すためには、厚塗りはいけません。

薄く、軽くのせることが大切です。

いつものメイクを少し丁寧にすることにより、透明感のある素敵な肌を手に入れることができます。

毎日メイクをするのは面倒と思ってしまう時もありますが、メイクの仕方ひとつで、印象が全く変わってくるのですから、楽しいですね。