いつも忙しいとアピールするママ友の心理とは。なぜいつも忙しいと自慢してくるのか

ママ友 人の特徴 友達との付き合い方最終更新日:2018年4月28日

忙しいをアピールするママ友の心理には、いったい何があるのでしょうか。

いつもあわただしくしていて、いかにも「私は多忙なのよ」という風情を周りに見せつけようとしています。

そういうママ友とうまく付き合っていくためには、彼女の本当の心を知る必要があります。

1.周りの人に何とかして「すごいね」と注目されたい

忙しいをアピールするママ友の心理にあるのは「周りの人に何とかして注目されたい」という思いです。

ママとして家事や育児に頑張っている自分のことを、周囲の人間にも認めてもらいたいのです。

ママ友が「忙しい、忙しい」と口にした時、周囲の人間はお世辞であっても「大変ね」とか「よく頑張っているわね」という風に声をかけるはずです。

そういう風に言ってもらいたくて、そのママ友は忙しいという雰囲気を醸し出しているのでしょう。

たまたま周りの人が彼女のその気持ちに気づかずに、その「忙しいアピール」をするーしてしまったりすると、自分が思っていた反応が返ってこなかったことに対して不満を感じたり、不機嫌になってしまったりします。

家事も育児も、なかなか人の注目を集めることはありません。

自己顕示欲の強いタイプのママ友は、そういう時に忙しいをアピールして、何とかして周りから注目されたいと考えているのでしょう。

2.実は頑張り切れていないことがコンプレックスになっている

忙しいをアピールするママ友の心理には、もしかしたらコンプレックスが潜んでいたりすることがあります。

実は普段の自分のやっていることに対して自信が持てずに、心の底では「頑張り切れていない自分」を感じているのかもしれません。

自分なりに精一杯やっていれば、仮に周りに認められなくても「私は頑張っている」と自負することができるでしょう。

しかし、どこかで手を抜いていたり、適当にこなしていたりすると、それが罪悪感となってしまい、人の目が気になってしまいます。

周りが何も言っていないのに「あ~、今日も家のことで本当に忙しかった」とか「今週も予定がいっぱいで、やることが沢山ある」と口にしてくるのは、どこかで怠けている自分を感じているからです。

それをごまかそうとして、必死に忙しさをアピールしているのでしょう。

そういう心のコンプレックスは、そのママ友本人しか分かりませんので、周りの人はきょとんとしてしまうことでしょう。

しかし、ママ友自身は何とかしてコンプレックスを解消しようとして、実は必死になっているのです。

3.実は「私はあなたよりも優れているのよ」とアピールしたい

ママ友が忙しいをアピールしてくるのは「私はあなたよりも優れているのよ」と言いたい心理があったりします。

「私はあなたよりもずっと忙しく、充実した毎日を送っているの」というメッセージを言葉の裏に潜ませているのです。

ママ友同士の付き合いは、時としてしんどいこともあります。

狭い人間関係の中で、中には「あなたよりも私の方がすごい」ということをアピールしたがるママ友もいるからです。

仕事をしていたりすると、仕事でしっかりと評価してもらうことができます。

そうすれば、その人が優秀かどうかということは「仕事の成果」ではっきりと示すことができるでしょう。

ただ、ママ友の生活というのは、そういうことはあまり多くありません。

子供を通しての付き合いなので、特別に自分の成果を披露する場もないはずです。

そういう時、負けず嫌いのママ友がいたりすると、何かと「忙しい」と言ってきて、優秀ぶってくることがあります。

忙しいをアピールするママ友の心理には、厄介なものが含まれていたりします。

また忙しさをアピールしてきたと思ったら、さりげなく話題を変えるなりして、彼女の「忙しい」をかわしてしまいましょう。

4.何かの用事や役員を押し付けられるのを警戒している

忙しいをアピールするママ友の心理には、警戒心を抱えていることがあります。

何かの用事や学校の役員を押し付けられるのを心配していて、それで「わたしはできません」ということを言外に述べているのでしょう。

話の端々に「本当に忙しくって」という言葉を伝えてくるママ友は、自分には時間がないということを言いたいのです。

普段からそう言っていれば、もし何かを頼まれた時も「私には無理」と言いやすいからです。

子育てをしていく時には、周囲の人の協力が欠かせません。

そして自分自身も周りの人の子育てをヘルプすることもあるはずです。

そうやって、持ちつ持たれつの体制を築くことが、ベストな子育てをするための一歩となるでしょう。

しかし、中にはどうしても周りに何かを頼まれたくないそういうママ友もいます。

自分のことは自分でやるべきと思っていて、ちょっとのことでも用事を頼まれたりするのが嫌です。

だから、最初から防御のために「忙しい」を一生懸命アピールしてしまいます。

ママ友がいつも「忙しい」と言ってきたら、そのママ友には何かを頼むのはやめておきましょう。

良い顔をされないだけでなく、もしかしたら何かトラブルに発展してしまうかもしれないからです。

忙しいとアピールするママ友の心理を知ろう

忙しいとアピールするママ友というのは、何か言いたいことがあるから、そういう言葉が出てくるのでしょう。

そういう時には、ほどほどに「大変そうね」と相槌を打ってあげるのが良いですね。

そうすることで、ママ友の気持ちを落ち着けることができて、きっとスムーズな人間関係を築くことができるでしょう。

 

    「いつも忙しいとアピールするママ友の心理とは。なぜいつも忙しいと自慢してくるのか」への感想コメント一覧

  1. 1. リコリス2018/06/04(月) 18:01

    忙しいアピールをしてくるママ友は確かにいますが、色んな心理があったんですね。あんまり気にせずに適当に受け流すようにしようと思います。

  2. 2. うさママ2018/06/05(火) 16:12

    忙しい、忙しいという人は、自分に自信が持てなくて、他人に誉めてもらいたい、認めてもらいたいと思っているんですね。他人には言いませんが、家族には思わず言ってしまうことが自分にもあります。ですので、その心理が分かる気がします。
    でも、周りに不快な気持ちを与えてしまうこともあるだろうし、皆何かを抱えて生きています。自分だけではないと思えば、そのような言葉を言わなくてもいいですよね。お互い思いやりを持って接することが大切たと思いました。

この記事への感想を書く