図々しいママ友への対策法。振り回されないようにしよう

最終更新日:2016年1月23日

子供が大きくなって、幼稚園や保育園、そして学校に通いだすと、何人ものママ友と知り合いになったりしますよね。

そんな人たちの中には、実はけっこう図々しいママ友もいたりして、どう付き合っていけばいいか、頭を悩ませてしまったりすることもあります。

そこで今回は図々しいママ友への対処法をご紹介します。

1.断る時ははっきりと断る

子供を通して知り合ったママ友とは、できるだけよい関係でいたいと思ってしまいます。

幼稚園や学校で何かと接点はありますし、もし関係が悪くなって、それが子供同士の交友関係に響いたりしたら・・・なんて思うと、つい相手に対してはっきりと言うということがためらわれたりします。

しかし何かと図々しいママ友は、あいまいな返答をしているようでは、こちらの気持ちにはまったく気が付いてくれなかったりするのです。

また、気が付いていても、自分にとって都合のよい方を優先してしまうので、結果的には迷惑をこうむることもあるでしょう。

そして、そうやって何度も押し切られているような場合は、向こうもこちらのことを「無理やり頼めば何とかなる人」なんて認識していたりするのです。

ママ友から図々しいお願いをされた時は、感じよく、しかしはっきりと断るようにしましょう。

例えば「子供を預かってくれない?」なんて言われて子供を預けられて託児所替わりにされて閉口していたら、次ははっきりと「ごめんね、でももううちで預かるのは無理なんだよね」と言いましょう。

今日はダメ、なんてあいまいな言い方だと、じゃあ次は大丈夫なのかと相手も心の中で期待してしまいます。

もちろん相手は「困っているのよ~」なんて言ってくるでしょう。

しかし「こちらもいろいろあるし、責任も生じるから無理なの」といって、はっきりとこちらの意思を伝えましょう。

それでもしばらくは頼んでくることがあるかもしれませんが、こちらが全く応じなければ、次第にあきらめるでしょう。

そして別の、うまく使える人を見つけるはずです。

「この人のお願いは図々しいな」と思ったら、こちらはそれに応じないという姿勢を貫くことが、そういうママ友を撃退する対処法です。

はっきりと断るということが、一番のポイントとなります。


2.顔を合わす機会を減らすようにする

図々しママ友とのお付き合いは、どうしてもくたびれてしまいます。

そういうママ友とは顔を合わせる機会を減らして、接点を持たないようにするのも効果的な対処法です。

例えば保育園に子供を送っていくときやお迎えのときなど、同じ時間で顔を合わせれば、どうしたって挨拶しますし世間話の一つや二つもしますよね。

それをきっかけに図々しいお願いをされたりすることもあるでしょう。

そういう場合は、あえて時間をずらしたりして、顔を合わせる機会自体を減らしてしまうのです。

お迎えの時間がずれれば、それこそしばらく話す機会もなくなるはずです。

また、保護者会に出たときなども、あえて隣には座らないようにして、さりげなく距離をとるようにしましょう。

感じよく挨拶をすることは大切ですが、明るく「こんにちは、お久しぶりです」と声をかけた後は、さっと離れた席に座るようにするのです。

そうして話す機会を作らないようにして、何かを頼まれたりするきっかけを作らないようにしましょう。

どうしても連絡網で相手と話さなければいけないような場合でも、たまには夫に電話をかけてもらうようにして、接点を持たないようにするのです。

ついでに連絡網を回すという簡単なことではありますが、夫の育児参加を促すことにもつながるので、一石二鳥といえるでしょう。

図々しいママ友は、そのことを注意しても分かってもらえなかったり、場合によっては逆切れされてしまったりするかもしれません。

今後の付き合いもあるので、できるだけ顔を合わす機会を減らして、さりげなく関係をフェードアウトするのも大切な対処方法といえるでしょう。


3.あえてスルーする

図々しいママ友の対処法は、できるだけ顔を合わさないで、万が一何かお願いしたらはっきり断るのがベストです。

しかし、場合によってははっきりと言いにくい相手だったり、どうしてもお付き合いをしなければいけない・・・そんな場合もあるでしょう。

そんなときは、あえて図々しいまま友をスルーしてしまうのも良い対処法となります。

ママ友が、図々しいお願いをしてきたら、あえてそのお願いをまともに聞かないようにしましょう。

例えば「今度車で送り迎えをしてくれない?」なんて言われたら「あ~、うちは私の運転が下手だから夫から「よそ様を乗せるの禁止令」が出ているのよ~」なんて冗談を交えてお断りしましょう。

「送ってあげたいけれど、給料日前だからガソリン入れられないのよね、いつか宝くじが当たったら、専属車を用意するから待っていてね」なんて、本気かどうか分からない言い方も、相手をけむに巻いてしまうのでオススメです。

他にも、長電話をしてきて困るようなママ友には、わざと別の電話で話中の電話にかけて「あー、ごめんなさい、キャッチが入ったから」といって切ってしまいましょう。

明るく感じよく対処すれば、相手は「?」と思いながらも、引き下がるしかないでしょう。

図々しいママ友とのおつきあいは疲れますが、上手に相手の要望をスルーして、いいように使われたりしないようにしましょう。

そうすることで、そのママ友に振り回されることがなくなります。

図々しいママ友に振り回されないようにしよう

図々しいママ友への対処法を3つご紹介しました。

そういう図々しいタイプのママ友に対しては、ともかく相手のペースにのまれないようにするのが大切です。

いくらママ友がぐいぐい押してきても、上手に交わしたり疎遠になるようにして、振り回されないようにするのがポイントなのだといえるでしょう。

ママ友との付き合いはいろいろ大変ですが、少しでも負担を軽くして、楽しいおつきあいができたら良いですね。