彼から「一緒にいると疲れる」と言われる女性の特徴

最終更新日:2016年2月21日

「一緒にいると疲れる」なんてこと言われた経験はありませんか?

付き合っている中で、あなたのちょっとした行動や発言が彼を追い詰めてることになってるかもしれません。

そんなことを言われてしまった時は、一度自分の日頃の言動をチェックしてみるといいでしょう。

1.干渉が多く、束縛している

常に彼の行動が気になって、メールや電話を頻繁にしてしまい、彼の行動を制限かけてしまっているタイプです。

彼が何時にどこに行ってるか、誰といるのかと気になってしまい、また連絡がつかない時は頻繁に電話をかけてしまってはいませんか?

あなたと同様、彼にもプライベートな時間が必要です。

あまりの干渉に自分の行動を監視されてる気分になり、彼は疲れてしまいます。

極端な束縛や干渉は避けるべきでしょう。

付き合っていく上では、お互いの時間を尊重することも思いやりと言えます。


2.何かにつけてヒステリックになる

どのカップルにも喧嘩はあるもの。

しかし、些細なことから彼女がヒステリックになられてしまっては、彼も言いたいことを言えずにため込んでしまうでしょう。

またヒステリックを起こすのではと気にして余計な発言を避け、何か不満や問題があっても、こういう女性には打ち明けにくいものです。

喧嘩をしてしまって、冷静でいることはとても難しいですが、せめてヒステリックに泣きわめいたり感情をあらわにしすぎることは避けるべきです。

一度、距離をおいてお互いに考えることも大切かもしれません。

3.常に彼と一緒を望む

好きな人と常に一緒にいたいという感情はごく普通の感情です。

しかし、毎日会うこと、毎日一緒にいることを望み、それを強要してはいませんか?

きっと彼も初めのうちは嬉しく感じることでしょうが、彼は自分の時間を作れずに、友人とも会えないなんて日々が続くと、付き合っていくことに徐々に不安が募ってきます。

毎日一緒にいることで、お互いを早く知るというメリットもありますが、逆に知り尽くしてしまったと飽きられてしまう可能性もあります。

男性は常に追いかけたいという願望を持っている人が多いです。

そのためには、一定の距離を保つことも重要です。

そして久しぶりに会えた時の喜びを感じるためにも、毎日ともに過ごすことは強要しない方がいいでしょう。


4.扱いが雑になってきた

よく、夫婦になって数年後、妻が怖くなったという話を聞きませんか?

長く付き合っていくと、恥じらいも薄れ、どうしてもわがままを言ったり、「ああして、こうして」と指示してしまう言動も見られてきます。

まるで男性が奴隷になったような状態です。

女性からしたら、ごく普通のことと思っていても、安らげるはずだった彼女に対して命令口調で指図されたら、気持ちが滅入ってしまうのは確実です。

仕事でも指図され、ましてや彼女にまで指図される日々に、どんどん彼は疲れていってしまいます。

安らげるはずだった彼女が、居心地悪くなっては、彼は離れていってしまいます。

もう一度、付き合った頃のことを思い出して、お互いを思いやる気持ちを再度確認しましょう。

5.ネガティブな話ばかりする

仕事での人間関係、愚痴、不満を彼に吐いてばかりいませんか?

付き合ってる上で、お互いの相談や愚痴をきくことも多いですが、内容がネガティブなものばかりだった場合、彼はどう思うでしょうか。

また、相談されてると思った彼はそこでアドバイスした時、「でも..」なんて否定的に反応し、耳を傾けないでいることはないでしょうか。

ネガティブな話題は、決して相手にとってはいい気持ちではないもの。

人の悪口や陰口など内容によっては不快にすら感じることもあります。

本当に悩んでいて、彼の意見を聞きたいと素直に思ってる場合は別ですが、ただただ自分のネガティブ話をいつもされていては、彼の気持ちも疲れてしまいます。

楽しい話題や解決した話など、前向きな話もしてあげるといいでしょう。

そしてもしも聞いてくれたなら、感謝の言葉を忘れないように心がけるべきです。


6.自分勝手な言動が多い

知らず知らずのうちに、自分が中心の付き合いになってしまうことがあります。

「今日は買い物に付き合って」「今日は疲れたから行かない」と、自己中心的な言動が目立つようになると、彼は次第に、自分はいったいなんのために付き合ってるのかと不満に思うことでしょう。

また発言だけでなく、予定を常に自分の用事に合わせて、彼に合わせてもらっている状況も、自分勝手な行動と見なされます。

相手の意見は尊重してますか?
相手の予定や気持ちは配慮できていますか?

彼女に振り回されながら付き合っている彼は、合わせることに疲れるでしょう。

たまには相手の予定を聞いたり、どうしたいかという要求を聞いてあげることも必要です。

付き合っていく中で、お互いが平等になるように、時には相手の都合に合わせることも優しさの一つではないでしょうか。

彼氏が何も言ってこないからと、あまりに身勝手な行動や発言は、彼をどんどん追い詰め、しまいに彼女に疲れてしまうことはよくあります。

彼の行動を制限したり、指図したりと、彼の不満は募っていくばかり。

好きだからと我慢してくれていた彼氏は、次第に疲れてしまい、結果別れの原因になることもあります。

一緒にいて疲れる原因にならないようにしよう

ちょっとした思いやりと優しさを常に意識していくことで、お互いに安らげる空間を作ることで、回避できることです。

今一度、自分の言動を冷静に見直してみるといいでしょう。