家事手伝いの女性が結婚に向けてすべきこと

最終更新日:2016年2月21日

様々な事情で、職業欄に、家事手伝いと記入する方もいるでしょう。

家事手伝いと聞くと、マイナスイメージを持たれる事もあります。

そんな女性が、結婚を考えているならしておくと良いことをご紹介します。

1.世の中の出来事に敏感になる

どうしても、家にいることが多くなる家事手伝いですが、今現在、世の中で起きている出来事に関心を持っていないと、話題についていけなくなってしまいます。

ですので、色々な出来事を把握しておくことが大事です。

ネットやテレビで、情報を集めることもできますが、オススメは、新聞です。

新聞ですと、一気に、政治や経済の動向もチェックできますし、芸能ニュースも載っています。

少し難しい表現も使われていたりするので、そういったものをネットで調べてみることも大切です。

もちろん、ひとつの情報源だけに頼ると偏った情報しか得られず、偏見的な方向になってしまうこともあるので、色々な角度からの情報を集めることも忘れないようにしましょう。

そして、その出来事に対して、自分の考えも整理すると、知的に見えますし、話も途切れず会話が楽しく進みます。


2.色々なセミナーや教室に参加する

我が家では当たり前でも、他人からは非常識で恥ずかしい思いをした。

そんな経験は誰でもあるでしょう。

それを解消できるのが、教室やセミナーです。

自分で興味を持ったものに参加してみましょう。

例えば、料理教室では、料理の基本はもちろん、それに使用するものの基本的な使い方や、効率よく使う工夫も学べます。

家に、包丁は1本しかないから、何を切るにもそれを使うのが当たり前だけど、一般常識では、切る材料によって包丁も違う、と言うことを学んだり、家のものと違うレンジや家にないIHを使うこともできます。

もっと言えば、効率よく使ったものを洗う人を見ていたり、料理の時に邪魔にならず、可愛いまとめ髪の方からヘアアレンジを聞くこともできます。

料理だけ、ではなく、色々な視点からみると沢山の事を学べます。

着物の着付け教室では、家に伝わる着付けとの違いもわかりますし、着物に似合うお作法だって学べます。

様々なセミナーや教室のなかで、自分が興味のあるものだけでも参加すると、自分の常識と一般の常識の違いにも気付かされるのでオススメです。

3.家事を完璧にこなす

家事手伝いと言う以上、家事全般はできて当たり前と見なされます。

ですが、洗濯機のまわし方や、炊飯器の使い方が分からないなんて言ってしまったら救いようがありません。

一般的な使い方をマスターし、それを上回る、少しの工夫、おばあちゃんの知恵のような事が出来るととても便利ですし、男性からも喜ばれます。

ワインのシミをキレイに取る技や、科学洗剤を使わずに部屋をキレイにする技。

そんな知恵をちらっと見せる事が出来ると、家庭的で好感が持てます。

ネットで見た、聞いただけでは、ど忘れや失敗もあると思うので自分で実際にやってみることをオススメします。


4.女であることを忘れない

家にいると、自己ケアを怠ってしまうことが多くなります。

ムダ毛の処理や、緩みっぱなしの体のライン。

そんな外見では、料理がどんなにうまくても、清潔感がなく、結婚相手として見られるチャンスを減らしてしまいます。

家で簡単に出来ることもたくさんあるので、ケアをきちんとしましょう。

逆に、毎週のように美容院やネイルに行くことは、女性間では羨ましいですし、憧れでもありますが、経済的な負担を考える男性にしてみたら牽制されがちです。

美容院やエステに行く間隔を少し延ばしてみたり、ネイルもキラキラのゴテゴテから、清潔感を持てる、短めのフレンチにチェンジしてみるのもいいでしょう。

男性目線を考えることも重要です。

5.仕事をする

例えば、親が働かなくても良いと言っている人や、時間に余裕がある方は、短期のアルバイトや、派遣の仕事をしてみることもオススメします。

短期のアルバイトは、当たり前ですが、他の方も短期で働いている人がほとんどです。

ですので、人間関係に悩んだりすることも少ないですし、自分の余っている時間を有効に使うことが出来ます。

働くことで、お金を稼ぐことの大変さや、楽しさも学ぶこともできます。

そのような経験で、将来結婚をして、旦那さんが稼いでくれたお金のありがたさを感じることができます。

旦那が稼いで当たり前なんて思いながら過ごすのと、感謝しながら接するのとでは、夫婦関係にも差が出てきます。

相手を思いやる気持ち、感謝の言葉を忘れずに結婚生活を送れる様、仕事をしてみることもオススメします。

家事手伝いをしつつ婚活しよう

様々な事情で仕事が出来ない方、自由が好きで家事手伝いと言う方など色々です。

結婚を考えたとき、家で学んだことだけで貫く、と言う事は少し大変かもしれません。

様々な視点や考え方などを楽しみながら習得すると必ず自分の役に立ちますし、パートナーにも喜ばれます。

出会った男性に「家事手伝いって毎日何してるの?」なんて聞かれても、沢山の情報を持っているととても好感度がアップします。

沢山の出会いを、大切に出来るように日々の努力を忘れずに行動し、素敵な結婚生活を送れるような女性を目指してください。