婚活相手の年収は300万円半ばあればOKとしよう。男性の年収許容範囲を知っておこう

最終更新日:2016年1月14日

婚活をする上で1番注視したいのは、お相手の職業や年収。

老後2人で普通に生活しようとしても2千万円はかかると言われている世の中です。

結婚して金銭的に不安にならないようにするにはいくらいくらいの人が理想なのでしょうか。

今回は婚活において相手の年収はどの位あれば許容範囲かについてご紹介します。

1.自分も働き続けたいと考えている場合300万円程度

結婚後も自分も働き続けたいという女性も今の時代増えてきています。

自分が起業している、自分の趣味の仕事をしている、キャリアがあるなど、女性も男性と同じようにバリバリ仕事をこなしている世の中。

そういう場合は、相手の年収が自分と同等、もしくはやや少なくても、将来的には不安になったり問題が起きたりするリスクは少ないでしょう。

ですので、相手に望む年収としては、300万円~400万円程度でも許容範囲ではあるでしょう。


2.結婚後は専業主婦を希望している場合500万円以上

結婚後は仕事もせず、家事や育児に集中したい、専業主婦になりたいというかたの場合は、それなりの年収がある相手でなければいけません。

子供ができるできないでも左右されますが、1ヶ月に2人暮らしでかかる費用は、賃貸暮らしであれば持ち家暮らしより大幅に変わりますし、収入の窓口が1つなわけですから、それで全てを補う事になります。

光熱費や食事代、雑費など2人だとしても普通に暮らしていれば10万円~かかるでしょう。

であれば、最低でも年収は500万円以上となります。

3.そもそもの年収の意味を知っておこう

年収が例えば400万円あったとしても、それは総支給額であり、手元に入っている金額はそんなに入ってはいません。

個人経営者や外交員など職種によって異なりますが、基本的に年収とはその1年間にその人に支払われたとされる総支給額です。

その中に社会保険や年金や所得税など会社で引き落としされているものは含まれていません。

ですので、一概に年収だけ聞いて相手の収支を判断するのはやめましょう。

参考としては、一般社員で年収300万円以下である場合、会社で社会保険料や年金、所得税等を差っ引いた月のお給料はおおよそ15万円~16万円。

ボーナス年2回20万円程度を含みますが、そのようなイメージです。

ですので、年収で300万円となると2人で暮らしていくにはギリギリか足りないくらいかもしれません。

しかし、勤め始めてまもない時期、新入社員だったりすると300万円以下というのは一般的な会社では普通のラインです。

そして長い年数を得て毎年の昇給とともに年収が少しずつ上がっていきます。

会社によっては、毎年の昇給も見込めないところもあります。

となると、年収は据え置きです。

逆に年収がすごく高くても個人事業主である場合などは、この先もそのままの年収でいれるかは気になるところです。

事業内容によっては、今が最盛期でも今後どうなるかわからない可能性もあり、立場的には不安定な時も有ります。

そういった事も頭に入れておくと良いでしょう。


4.年収が高額であれば良いわけではない

年収がある程度あって余裕がある、高額であるといった人の場合、気をつけなければいけないのが、今後の展開です。

安定した職であれば問題ありませんが、年収が高い=安定した職業というわけではないからです。

また、年収が高ければたかいほど、その翌年にくる税金の徴収額は跳ね上がります。

前年度分を支払うかたちですので、ある程度支払いができるよう準備も必要となります。

年収が高ければ毎月の収入も高いといって裕福に暮らせる場合もあれば、そうはいかない場合もあり、いつ何時の為にも貯えていく事は必要となります。

600万円~年収があるという人は、裕福に暮らしていける年収であり、もちろん許容範囲にガッチリ当てはまりますが、ボーナス時期が凄く高額で月の給料は月並みというケースもあったり、色々気を付けるべき点も多いでしょう。

5.安定した年収の人とは

許容範囲の年収で普通に安定した暮らしが望みであれば、欲を出さず400万円程度の人が理想です。

300万円半ばを超えていれば普通に生活することができます。

年収と同時に注視したい点は3つです。

職業と月の給料&ボーナスと会社の待遇。

社会保険で年金もあり、ボーナスも年に2度あり、昇給も毎年ありであれば安定はしているでしょう。

それプラス職業内容も大切です。

公務員であれば間違いないですが、教員の場合だと月々の給料面などは少し低めになるので、職業的には安定ですが贅沢はできません。

銀行員や警察官も良いですが出会う中ではサラリーマンが圧倒的に多いかと思いますので、会社として株式である・従業員数が多い・起業してからの年数が長いなどであればそれも安定した職です。

300万円半ばあればとりあえず許容範囲

婚活において年収は高ければもちろん良いですが、色々考えるべき点はあります。

年収だけでは決めかねるという事も頭に置いて、300万円半ば~400万円以上であれば許容範囲と言えますし、あとは自分が働くか働かないかでプラスマイナスして考えていうと良いでしょう。

子供1人育て上げるにも何千万という費用がかかり、のちに老後にも2人で数千万かかります。

そういった将来的に貯蓄はできる余裕がなければ不安定になりますので、年収の額だけでなく、年収を含めた月額給料やボーナスの内訳も気にしてみると尚良いでしょう。