髪を切るか伸ばすか決める方法。髪の長さを迷う時に決断しよう

最終更新日:2015年10月6日

昔から髪は女の命と呼ばれるほど女性にとって髪は大切なものです。

多種多様な髪型があり、女性は髪を伸ばすべきか切るべきか迷ってしまうことがありますよね。

今回はそんな迷われた時、どういう決断をするべきかについての指針についてご紹介します。

1.現実と自分の好みは別

雑誌に載っている女性の髪型が素敵だと思った事はありませんか。

憧れた髪型を自分もしてみたいと思い、美容師の方にして貰った結果自分の理想とはかけ離れたものになった経験をされたことがあるかもしれません。

何故そうなってしまったのかその理由は、自分の好みと似合う髪形は同一ではないからです。

人によって顔立ちは当然違います。

顔立ちが違えば当然その人に似合う髪形もまた変わって来るのです。

なので、もし憧れの髪型にしたいからといって早計に髪を切ることや伸ばすという決断は止めておいた方がよいでしょう。

まずは自分にとってどういった髪型が似合うのかという点を考えてから決断する必要があります。

理想と現実は違うという事をきちんと認識しましょう。

自分にとってどんな髪型が似合うか分からないのなら、身近な人や美容師さんに聞いてみるのも一つの手です。


2.短い髪・長い髪の長所と短所を把握しておく

短い髪にも長い髪にも長所と短所はそれぞれあります。

短い髪の長所は髪が軽くなる結果、首にかかる負担が減る・ヘアスタイルにかかる時間が少なく済む・夏だと涼やか・髪を洗う時間の短縮・髪が直ぐに乾く・髪が痛みにくいという点です。

逆に短所は冬だと寒い・夏でも襟足がないと首元が陽に焼けてしまう・髪型がいつも同じ・髪を定期的に切らないといけない・髪がハネ易いという点です。

しかし幾つかの短所に関しては改善する余地はあります。

夏の短所に関しては日傘を用いることで陽に焼けることを回避出来ますし、また冬の場合はマフラーをするなどして防寒対策が出来ます。

定期的に髪を切ることも軽いパーマをかけることにより改善が可能です。

長い髪の長所は、自分のアレンジ次第で好きな髪形にすることが出来る・冬などの突発的な寒い日は髪を下ろすと暖かい・髪を定期的に切らなくても良い・髪長効果で顔の輪郭が細く見える・髪がハネ難いという点です。

短所は夏だと熱がこもり易い・髪を洗う、乾かす時間がかかる・髪が痛み易いのでケアしないといけないという点です。

こちらの夏の短所も髪型次第で涼しく過ごす事が出来ます。

これらの長所・短所をしっかり把握しておき自分の性格に合った髪型にしておくことも髪を切る・伸ばす決断をする大切な要素となります。


3.髪型のお試し期間を設ける

どうしてもどちらかを選べないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は暫く髪を伸ばしておくという選択をしてお試し期間を設けておくと良いでしょう。

長い髪の期間を設け自分に合うと思ったならそのまま伸ばしおき、合わないと思ったなら髪を切ると良いでしょう。

実際に体験することで長い髪の長所・短所を実感できるからです。

ただこちらの場合、比較的時間に余裕がある方のみにしか出来ない事です。

時間が取れない人にとっては美容室を定期的に利用できないという事情があるでしょう。

そういった方の場合はある物を使用することによりお試し期間を設けることが可能です。

次の項目で詳しく説明させて頂きます。


4.カツラを有効活用しよう

時間に余裕がない方にとっては髪を切る時間もないという事情があります。

そういった時は一旦髪を切って短くしておきカツラを使用すると良いでしょう。

カツラというと古臭く抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、実は最近のカツラは若者にも人気が高いのです。

何故かというと特別な長い髪のヘアアレンジ費用を削減可能・洗って何度でも使用できるというがカツラがあるからです。

洗うのもそんなに手間がかからず、しかも幾つかのカツラを持つと好きな時に好きな髪型で自分を変身させることも可能です。

しかも特別なヘアアレンジの場合費用面をみるとカツラの方が安い場合があります。

カツラを利用することにより長い髪の自分の姿を作る出すことが可能なので、短い髪の短所全てを埋め合わせることも可能です。

金銭的余裕があり、かつ普段は短い髪でいたいと思われる方はカツラを利用されると良いかもしれません。

ただ、注意点として一度切った髪を元通りの長さにするのには時間がかかる事、またカツラの中に自分好みの髪型が無い事を念頭に置いてから決断して下さい。

髪を切るか伸ばすかを決めよう

髪を切るか・伸ばすかを決断する方法をご紹介しました。

男性の中には女性の魅力を感じる要素に髪を見ている人もいるそうなのでその懸念も当然の事です。

しかし、どちらの選択をするにしても最後に決断するのはあなた自身であることを忘れないで下さい。

どちらの選択をするにしても、あなた自身が後悔しないという事と、あなた自身が納得してから決断することが他の何よりも重要なことだというのを忘れないで下さい。