悲しい気持ちを表す花言葉。失恋や別れの気持ちを花言葉で示そう

最終更新日:2016年7月21日

花を購入したり、誰かにあげたりするときに気になるのは花言葉ですよね。

花言葉には悲しい気持ちを表すものもあります。

そのためプレゼントで花を選ぶときには、そのような花は避けたいですよね。

悲しい気持ちを表す花言葉を見ていきましょう。

1.黄色い菊「破れた恋」

菊はいろいろな種類がありますが、全般的に「高潔」という素敵な花言葉を持つ花です。

秋に咲く花で、その美しさに魅了される人も多いでしょう。

けれど菊の花は色によって花言葉が変わります。

そして黄色い菊は「破れた恋」という花言葉を持っているのです。

黄色い菊を使って生け花をしたり、プレゼントに贈ったりしたいときには注意が必要ですね。

日本だけでなく、西洋でも黄色い菊は「軽んじられた恋」という悲しい気持ちを表す花言葉となっています。

また菊はお葬式の際に使われる花でもあるため、誕生日や退院祝いなどに送るのには向いていません。


2.アネモネ「恋の苦しみ」

アネモネと聞いて、どんな花だったか思い出せない人も多いかもしれませんが。

赤紫ピンク白などカラフルな色のアネモネはよく花屋さんにも置いてあります。

アネモネの花言葉は「恋の苦しみ」や「はかない恋」など悲しい気持ちを表すものなので、カラフルでキレイでもプレゼントにするときは注意が必要です。

ギリシア語で「風」を意味するアネモネの花は、風のように揺れるはかない気持ちを表しています。

ただ大き目で華やかな花なので、部屋に飾るとその場がパッと明るくなります。

悲しい気持ちを表す花言葉があっても、アネモネの咲く春には一度は部屋に飾りたくなる花ですね。

3.紫のヒヤシンス「悲しみ」

ヒヤシンスといえば紫色は代表的ですよね。

ほかにもピンクやブルーなどがありますが、紫のヒヤシンスの持つ花言葉は「悲しみ」です。

また赤いヒヤシンスには「嫉妬」の花言葉があるので注意が必要です。

3~4月にかけて花が咲くように、ヒヤシンスの球根を購入する人も多いでしょう。

簡単に育てられるのもヒヤシンスの良さですよね。

けれど、球根をプレゼントするときには、悲しい気持ちを表す花言葉は避け、ポジティブな意味を持つピンクや黄色などの色を選ぶと、喜ばれるはずです。

もちろん家でヒヤシンスを育てたり、飾ったりするときには、鮮やかな紫色もとても素敵です。


4.紫陽花「浮気」

梅雨の時期に咲く紫陽花の花はとてもキレイで、好きな人も多いでしょう。

町中にも紫陽花の花が咲き乱れ、花屋さんでもついつい目を止めてしまいますよね。

ただ紫陽花には「浮気」という花言葉があります。

紫陽花は、咲いているうちに色が変わってきたり、土の成分によって色が変わったりする花であるため、その特徴から「移り気」などの悲しい気持ちを表す花言葉が付いたのです。

もちろん中には花言葉には関係なく、結婚式の飾りに紫陽花を使ったり、母の日に紫陽花をお母さんにプレゼントしたりする人もいます。

けれど中には花言葉の意味を知っていて、気にする人も多いことを念頭に置いておきましょう。

5.たんぽぽ「別離」

たんぽぽは公園や町中でもよく咲いているのを見られる可愛いらしい黄色い花です。

咲く時期も長く、身近に目にする花の一つです。

しかしその花言葉は「別離」という悲しいものです。

たんぽぽは黄色い花が白い綿毛へと変わり、最後は風に飛ばされて消えてしまうことから「別離」という花言葉を持つようになったのです。

確かに綿毛が散ったたんぽぽはどこか悲しい印象がありますよね。

たんぽぽをプレゼントにする人はあまりいないかもしれませんが、たんぽぽの絵がプリントされたカードや、刺しゅうなどは、別れの場以外で送るのは、やめておくと良いかもしれません。


6.黄色いカーネーション「軽蔑」

カーネーションは母の日にお母さんに送る代表的な花です。

ただいつも花屋さんに売っているのは、赤やピンクと限られています。

中には黄色いカーネーションを見つけ、珍しいから贈りたい、と思う人もいるかもしれません。

けれど黄色いカーネーションには、悲しい気持ちを表す花言葉「軽蔑」という意味があります。

他にも「嫉妬」や「愛情の揺らぎ」など複数のネガティブな花言葉を持つのが黄色いカーネーションです。

花言葉の意味を知らずに母の日に送ってしまうと、お母さんは悲しい気持ちになる可能性もあるので、無難な赤やピンクが母の日にはやはり向いているかもしれません。

ただ黄色いカーネーションはとてもキレイなので、黄色が好きな人は、とても喜んでくれるはずです。

渡す相手が気にしないようであれば、送っても問題ないでしょう。

花言葉で悲しい気持ちを表そう

悲しい気持ちを表す花言葉は、恋の苦しみや浮気など恋愛にまつわるものも多く、結婚のお祝いや好きな人に渡す花には特に注意が必要ですね。

また黄色い花が悲しい気持ちを表す花言葉を持っていることも多いのもポイントです。

花言葉の意味をしっかり知っていて、素敵な花を用意できるのが大人の素敵な女性の証ですね。