彼氏の事が大好きだと感じる瞬間5つ。彼が大好きと再認識しよう

最終更新日:2015年10月25日

お互いの事が好きでスタートするカップルという関係。

できることなららいつまでも付き合いたてのドキドキを忘れたくないものですが、お付き合いが何年も続くと、少しずつ相手の大切さや異性としての意識を失いがちになってしまうものです。

そんな時は、彼のここが好き。

という部分をもう一度思い出してみましょう。

そこで今回は彼のことが大好きだと感じる瞬間をご紹介します。

1.言葉で好意を伝えてくれたとき

彼に対し、なぜ声に出して好きと言ってくれないのかと頭を悩ませる女性はとても多いですが、男性は本能的に好意を言葉と言う手段で伝える事が難しく、それを嫌う習性があります。

それなのに記念日などに言葉や手紙で「好き」と伝えてくれるのはとても嬉しいことですね。

女性は恋愛において、目に見えない感情をとても大切にします。

普段は格好良かったり、頼りがいのある彼が「好き」なんて言ってくれたら愛おしくなってしまいますよね。

普段なかなか言ってくれない彼ならなおさらキュンとしてしまいます。


2.手料理をおいしいと言って食べてくれるとき

これは母性本能なのでしょうか、彼が自分の作った料理をもくもくと食べてくれる姿は、なんだか見ていてとても幸せな気持ちになりますよね。

自分の手料理が彼の明日の元気の源になると思うと、本当に嬉しいものです。

また、男性のガツガツご飯を食べる姿が好きという女性も多いのではないでしょうか。

それに加え、彼がおいしいと言ってくれたときには、その喜びがあなた自身の大きな活力にもなります。

同棲しているカップルなら、他の家事にさえやる気が出ることもありますし、同棲はまだというカップルでも、次に彼に手料理を振舞う機会が楽しみになりますね。


3.デート中の気配り

二人で仕事以外の時間を作って出かけるデートは、一回一回がとても大切な癒しの時間です。

彼がデート中、車道側を歩いてくれたり、重い荷物を持ってくれたりとエスコートしてくれると特別感を感じ、大切にされていると思うと日々の疲れもどこかに飛んで行ってしまいそうですね。

このような彼の気配りは些細なことかもしれませんが、些細なことだからこそ、愛が深くなければ出来ないことでしょう。

ケンカや少しの気持ちのすれ違いがあってもも、このような彼の行動一つで関係が改善されることも多々あります。

あなたの好きな場所や喜びそうなシチュエーションなどを事前に考えてくれているというデートも、離れている時間も自分のことを考えてくれているんだと知ることができて嬉しいですね。


4.自分に触れてくれるとき

デート中に彼から手をつないできてくれたり、二人きりの時に抱きしめてくれたりキスしてくれたりすると、彼には自分が必要なんだと思えたり、大切にされていると実感したり、または何を考えずにも嬉しいですよね。

些細なボディタッチでも、女性から行動することに抵抗がある方も多い事でしょう。

そんなあなたの気持ちを汲み取ってくれる彼には、さらに好きという気持ちがアップしますね。

お付き合いが長くなり、あまり触れ合うというコミュニケーションが少なくなってきても、たまにやってくる彼と触れ合えるチャンスにはドキドキし、それはそれで長いお付き合いでないと感じられない喜びなのではないでしょうか。


5.悩みを聞いてくれるとき

会社関係や友人関係、家族関係の悩み、または金銭関係の悩みなど、これからパートナーになるかもしれない彼には、一番頼れる存在になってもらう必要があるかもしれません。

楽しい話などのポジティブなことだけでなく、あなたの辛さや悩みに寄り添い、分かち合ったり解決に導き、目に見えない自分の心の内に光を灯そうとしてくれる彼の心の温かさには、頑張る勇気や癒しを与えられますね。

プレゼントをもらったり、好きだと言ってもらえたりすることももちろん嬉しく有難いことですが、悩みを聞き、それを解決しようと励むことはその何倍もの体力や時間、思考力を有するでしょう。

そんなことにも率先して手を差し伸べてくれるとますます彼を好きになりますね。

彼のことが大好きな瞬間を意識しよう

過去のキュンキュンした思い出や彼が与えてくれる日々の些細な優しさに触れ、こちらが再び彼を大切にするとなぜか不思議と彼の方も付き合いたての頃のような接し方をしてくるようになるなんてことも多々あります。

いつまでも大好きという気持ちを忘れず、楽しい関係でいられる為には、お互いの努力や思いやりが必要なのですね。

思い思われる素敵な恋愛をするためにも、これからも時々、いつも以上に彼の行動や言動に注目し、彼の好きなところを見つけてみてはいかがでしょうか。