「一生大切にしたい」と男性が感じる瞬間4つ

最終更新日:2016年1月19日

男性から「この子を大切にしないと」と思われることによって女性にも得られるメリットがあります。

正義感や使命感を持つことで、より女性を大事にする男性が多いもの。

では、男性はどんな瞬間に「この子を一生大切にしないと」と思うのでしょうか。

1.自分の為に必死になってくれた瞬間

男性が自分から協力してほしいと頼んだ訳でもないのに、自ら犠牲になりながらも自分のために必死になってくれている瞬間を目にすると、男性はとても心に響きます。

仮に男性と付き合っていない状況で、自分の為に必死になってくれているとしたなら尚更です。

女性にとって利益になる訳でもなく、ただ単に自分の為に必死になってくれる姿には心打たれるものであり、自分の気持ちに気付く瞬間でもあります。

男性は鈍感でなかなかこうした女性の努力に気付ける人がいない中、見ている人はきちんと見ているのでしょう。

損得で動くのではなく、自分の為だけに行動に移してくれている瞬間に「この子を大切にしないと」という使命感に駆られるのです。

男性が困っている時、助けを必要としている時に気付いたら、率先して力になってあげることを心掛けると、このように男性から思われるかもしれません。


2.表向きは強気なのに陰で泣いている姿を見た瞬間

大人な女性になると、どうしても自分の弱い所を隠そうと、周囲には強気な発言・行動をする人が多いです。

それをそのままの女性の性格と捉えている男性も多いことでしょう。

しかし、その強気な姿勢・性格が作りものだったと気付いた時、男性はふと女性らしさを感じるもの。

陰で泣いている姿を見た時、男性の中では「守ってあげなければ」という思いと同時に「この子を大切にしないと」という気持ちを持つことが多いです。

普段、仕事やプライベートにおいても隙がない女性という印象を持っていただけに、思わぬギャップを見た瞬間、男性は大切にしなければという思いが湧くのです。

中には「どうして今まで気付いてあげられなかったんだろう」という思いを抱く男性もいるほど、そのギャップに驚きを隠せないのでしょう。

いつもと違う一面を見た時、強気な人だと思っていた人が実は繊細だと気付いた時「この子を大切にしないと」と感じるのです。


3.自分のそばにはどんな時もいてくれたと気付いた瞬間

いくら鈍感な男性でも、自分が辛い時悩んでいる時に、常に側にいてくれる存在の大きさに気付くものです。

こういう辛い時にはいつもこの女性がいてくれるなと感じた時、その女性の存在の価値に気付くことでしょう。

男性の支えになってくれて、男性の事を黙って見守ってくれる母親のような温かい存在で、その辛い気持ちも飛んでしまうもの。

自分に起こる環境の変化、気分の変化に関わらず、どんな時も支えになってくれている女性の価値は大きいもの。

それに気付いた瞬間「今度は自分がこの子を大切にしないと」という気持ちになります。

男性は多少気付くまでに時間はかかるものの、気付いた時の思いははるかに大きいもの。

特に情の深い男性にとっては、大切にしなければという使命感を強く感じることでしょう。

自分にしてくれていることの偉大さに、感謝をする男性も多いことでしょう。


4.他の女性と比べて特別な存在であることに気付いた瞬間

今まで一緒に遊んだり、他愛もない会話をすることが当たり前だった女性が、急に愛おしく感じる時というのもあるものです。

それは、他の女性にはないものを持っている場合に多いです。

他の女性よりも温厚であったり、優しさを持っていたり、恋愛観に自分と似たような感覚を持っていたりと、他と比較しないと気付きにくい部分があります。

こうした比較によって、この女性は自分にとって欠かせない存在であると気付けた瞬間「この子を大切にしないと」という気持ちが徐々に膨らみます。

手放してはいけない存在である、他の男性には取られたくない特別な存在であることに気付いた時、急に恋愛モードになる男性も。

それまでは異性として意識してなかったとしても、他の女性と比べることによってそのすごさに気付けることもあります。

恋愛においては自分と価値観があった人でないと、なかなか上手くいかないもの。

そうした問題も解決出来ることも大きな理由でしょう。

こんなに身近に大切な子がいたんだと、灯台下暗し状態であったことに気付いた男性は、今後女性として大切にしなければという思いを抱きます。

友人関係であった二人が恋愛関係になると、お互いの素の状態を理解しあっていることが多いため、意外とケンカすることもなく長続きするのです。

大切にしたくなる瞬間を知ろう

「この子を大切にしないと」と思う瞬間には、このような些細なことがきっかけになることが多いです。

日頃の女性の姿を見ているからこそ、気付いた瞬間には自分でもびっくりすることでしょう。

正義感、使命感を持たれることで、単なる友人関係という状況ではなくなります。

そこに情、または愛情が膨らむことで、新たな関係が生まれることは必然的なことかもしれません。