彼氏が飲み会へいくのが嫌な時どうすれば良いか

最終更新日:2017年6月22日

彼氏が飲み会にいくと、一緒にいられなくて寂しかったり、浮気が心配だったり、あまり良いと思わない人もいるでしょう。

そのたびにケンカするのも疲れてしまいますよね。

今回は、彼氏が飲み会へいくのが嫌な時の対処法をご紹介します。

1.自分も飲みにいく

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時には、自分の飲み会に参加したり、飲みに行ってしまったりするのも対処法です。

いくら彼氏に行かないでほしい、と頼んだり、嫌な気持ちを表現したりしても、飲み会に行ってしまうこともあるでしょう。

それなら自分も飲みにいけば良いでしょう。

彼氏によっては、あなたの気持ちを理解できるようになったり「彼女がいるのだから飲み会は控えよう」と思ってくれたりする人も出てくるはずです。

また自分も飲み会にいき、彼氏のことを忘れてしまうくらい、同僚や友人と楽しい時間を過ごせば、嫌な気持ちもどこかに行ってしまうはずです。

2.飲み会を断ってもらう

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時には、思い切って彼氏に飲み会を断ってもらいましょう。

例えば、同僚との飲み会であれば「まだ仕事が残っている」「家族との用事がある」などと言ってもらえば、彼氏も飲み会に参加せずに済むかもしれません。

もちろん毎回飲み会を断ってもらうのは難しいかもしれませんが、甘えて、できるだけ丁寧に頼みましょう。

また見え透いた嘘をつかせ、断らせるのは彼氏にとって大変なので、できるだけ彼氏が辛くない断る理由を考えてあげると良いでしょう。

男性は彼女に甘えられたり、お願いされたりすると「じゃあ断って、彼女との時間を過ごそう」と思うはずです。

3.家族や友人に愚痴る

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時の対処法として、彼氏が飲み会に行ったことを家族や友人に愚痴ってしまうのも良いでしょう。

嫌な気分を自分の中に溜め込んでおくと、後になって彼氏とケンカになったり、彼氏のことが好きではなくなってしまったりすることもあります。

そうならないように、彼氏が飲み会にいく時には、周りの人に愚痴らせてもらい、ストレスを発散します。

もちろん家族や友人には愚痴ってしまうことを詫びましょう。

そしてもしもアドバイスをくれたら、しっかりそのアドバイスを聞いて、行動してみることも大切です。

家族や友人から彼氏にあなたが「飲み会に行かないでほしい」ということを伝えてもらうのも一つの方法ですが、第三者を巻き込むことで彼氏に嫌われかねないので注意しましょう。

4.飲み会中に連絡をしてもらう

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時には様々な理由があると思いますが、根本的に彼氏が自分なしでお酒を飲むことが嫌なのでしょう。

そしてそのことによって普段とは違う彼氏の一面が出てしまうのが嫌です。

それなら、飲み会中に彼氏に連絡をしてもらいましょう。

例えば、30分ごとにメールをする、1時間ごとに電話をする、などルールを決め、彼氏が酔っぱらい過ぎていたら注意したり、飲み過ぎていたら、帰宅するように促したりすると良いでしょう。

おせっかいで面倒くさいと思われてしまうかもしれませんが、彼女であるあなたを怒らせないためなら彼氏も連絡をくれるはずです。

5.自分も一緒に連れて行ってもらう

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時には、自分もその飲み会に連れていってもらうのも一つの方法です。

それが友人や同僚との飲み会であれば、この機会にみんなに紹介してもらったり、友達になってしまったりしましょう。

仕事帰りなのですぐには飲み会にいけない場合でも、彼氏と連絡を取り、合流させてもらうのです。

少し強引なやり方ですが、あなたがその場に居れば、彼氏を見張ることもできるし、寂しい気持ちを味わう必要もなくなります。

思い切って「私も行ってもいい?」と彼氏に聞いてみましょう。

案外すんなりとOKしてくれるかもしれません。

6.帰宅時間を決める

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時には、帰宅時間を決めるのも一つの対処法です。

結局、飲み会に行ってしまうことは変わらないですが、終電までには帰る、1次会が終わったら帰る、など彼氏の帰宅時間が決まっていれば、その時間だけ我慢すれば良いので、案外嫌な気持ちも抑えられるものです。

もちろん、次の日に仕事や用事がないと飲み会がダラダラと長くなってしまう可能性もあるので、彼氏が帰宅するまで起きて待っていること、帰宅報告の電話を待っていることなどを彼氏に伝え、ちゃんと帰宅させることも大切です。

束縛が嫌いな彼氏には嫌がられてしまうかもしれませんが、飲み会に行ってほしくない気持ちが伝われば、彼氏も変わってくれるかもしれません。

彼氏が飲み会へいくのが嫌なら状況を変えよう

彼氏が飲み会へいくのが嫌な時には、行かないように止めるのも良いですが、彼氏が飲み会に行っても自分が不快に感じない方法を探るのもオススメです。

自分も飲み会に行ってしまうのも良いでしょう。

彼氏が飲み会にいくことで、ケンカなどせずに、いつも楽しく過ごせるカップルでいたいですね。