彼氏の話がつまらない時の対処法。話以外の方法で楽しく過ごそう

最終更新日:2016年4月12日

彼氏の話が面白くない時は、どのように対処していますか。
つきあっていると、時には、彼氏の話がつまらなく感じることもあるでしょう。
そんな時のうまい対処法を知っていれば、気まずくなったり喧嘩になったりすることもありませんよね。

ただ我慢して彼氏の話を聞き流すことよりも、うまい対処をして、楽しいひとときに変えてみませんか。

そこで今回は、彼氏の話が面白くない時の対処法について、5つご紹介します。

1.映画鑑賞やコンサート・ライブ等に行ってみよう

彼氏の話が面白くないと感じるようなデート日和になってしまったら、デート先を映画鑑賞やコンサート・ライブ等へ行くことに変更しましょう。

映画を見たり、コンサート・ライブ等に熱狂したりするひとときは、お互いに会話する必要がなくなるからです。
彼氏はつまらないと思われてしまう話をする必要がなくなり、彼女もまた、我慢して鬱憤を溜め込む必要がなくなります。

しかし、お互いに一緒にいる時間を過ごし、お互いに同じものを見て気持ちを盛り上げることができるのです。
彼氏の話に対するつまらなさを抱え込むよりも、このようなひとときを過ごすデートも良いのではないでしょうか。


2.相づちを打ちながら新たな話題を振ってみよう

彼氏の話が面白くないと感じるようなデート時間になってしまっても、まずは相づちを振りましょう。
それから、少しずつ別の話題になるように、新たな話題を振ってみませんか。

例えば、上司への愚痴話をし始めた彼氏に対して、まずは「大変だね…大丈夫?」と相づちを打ちます。
つまり、共感の姿勢を見せるのです。

次に、「上司といえば…」と彼女自身の上司について、ちょっとしたネタ話になるようなことを話し始めます。
難しく考える必要はなく、愚痴や不満等以外の話題であれば良いのです。

さりげなく話題を変えるだけでも、彼氏の話でつまらなく感じていた空気を和らげることができます。

3.レストランやカフェに入って休憩しよう

彼氏の話が面白くないと感じるようなデートになっていることに気づいたら、レストランやカフェに入ってみましょう。

美味しい食事やコーヒーブレイクの時間に突入するのです。
彼氏が話をする口を、美味しい料理等に舌鼓を打つひとときにしてみませんか。

これならば、特に喋る必要はありませんよね。
それに、美味しい料理や味わい深い飲み物にスイーツを前にすれば、自然と話の話題が目の前の料理等に移るのではないでしょうか。

そうなれば、面白くないどころか楽しい話ができるひとときになります。
美味しい食事は、それだけでも場の空気を盛り上げてくれる素敵な時間ではないでしょうか。


4.話が苦手という彼氏もいることに気づこう

彼氏の話が面白くないと感じるようなデートがあるからこそ、もしかして彼氏は話をすることが苦手なタイプかもしれないと気づけるチャンスではないでしょうか。
彼女を大切に思うからこそ、苦手でも一生懸命に話をしようとしている可能性もあります。

それならば、話のリード役は彼女が担当してみませんか。
彼氏には聞き役になってもらい、彼女が投げかけた話題に応じる形で話をしてもらうように持っていくのです。

恋人同士だからこそ阿吽の呼吸、彼女が会話をリードすることで彼氏の話を面白く持っていけるかもしれません。

彼氏の中には、話し役よりも聞き役の方がうまくて面白い人もいるのです。
そんな彼氏の良さを理解して、その魅力を引き出してみませんか。

5.恋人として充実期に入ったと理解しよう

彼氏の話が面白くないと感じるようなデートを迎えるようになったのは、恋人同士としての2人が円熟期に入ったからなのかもしれません。

単純な時間の積み重ねではなく、2人の心の距離やお互いの存在がより近く親しさを増して満ちてきたのでしょう。
例えば、新婚の夫婦よりも、長年連れ添った夫婦の方が会話は少ないけれどお互いのことをよく把握していますよね。

これは、恋人同士である彼氏と彼女にも言えることではないでしょうか。

ですから、無理に面白く楽しい話を求めるよりも、さらっと聞き流していれば良いのです。
案外と彼氏も、愛する彼女と一緒にいる時間があまりにも自然なので、面白いとかつまらないとか度外視なのかもしれません。

彼氏の話がつまらなくても楽しく過ごそう

彼氏の話が面白くない時の5つの対処法についてご紹介しましたが、いかがですか。
彼氏の話に関することで不満や退屈を抱え込んでしまうのは、寂しいですよね。
そのために、彼氏への気持ちが冷めたり、喧嘩やしらけた空気でいっぱいになったりするのは残念なことです。

ですから、今回ご紹介したような意識で対処していきましょう。
そうすることによって、2人の時間はもっと密になり、お互いをもっと理解することに繋がるのです。

きっと、2人の絆が一段と深まるひとときに変化していくのに違いありません。