彼氏に不安な気持ちを伝える方法。二人で不安を克服していこう

最終更新日:2016年4月12日

彼氏とラブラブでいても、「この状態がいつまで続くかわからない」と不安になる女性はたくさんいます。

仮にそれがただの取り越し苦労だったとしても、1人で抱え込んでいるという状態は良くありません。

そのため、その不安を彼氏に素直に伝えてみることも大切です。

では、自分の不安をどのように彼氏に伝えたら良いか、具体的な方法をご紹介します。

1.まずは、何に対して不安なのか・自分はどうしたいのかを冷静に整理してみる

気持ちの整理がつかないまま、自分の気持ちを彼氏に伝えても、彼氏がそれを理解してくれないという可能性もあります。

なので、彼氏に打ち明ける前に一旦一呼吸置き、漠然とした不安感がどこから来るのか・そして自分はどうしたいのかをきちんと整理しましょう。

気持ちの整理がつかないまま、自分の不安をただ思いつくままに彼氏にぶつける、という行為は感心できるものではありません。

そのようなことをしてしまうと、彼氏が機嫌を損ねてしまう危険性もあります。

何日かかかってもかまわないので、ゆっくり自分の不安と向き合い、気持ちを整理し、「彼氏にどう伝えるべきか」を冷静になって考えましょう。

彼氏に伝えるのは、その後からでも決して遅くはありません。


2.彼氏に自分の不安を伝える時は、ゆっくり時間を作ってもらい、冷静に話す

自分の不安感を彼氏に伝える時、雑談の延長線上で打ち明ける、ということはしない方が良いでしょう。

雑談の延長で、「そう言えば私、ちょっと不安があるんだけど」というような切り出し方をしても、彼氏側はあまり深刻に受け止めてくれない可能性もあるからです。

自分の不安感がきちんと彼氏に伝わらなければ意味がないので、「彼氏に理解してもらえるシチュエーション」を作ることが大切です。

なので、不安を伝えたい時は、彼氏にアポを取り、ゆっくり時間を作ってもらいましょう。

メールやLINEなどで連絡を取り、「ちょっと相談したいことがあるんだけど、時間を作ってもらってもいい?」とお願いしましょう。

「相談したいこと」という一言で、彼氏側も「これはいつものデートとは違う」と察し、話を聞くための心の準備ができます。


3.不安を打ち明ける時は、彼氏を責める言い方を決してせず、できるだけ冷静に

彼氏に不安を打ち明ける際、1番やってはいけないことは「感情に振り回されて、彼氏を責めるような言い方をしてしまうこと」です。

「どうしても不安で不安で仕方がない」という気持ちは仕方ありません。

しかし、その気持ちをコントロールしきれないと、彼氏もどうして良いかわからなくなってしまします。

なので、できるだけ冷静に伝えるようにすることが大切です。

感情的にならないポイントですが、まず話す前に、ゆっくり深呼吸して気持ちを落ち着かせます。

そして、なるべく早口にならないように、一言一言ゆっくりと話してください。
これで大分気持ちは伝わるはずです。

大切なのは、「自分の気持ちを彼氏に打ち明けて、その解決のためにどうするかを相談する」ということであり、「自分の不安をそのまま彼氏にぶつけて、一時的にすっきりすること」ではありません。


4.「具体的に何が不安なのか」を、腹を割ってきちんと打ち明ける

自分の不安を彼氏に打ち明けるということは、「それを、これからどう改善して行くか」というきっかけ作りです。

なので、ただただ「不安で不安で仕方がないの」と、漠然としたセリフばかり繰り返していても埒があきません。

大切なのは、「何がどう不安なのか」「彼氏にどうしてほしいのか」「自分はどうしたいのか」を、腹を割って打ち明けることです。

その際、「こんなことを不安がってはバカにされるかもしれない」などと思わず、恥を捨てて、きちんと自分の気持ちを伝えることが大切です。

そのまっすぐな姿勢に彼氏の心も、間違いなく動かされます。

恥や見栄を捨てて打ち明けることで、「今まで気づかなかったけれど、こんなに不安がってたのか」「勇気を出して、こんなことまで誠実に打ち明けてくれた」という気持ちになり、彼氏側もまた、「これは誠実に対処しなければ」という気持ちになるのです。


5.彼氏が「こうしようか」と提案してきたら、まずは素直に受け入れてみる

自分の不安を打ち明けたことで彼氏も色々考え、「じゃあ、こうしてみようか」と提案してくることもあるでしょう。

その時は彼氏の気持ちや誠意を汲み、まずは最後まで話を聞いて、素直に受け入れてみましょう。

「私はこうしたいのに」という要望もあるかもしれませんが、恋愛は、どちらか一方のワガママを通すものではありません。

彼氏の考えも受け入れてみて、まずは「2人で不安を乗り越えてみる」ということを優先してみましょう。

それによって結果的に、絆が更に深まることも多いのです。

もちろん、それで解決しなければ、また冷静に話し合って、違う解決方法を2人で見つければ良いのです。

不安な気持ちは彼氏と二人で乗り越えよう

恋愛をしていると、必ずどこかで不安に襲われる時がやってくるものです。
しかし、その時が正に、2人の絆を試される時です。

1人で不安を抱えず、冷静に2人で相談し合って解決しましょう。

大切なことは、「不安を1人で克服すること」ではなく、「不安を2人で乗り越えること」なのです。