彼氏への連絡が負担で面倒くさい時の対処法

最終更新日:2016年4月12日

連絡を取りたくないわけじゃないけれど、なんとなくこちらから連絡するのが面倒くさい…彼氏と付き合っていて、このように思った経験はありませんか?

恋人関係を持続する手段であるお互いの連絡も、時には負担に感じるもの。

では、彼氏への連絡が面倒くさい時にはどのように対処すべきなのでしょうか。

1.携帯電話の電源を切る

彼氏からメールが来たとしても、時には返信するのが億劫になるもの。

しかし、連絡手段として主流となっているLINEは、相手が読んだかどうか分かる既読機能というものがついています。

さすがにメールを読んだにもかかわらず無視されては向こうだって気を悪くするはず、でもやっぱり返すのは面倒くさい。

そのような時は、既読すらつけなければよいのです。

向こうからこちらに送られてきたメールを目にしないように、携帯電話の電源はオフに。

あとは気が済むまでしばらく放置してしまいましょう。

後々、連絡しなかったことは「携帯電話の充電が切れたから」とごまかせばOK。

携帯電話の電源を切っているのだから既読もつかず、充電が切れたというごまかしも通用しますよ。

常にラブラブでいるのも、時には疲れてしまいます。

たまには携帯電話の電源を切り、自由な時間を楽しみましょう。


2.忙しいことを理由に連絡の頻度を少なくする

連絡の回数が減る理由として「面倒くさいから」というだけでは、当然相手は不満に思います。

しかし、そこに「仕事が忙しいから」という理由を持ってくれば大丈夫。

要は、連絡をするのが面倒くさいと正直に伝えなければよいのです。

恋人が連絡をくれない理由に仕事を挙げられると、多くの人が寂しがりながらも理解を示してくれます。

中には「忙しいだろうけど頑張ってね」と応援してくれる人まで。

嘘をついて連絡を少なくするのは若干心が痛むかもしれませんが、この関係を持続するためにはあまり連絡しない期間を設けるのも一種の策略。

あとは連絡が面倒くさいと思わなくなるまで、しばらくの間距離を置きます。

連絡を取らないでいるうちに相手のことが恋しくなり、すぐにまた連絡を取りたいと思うようになるはずです。

また、事前に「仕事が忙しくなるからあまり連絡が取れなくなる」と伝えておいてもOK。

連絡を取らずにいる間に相手の大切さを十分実感したら、いつも通りの連絡頻度に戻してあげて下さいね。


3.連絡を取ることが負担であると正直に伝える

人並みの連絡頻度ならまだしも、独占欲の強い男性は恋人に対して過剰に連絡を取りたがる傾向にあります。

彼からの愛情は嬉しいけれど、対応するのが大変…このように感じるようになってきたら、迷わずにはっきり伝えるべき。

自分からすればこの連絡頻度は多く、負担であると正直に話してしまって下さい。

恋人関係というのは、お互いのペースに合わせて成り立っていくものです。

こちらばかりが我慢していては、近い将来必ず破綻してしまいますよ。

また、正直に伝えることで彼の本心を聞いてみてもよいでしょう。

どんなに中身がなくても短くてもいいから、恋人からの連絡が欲しいと感じているのかもしれません。

連絡が短くてもいいのなら、あまり負担にはならないはず。

彼への連絡が面倒くさいと思うようになったら、相手とよく話し合って連絡頻度の調整をしましょう。


4.連絡不足が別れる原因になると考え直す

彼氏への連絡が面倒くさいと感じるのは、2人は絶対に別れることがないと考えているからではありませんか?

このように、連絡を取り合うことすら面倒に思うようになった場合、恋人の大切さを失っているケースがあります。

付き合い始めた当初は、相手に嫌われないように、別れ話をされないようにと相手を尊重して動いていたはず。

それが年月を重ねるうちに恋人がいることが当たり前になり、連絡を取らなくても彼から振られることはないと勘違いしてしまうのです。

彼女からの連絡不足で破局を迎えてしまったカップルも実際に存在しています。

最初のうちは大丈夫でも、恋人への連絡不足は必ず悪い結果を残しますよ。

彼を悲しませないためにも、ある程度の連絡は必要です。

後々後悔しないように、彼が自分にとっていかに大切であるかを考え直しましょう。


5.別れることも視野に入れる

恋人という関係になれた当初は、お互い連絡を取り合うのが幸せでたまらなかったはず。

それを面倒くさいとまで感じるようになったのなら、もしかしたら彼に対する愛情が残っていないのかもしれません。

彼氏への連絡が面倒に思うようになってきたら、一度自分の気持ちを整理してみるとよいでしょう。

「恋人」という関係に縛られて、したくもない連絡が義務化しているなら時間の無駄。

もし愛情の無い相手とずるずる関係を続けていても、それは自分にとっても相手にとっても幸せとは言えません。

連絡を取ることだけが面倒なのか、それとも彼自体に愛情がなくなったのかをよく考え、必要ならば別れも視野に入れるようにして下さい。

仮に別れ話をすることになった時は一方的に別れを告げずに彼の話もよく聞き、お互いが納得する形をとりましょうね。

連絡が面倒くさい時は上手にかわしていこう

どんなに好きな相手でも、付き合いが長くなると連絡が面倒くさいと思うのはよくあること。

しかし、連絡をあまり取れないがために相手が傷ついている場合があることは理解しましょう。

一緒に住んでいない限り、連絡というものは恋人同士の大切なコミュニケーションです。

対処法とはいえ繰り返すと相手から浮気を疑われてしまいますので、ほどほどに控えて下さい。