彼氏が仕事の飲み会ばかりの対処法。分かっていても嫌な時にどうすれば良いのか

最終更新日:2016年4月12日

彼氏や旦那さんが、連日飲み会続きで嫌な気分をされている女性はたくさんいるのではないでしょうか。

また、その飲み会が「仕事仲間」との場合、行くことを禁止するのもいかがなものか、などと思い、ストレスをため込んでいないでしょうか。

彼氏が仕事の飲み会ばかりで嫌なとき、どのように対処したら良いのかご紹介します。

1.彼の大切な仕事だと割り切る

女性は仕事に対してわりとドライな意見や考えをお持ちの方が多いです。
これに対して男性は、仕事イコール自分の人生のような位置づけなのです。

ですから、仕事で失敗してしまった時、男性の落ち込み方は半端ではないですよね。
その反対に、成功を収めた時は、自分の人生が明るくなったかのようにとらえます。

つまり、「仕事仲間との飲み会」というのも、女性からしてみれば単なる「飲み会」にすぎません。
ですが男性からしてみれば、今後の仕事、サラリーマン人生において、必要不可欠な場なのです。

だって、部署の移動や転勤などがない限りは、その仲間と、その会社で定年を迎えるまでともに頑張って働いていかなければならないからです。
そして、もしかすると、彼女と結婚できるよう仕事を頑張っているかもしれません。

また、安定した生活が送れるよう、仕事を頑張っているのかもしれません。
男性は、先ほども述べたように、仕事=人生ですから、仕事がうまくいっていないときに、彼女との結婚を考えよう、とか次のデートは何しようなどの楽しいことをなかなか考えることができません。

したがって、自分との関係がより良い方向に進んでいくためには仕事が順調でなければならないとプラスに考えてみてはいかがでしょうか。

これは、なかなか難しいのかもしれませんが、こういった割り切りをすることで、きっと彼女も彼氏もともに幸せになれると思いますよ。


2.自分の時間を楽しむ

女性の中には、彼氏とずっと一緒にいたい、彼氏が飲み会に行くことが嫌だ、など独占欲が強く、束縛してしまいがちな方もいます。

でも、社会人の彼氏がいるということは、ある程度大人の付き合い方をしていかなければなりません。
つまり、彼氏と一緒にいる時は、その時間を大切にし、めいっぱい楽しむ。

しかし、それ以外の時間は、それぞれ仕事をしたり、友人と食事をしたり、趣味に費やしたりと、自分の時間を楽しむことを覚えたほうがいいかもしれません。
そして、これを実践することで、ともに成長し、得るものがたくさんあると思います。

彼氏と一緒にいれば、楽しいですし、もっと一緒にいたいと思います。
でも、ずっとそればかりしていては、ありがたみがなくなってしまいます。

相手を大切に思う気持ちや、その楽しい時間を大切にするという感情さえもがなくなります。
そして、いつも二人でいたら、人間としての価値観や物の見方が、非常に狭くなってしまいます。

ですから、多くの人と触れ合ったり、さまざまな場所にでかけていくことで、刺激をもらえます。
この刺激こそが、次への原動力となっていくのです。

きっと彼氏も、あなたと一緒にいれば楽しく、幸せな時間を過ごせることでしょう。

しかし、仕事仲間との飲み会に参加することで、同期や上司から刺激を受けることはたくさんあるはずです。

同期に負けないように自分も頑張ろう。
上司の期待にこたえられるように頑張ろうなどと次へつながる原動力をもらっているはずです。

なので、あなたはあなたなりの時間の使い方を見つけてみてはいかがでしょうか。

3.自分磨きをする

たまにデートをしたときに、自分の彼女を「やっぱりいい女だな」と思わせましょう。

そうすれば、放っておいたら、別の人にとられてしまうかもしれないという危機感を持つでしょう。
それくらいしないと、男性は安心し、釣った魚にえさをやらなくなります。

なので、せめてそれくらいの危機感は持たせてもいいと思います。
あなたが良い女であれば、彼氏はどんなに仕事が忙しかったり、飲み会が多くても、絶対にあなたを手放しません。

むしろ、飲み会の最中に、あなたのことを思い出して、会いたいなと思わせるくらいにしてやりましょう。

なので、自分の時間を大切にし、そこで内面も外見もともに自分磨きをしてみましょう。

彼氏に器の大きいところを見せつけよう

女性にとって、彼氏が飲み会に行くのは、あまり気分が良いものではありません。
でも、女性にとっての飲み会と、男性にとっての飲み会は、少し位置づけが違うものです。

彼氏の仕事がうまくいけば、きっとお二人の関係だって良い方向に進んでいきます。
なので、飲み会も仕事のうちだと割り切って、受け止めてあげた方が良いかもしれません。

そして、そんな器の大きいあなたに、男性は「この人とならやっていける」と感じるはずです。
男性は何よりも、自分の仕事を邪魔してくる女性を嫌います。

彼氏に器の大きいところをみせつけてやりましょう。