彼氏に冷めてきた時の対処法5つ。もう一度気持ちを取り戻してみよう

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2019年8月6日

好きで付き合いはじめた彼氏でも、付き合っているうちにどうしても気持ちが冷めてしまうことありますよね。

別に別れたいと思っているわけではないのに、なんだか気持ちが冷めてしまい、彼の言動にどうしてもついていけないこともあるはずです。

そんな時には一体どうしたらいいのでしょうか。

今回は彼氏に冷めてきてしまった時の対処法について、ご紹介させていただきます。

しばらく距離を置いてみる

彼氏に対してなんとなく冷めてきたなと感じたら、しばらく距離を置いてみることをオススメします。

気持ちが冷めてきたと自覚しているときに、我慢して無理に頻繁に顔を合わせていると、ますます気持ちが冷めてしまうことになりかねません。

もしかしたら顔を合わせすぎていることが原因で、彼氏のことをマンネリに感じて飽きてしまっているのかもしれませんね。

そういう時には、無理をしないでしばらく様子を見るためにも距離をおくということが大切です。

しばらく顔を合わせないでいることで、彼氏に対しての気持ちも変わるかもしれません。

距離を置いた後、久しぶりに会う彼氏に対して、付き合いはじめの頃のような新鮮な気持ちを感じることができるかもしれませんよ。

彼氏に対して気持ちが冷めてきたと感じる時には、彼には仕事が忙しいなど適当な理由を伝えた上で距離をおいて、顔を合わさないようにしてみましょう。

そうすることで、自分自身の彼への気持ちが変わって、二人の関係を持ち直すことにつながるかもしれません。

付き合いだした頃の気持ちを思い出してみる

彼氏に対して冷めてきたと感じたら、二人が付き合いだした頃のことを思い出してみましょう。

二人の出会った頃のこと、そして付き合いだした頃のことを積極的に思い出すようにしてみれば、もしかしたら彼氏に対して冷めかけた気持ちがもう一度、情熱を取り戻せるかもしれません。

彼氏のどういうところにドキドキしたんだっけ、二人で初めてデートしたのは○○だっけなどそういう二人だけの大切な思い出を振り返るうちに、彼氏に対しての優しい気持ちや愛情がもう一度よみがえってくることもあります。

さらに実際に二人でデートした場所へもう一度行ってみるのも良いでしょう。

昔二人でデートした場所へもう一度行ってみれば「前来た時はこうだったよね」「あそこで○○を食べたよね」という懐かしい話題で盛り上がるかもしれませんね。

楽しく会話しているうちに、二人で過ごした時間の長さや、二人で乗り越えた出来事などを実感し、やはり自分には彼氏が必要なんだと心から思えるようになるはずですよ。

彼氏の好きなところ、良いところを書き出してみる

長く付き合っているとつい、相手の悪いところや嫌なところにばかりに目が向きがちです。

そういったマイナス面ばかりに気をとられ、彼への愛情がだんだんと冷めてしまうこともあるでしょう。

そんな場合には、彼の好きなところや良いところを紙に書き出してみましょう。

例えば、優しくて自分のことを大切にしてくれる、顔がタイプなど、内面のことでも外見のことでも構いません。

どうしても思い浮かばないという場合には共通の友人に「彼の良いところ」を聞いてみるのもいいでしょう。

客観的な意見を聞くことで、彼の新たな魅力を知る機会にもなります。

ただ頭の中で考えるだけでなく、紙に書き目で見ることのほうが冷静に彼のことを評価ができるのでオススメす。

きっと彼の素晴らしさを再認識でき、彼への愛情も増していくはずですよ。

いつもと違うイベント性のあるデートをしてみる

彼氏に冷めてきたというのは、いったいどうしてなのでしょうか。

その原因をまずは分析してみましょう。

もしかしたら二人の関係性がマンネリになってきて、新鮮味がなくなってしまっているのかもしれません。

そんな時に効果的な対処法として、イベント性のあるデートをすることをオススメします。

マンネリになってしまって気持ちが冷めているなら、いつもとは一味違う嗜好を凝らした思いっきり楽しいデートをして、もう一度ワクワク感を取り戻すようにしてみるのです。

いつも同じような居酒屋で食事をしたり飲んだりしているなら、たまには素敵なフレンチレストランに行ってみるのもいいですね。

二人でドレスアップをして、素敵なレストランでおいしい食事をしたりワインを飲んだりすれば、いつもとは違う非日常性に刺激されて、彼氏に対する冷めかけた気持ちも変わるかもしれません。

他にもドライブをしてちょっといい温泉旅館に泊まったり、都心の豪華なホテルに泊まってみるのもいいですね。

いつもとは違う特別感が重要です。

長い付き合いになればなるほど、誰だって多少の差はあったとしても、相手に対して残念ながら飽きてしまうということがあります。

それを避けるためには、意識的に楽しいことや刺激的なことを積極的に取り入れるようにして、二人のデートを楽しいものになるよう努力してみましょうね。

彼氏に気持ちが冷めてきていることを伝える

彼氏に対して気持ちが冷めてきた時の対処法として、さりげなくそのことを彼氏に伝えるということも方法のひとつです。

いくらあなたが彼氏に対して愛情を持ち続けたいと強く思っても、彼氏があなたに対してリラックスしすぎていて、素敵な彼氏でいてくれなくなっていたら、気持ちはどんどんと冷めてしまうでしょう。

もしかしたら、彼氏はいつもデートの時に適当な服装で来てはいませんか。

着古した時代遅れのセンスを疑うようなセーターや、不自然に穴があき膝の出たパンツで毎回のように現れたら、それこそ100年の恋も冷めるはずです。

周囲を見渡せばオシャレな男性もたくさんいますし、他の男性の方が素敵に見えてしまうのも無理ありません。

また、他にもあなたの前で遠慮なく大あくびをしたり、おならやゲップまでなんの躊躇もなくするようでは、恋人同士というよりも長年連れ添った中年夫婦みたいになってしまいますよね。

もしも彼氏がそういう態度をとっており、それが当たり前のような雰囲気であるのならば、さりげなく彼氏にその不満を伝えてみましょう。

そしてそんな風では好きな気持ちも冷めてしまうかも、ということを真剣に伝えるのです。

そうすることで、彼氏もあなたの真意を感じとり「このままではまずいのでは」と焦って自分の態度を改めてくれるかもしれないのです。

しかし伝えるときにはあくまでも真剣に悩んでいるのだと冷静に伝え、決して感情的になり怒ってはいけません。

はじめから怒るような態度をこちらがとってしまうと、彼氏も逆ギレしてしまいケンカになってしまう恐れがあるからです。

彼氏に対して気持ちが冷めてきた時は、あくまでも彼氏にさりげなくそのことを伝えて、態度を改善してもらうように促しましょう。

それによって効果的な対処法となります。

冷めてきても、もう一度気持ちを取り戻す努力をしてみよう

彼氏に気持ちが冷めてきた時の対処法についてご紹介しました。

彼氏への気持ちが冷めてきたと自覚しても、別れてしまう前に色々な方法でもう一度彼への気持ちを取り戻すことができます。

別れを考え切り出す前に、紹介した彼氏に冷めてきた時の対処法をうまく使ってみて、もう一度やり直すことにトライしてみるのもいいかもしれませんね。

 

    「彼氏に冷めてきた時の対処法5つ。もう一度気持ちを取り戻してみよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く