告白のリベンジを成功させる方法。もう一度告白をしてみよう

最終更新日:2016年5月7日

大好きだからこそ、あの人に告白したのに、相手は驚いてしまって返事をもらうことができなかったなんてことはよくあります。

そういう時は、もう一回想いを伝えて、2人の関係を一歩でも進展させたいと願ってしまいます。

告白のリベンジを成功させるコツを押さえて、もう一度しっかりと彼に気持ちを伝えましょう。

1.もう一度「好きなの」ときちんと伝える

最初の告白をした時、相手がちゃんと返事をくれなかったのはいったいどうしてなのでしょうか。

もしかしたらあなたの告白が「分かりにくくて」彼は返事をするきっかけを逃してしまったのかもしれません。

「あなたのことが好きなの」と伝えれば、相手は当然あなたの気持ちに気が付きます。

しかし、照れ屋だったり女性に慣れていない男性は、女性に好きと言われた時、どう返事をしていいのか戸惑ってしまうことがあります。

好きと言われてすぐに「「僕も」と答えるのは、あまりに現金な態度だろうか?」などとあれこれ考えてしまううちに、時間がたってしまい、返事をしないままずるずると過ごしているのかもしれません。

しかし、だからといってあなたのことを極端に避けたりしていないなら、充分「脈あり」といえます。

そういう時は、もうひと押しして、2人の関係を進ませるようにしてみましょう。

告白のリベンジを成功させるコツは、相手がちゃんと返事をしやすい告白の仕方をしてみましょう。

「私、○○君のこと好きなんだけどな、○○君は私のことどう思う?」なんて聞かれたら、相手はちゃんと答えようとしてくれるはずです。

もう一度、きちんと気持ちを伝えて、返事を聞くようにしてみましょう。


2.「一緒にていい」と言わせるようにする

告白のリベンジを成功させるコツとして、相手に「一緒にいていい」と言わせるようにするというものがあります。

相手は一度目の告白で、あなたの気持ちを知っているはずです。

それなら、後はあなたがいつもそばにいていいという言葉を、上手にリードして引き出しましょう。

告白をした後、彼のあなたに対する態度をよく見てみましょう。

今までと変わらなかったり、少し親しげになったようなら、さりげなく彼に近づいてしまいましょう。

そして仲良くなって、2人の間に良い雰囲気が漂うように頑張りましょう。

一緒にいる2人がいい感じになってきたら「私、やっぱり○○君ていいな、と思う。

○○君は私といるの、つまらない?」という風に聞いてみましょう。

そういう質問は、相手がNOと返事をしにくい質問です。

一緒にいる相手に「つまらない?」と聞かれて「うん」とは、普通は言いません。

社交辞令であっても「楽しいよ」と答えてしまうでしょう。

好きだということを、すでに最初の告白で伝えているのです。

ですから二回目の告白では、あなたがそばにいるのが当たり前という状態を作り出すようにしましょう。

もし彼が完全に心を決めきれていない場合でも、いつも二人で一緒にいれば、段々とそれが当たり前になり、恋人のような関係に近づきます。

いわゆる「形から入る」ということでもあります。

それが告白のリベンジを成功させるコツです。


3.軽い感じで可愛く告白してみる

告白のリベンジを成功させるコツに、あまり重苦しくならないようにするというものがあります。

もう一度告白をして成功させるには、軽い感じで可愛く告白するのがポイントです。

一度告白しているのに、彼がなかなか返事をしてくれない時は、もしかしたら心の中で色々なことを考えすぎてしまっているのかもしれません。

彼女のことは良い子だと思うけれど、社内恋愛はちょっとなんて思っていて、なかなか踏み切れないのかもしれません。

そういう時に「はっきりして」と詰め寄っても、決して望む応えはもらえません。

逆に「付き合ったら面倒くさそう」と引いてしまうでしょう。

軽い感じで可愛くもう一度告白されたら「付き合ってみようかな」と、前向きな気持ちになりやすくなります。

あれこれ不安なことを考えている気持ちが「付き合ったら何だか楽しそう」という風に変わっていくのです。

そういう気持ちにさせるのが、二回目の告白を成功させるコツです。


4.彼が返事をしやすいように「ライン」や「メール」を使う

告白のリベンジを成功させるコツとして、彼が返事をしやすいように告白するのがポイントです。

面と向かって告白したのに、返事をもらえなかったら、今度は「ライン」や「メール」で告白をしてみましょう。

ちゃんと向き合って「好き」と告白するのは、想いを伝える方としてはぜひ選びたい方法です。

今まで心に秘めていた彼に対する気持ちを、告白の場で彼にぶつけることができるでしょう。

けれど、言われる方としては、できれば時間をもらってちゃんと考えたいという気持ちがあるはずです。

その場で「私のこと、どう思っているの?応えてくれる?」なんて聞かれたら、どぎまぎしてしまって、思いもよらない答えをしてしまうかもしれません。

もし彼とちゃんと付き合っていきたいなら、彼が良く考えて返事をしやすいような方法で二度目の告白をしてみましょう。

一回目の告白でははっきりと答えられなかった彼も、あなたからのラインやメールでの告白を読んで、真剣にあなたのことを考えてくれるでしょう。

告白のリベンジを成功させよう

告白のリベンジを成功させるコツは、彼の負担にならないということを考えることがポイントです。

すでにあなたの気持ちを彼は分かっているのです。

そんな彼に対して思いやりに満ちた告白をもう一度するようにしてみましょう。

彼はきっとYESの一言を返してくれるでしょう。

告白のリベンジを成功させるためには、慌てないで状況をよく見て告白するのが一番大切です。