姑に暴言を吐かれた時の対処法とは

最終更新日:2017年4月11日

姑とうまくやろうと思っていても、ひどいことを言われてしまうと、心が折れてしまいます。

そういう時、姑に暴言を吐かれた時の対処法を知っていれば、無駄に傷つく必要がなくなるでしょう。

自分を守るためにも、上手に心のバランスを取るようにしましょう。

1.「またタヌキが何か喚いている」と思ってスルーする

姑に暴言を吐かれた時の対処法に、あえてスルーするという方法があります。

本当に腹が立ちますが、真向からぶつかっても、何もメリットがない場合もあるので、そういう時には気にしないで聞き流すようにしましょう。

姑が暴言を吐いてきたら、聞かないふりをしようと思っても、やっぱり腹は立ちます。

そういう時は「またタヌキが何か喚いている」と思って、そのまま知らんぷりをしてしまいましょう。

姑がふくよかな体型をしているなら「タヌキ」、やせているなら「カマキリ」などと、こっそりあだ名をつけてしまいます。

そして、姑が何か言い出したら「タヌキのくせに」と思うようにして、後は聞かないふりをします。

姑が暴言を吐く時は、嫁に対して怒りをぶつけたいだけです。

暴言を吐くのは単なる嫌がらせであり、何かを変えたり改善しようというわけではありません。

そういう姑なのですから、わざわざこちらも相手をしてあげる必要はないのです。

知らんぷりして聞き流してしまうことが、一番角が立たずにやり過ごす方法となるでしょう。

2.夫に話して理解を示してもらう

姑に暴言を吐かれた時の対処法の中に、夫に話してみるというものがあります。

配偶者である夫に理解してもらえば、姑にも注意を促してくれることでしょう。

姑がひどい暴言を吐いていることを、息子である夫は知らないのかもしれません。

姑にとっては「憎い嫁」かもしれませんが、夫にとっては「愛する妻」です。

その妻を、自分の母親がひどいことを言って傷つけていたとしたら、息子としてはやはりショックです。

母親は大切で、中には意見をしずらいという男性もいることでしょう。

しかし、妻が言われる筋合いのない暴言を吐かれているとしたら、やはり夫としては妻を守らなくてはなりません。

そのことを自覚して、姑に対して適切に対処してもらうために、言われた暴言をきちんと伝えましょう。

感情的になって姑を責めるのではなく、冷静に問題点を指摘して、改善を求めるようにします。

そうすれば、夫は「このままにはしておけない」と感じて、姑をいさめてくれるようになるでしょう。

3.あまりにひどい内容なら「やめて下さい」とはっきり言う

姑に暴言を吐かれた時には、はっきりと「やめて下さい」というのがオススメの対処法です。

あまりにひどいことを言われたら、面と向かって注意することも大切です。

嫁のことを一段低く見ている姑は、嫁から何か言われることが苦手です。

落ち着いた様子で「お義母さん、それはあまりにも言いすぎではありませんか」というような感じで話すことで、姑はそれ以上何かを言うことができなくなるでしょう。

カッとなって言い返したいのはやまやまですが、それでは火に油を注いでしまうだけで、姑はますますヒートアップしてしまいます。

冷静に意見することで、姑の口をシャットアウトすることができるでしょう。

まさか「嫁」が自分に対してはっきりと物申すとは思っていないので、姑はきっと決まりの悪さを覚えることでしょう。

その場では「あんたが悪いから、こういうことを言わざるを得ないのよ」と言い出すかもしれませんが、内心「まずい、嫁を怒らせたかもしれない」と焦っているかもしれないのです。

あまりにひどい内容なら、時にははっきりと「やめてほしい」ということを伝えることが、きっととても良い対処法となるでしょう。

4.暴言を吐きだしたらその場から立ち去る

姑に暴言を吐かれた時の対処法の一つに「黙ってその場を立ち去る」というのもいい方法です。

姑が暴言を吐きだしたら、そっとその場を離れるようにしましょう。

いくら姑が人間的に未熟でも、それでもひどい言葉をぶつけられたらショックです。

心は落ち込んでしまいますし、しばらくたっても忘れることができずに、ずっとその暴言に苦しめられてしまうでしょう。

そうならないためには、姑が暴言を吐き始めたら、別の部屋に行ったりして、物理的に距離を置くようにするのが大切です。

そうすれば、聞く必要のない姑の暴言を受け止める必用がなくなるからです。

その場から立ち去ろうとした時に、もしかしたら姑は「いったいどこにいくのよ」とか「まだ話は終わっていない」などと叫ぶかもしれません。

そういう時は「すみません、しかしお母さんも冷静になれないようですので」と言ってしまいましょう。

姑はイライラするかもしれませんが、嫁が暴言を聞く気がないということを理解させるのです。

自分の心を守るためにも、ひどい暴言は最初から聞かないというつもりでいましょう。

不用意に心を傷付けてしまうような相手の言葉には、耳を傾ける価値はないと言えるでしょう。

姑に暴言を吐かれても落ち込まないようになろう

姑に暴言を吐かれた時には、どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そういう時に、無理に姑に合わせる必要はありません。

精神的にも物理的にも、姑とは距離を置くようにしましょう。

そうすることで、もうこれ以上姑の暴言に泣かされたり振り回されたりすることがなくなります。

そして夫をはじめとして、姑が暴言を吐くことを知ってもらうのです。

そうすれば、段々とひどいことを言われる機会が少なくなってくるでしょう。