男性が女性に告白したくなる瞬間。シチュエーションを利用しよう

最終更新日:2015年5月23日

おそらく両想いである男性から告白してもらいたいと思ったことはありませんか?

自分から想いを伝えるのもいいけれど、やはり向こうから告白してもらった方が数倍嬉しいですよね。

では、実際のところ男性はどのような時に告白したいと思うのでしょうか。

1.自分だけに照れた笑顔を見せられた時

男性が女性にドキッとするタイミングに、笑顔が関係しているのはもはや常識。

元々男性は「自分だけ特別」というシチュエーションに弱く、気になる相手から特別扱いされるとそれだけで想いを伝えたいという感情が高まります。

中でも一番男性の心を動かされるのは、女性と目が合った時にはにかんだような笑顔を見せられた時。

満面の笑みではなく、はにかんだようにというのがポイント。

自分に向けられる少し照れたような笑顔にきゅんと来た男性は、すぐにでも告白したくなってしまいます。

ここで気をつけなければならないのが、男性がドキッとするのは笑顔を向けられるのが自分1人だけであること。

女性が自分以外の色々な人にその表情を見せていると特別感が消え、代わりに「誰にでも媚を売る人」という印象を持ってしまいます。

自分だけに向けられる特別な笑顔は、男性の想いを引き出す最高の手段なのです。


2.ひとりで泣いているのを見た時

いつも明るく強い人が、ひとりで泣いていた…このように、普段見ているのと違う姿を目撃した時、ついドキッとした経験は誰にでもありますよね。

多くの人はギャップを目にすると、無条件で心が動くようにできています。

中でも男性にとっては、ギャップがもたらす恋愛への影響もかなりのもの。

普段は絶対に弱い所を見せないのに他の人に隠れて涙を流していたなど、女性の弱々しい姿に男性はぐっと来てしまいます。

そしてそのような弱い姿を見た瞬間「この人は自分が守ってあげないといけない」という気持ちが強くなり、想いを口にしたくなるのです。

男性はもともと、自分より弱い存在である女性を守ろうとする傾向があります。

その本能が強く気持ちに影響するのは、女性がはっきりと弱っているのを感じた時。

女性が人前では見せない涙を流しているのを見た瞬間、男性の心が強く動くことは確実なのです。


3.現在フリーであることをアピールされた時

好きな人ができると、「もしかしたら自分にもチャンスがあるのでは」と感じる瞬間が誰にでもあるかと思います。

男性が告白したくなるのが、そのチャンスが垣間見えた時。

気になる女性に「彼氏を募集中なんだよね」などと、明るいノリでフリーであることをアピールされた時などは、男性にとってのチャンス。

真剣に想いを伝えるような張りつめた空気にはなりません。

しかしフリーであることが会話に表れた瞬間、男性はつい「じゃあ自分なんてどうかな?」と軽い口調で恋人に立候補したいことを伝えたくなるのです。

この場合は、気軽な感じで伝えるというのがポイント。

緊張しがちで真剣な雰囲気が苦手な男性にとっては、普段の会話の中で告白できるのならそれにこしたことはありません。

彼氏を募集中であることをさらっと言われた時に、自分の想いを気軽な会話に混ぜて返すという告白の仕方も、男性にとっては一種の手段と言えるでしょう。


4.ドジな女性を助けた時

日頃からおっちょこちょいで、見ていると危なっかしい人は周りにいませんか?
そのような人は周囲をイラつかせる反面、放っておけないと思われることが多いもの。

この放っておけないという感情が、男性が恋心を告げたくなる瞬間に直結しているのです。

ドジな女性が意中の相手である場合、男性はつい手助けしたり見守ったりすることが多くなります。

告白したくなるのは、そのような子供っぽい女性を助けた瞬間。

日頃から手助けしているうちに「この人は自分がついていないとだめだ」と思うようになったその感情が、ある日再び女性を助けた時に爆発してしまうのです。

また、おっちょこちょいな女性というのは危なっかしい反面見ていて飽きづらく、一緒にいて楽しい存在。

まるで子供のような姿を見ているうちに愛しくなり、つい告白の言葉が口をついて出てしまうのも納得ですね。


5.強がっているのに気がついた時

人に弱みを見せず、気丈に振る舞える女性というのは同性異性問わず魅力的に見えますよね。

しかし、それが意中の相手であるなら話は別。

どんなに強い人でも、必ず心が弱くなる時があるもの。

男性は恋をしている相手として女性を目で追っているうちに、弱い心を抑えて強がっているのがはっきりと分かるようになります。

その弱みを見せまいとしている姿を見た時、男性は自分の想いを告白したくなるのです。

それは、自分にだけは弱い姿を見せて欲しい、悩みを打ち明けてくれる存在になりたいという感情からくる言葉。

ひとりだけで戦っているいじらしい姿に気づいた瞬間、恋人として頼ってもらいたいという気持ちを言葉として伝えたくなります。

シチュエーションを活用して男性から告白してもらおう

男性が決死の覚悟でする愛の告白。

ロマンチックな雰囲気の中でされるのが理想という女性が多い中、実際はそのような雰囲気に関係なく、恋心を伝えたくなる瞬間が日常には隠されているのです。

もしも相手が自分に気があるのが確実で、かつ向こうから告白して欲しいのなら、このようなシチュエーションをうまく利用するのも良い手かもしれませんね。