交通事故の夢を見た時の意味とは【夢占い】事故の被害者・加害者で意味が変わる

最終更新日:2016年10月15日

眠っていて、交通事故の夢を見て、叫びながら飛びおきた。

冷や汗をかいて目覚めた。

なんていう経験、あなたにはありますか?できれば、眠っているときくらいは、こんな怖い夢やひやっとする夢を見たくないものですよね。

でも、交通事故の夢をみる意味や深層心理ってどんなものなのでしょうか。


1.何か不可抗力なことに悩んでいる

夢にみた交通事故が、例えば、乗っていた車のブレーキがきかなくてどこかにぶつかってしまったりするような不可抗力な事故だった場合は、もしかするとあなた自身が現在自分の現状をコントロールできないで、もがき苦しんでいるという心理状態にあるのかもしれません。

仕事でどんなに頑張っても認めてもらえなかったり、職場で一生懸命やっているのにパワハラに合うなど、何か不可抗力なものによって苦しめられているということはありませんか?

夢というのは、一日脳で考えていたことや、その日に得た情報などを脳が処理していることで見るものとも言われていますので、あなたはもしかすると、無意識のうちに不安やストレスを感じているのかもしれません。

さきほどの例にあげたように、ブレーキがきかないなど、自分ではどうすることもできないようなアクシデントが、自分の身にも起こるのではないかというような不安な気持ちがあるのかもしれません。

こんな夢を見たら「今、自分はなにか不可抗力なものに不安やストレスを感じているのではないかな」と自分をよく振り返ってみましょう。


2.車に誰か他の人が乗っている夢の場合は、その人に振り回されているのかも

もし車の事故の夢をみたとき、車にあなた以外の人が乗っていたり、誰か他の人の運転に同乗していて事故が起きたりした場合は、無意識のうちに、その人に振り回される毎日にストレスを感じてしまっているのかもしれません。

例えば、会社の上司が運転し、暴走した車が事故を起こしたというようなケースの場合、その上司からのプレッシャーやストレスが非常にあなたを振り回し、苦しめているという可能性があります。

こうして、誰かに振り回されているうちに、自分が壊れてしまうのではないかと非常に不安にも思っているのかもしれません。

車に同乗しているのが、家族や恋人だった場合も、あなたが相手をコントロールしきれておらず、相手の暴走につきあっていて、このままいくとどうなるのか・・・という不安やストレスを持っているのかもしれません。

そういったストレスや不安が、交通事故という形で夢に現れるというわけです。


3.自分を抑えすぎてストレスがマックスな心理状態

普段から、自分の意見や主張を人に言えない人は、思いを胸にためすぎて、爆発しそうになってしまうことがあります。

また、なんらかの理由で周りの人々とコミュニケーションが取れなかったり、相手に一方的に言われっぱなしで口答えを許されないというような場合も、ものすごいストレスを溜め込んでしまいます。

こういったストレスが、恐ろしい交通事故という形で夢の中で暴発してしまっているのかもしれません。

もしあなたにも思い当たる節があったら、少しずつでもよいので、正当な主張はするようにしたり「NO」をはっきり言えるようにしたりするようにしましょう。

自分の胸のなかに溜め込まないことが非常に大切です。

溜め込んでいると、精神的な病にまで発展してしまうこともあるからです。


4.自分ではなく、事故の相手が一方的にあなたを傷つける夢だった場合は、あなたの心が深く傷ついている

交通事故と言っても、いろいろな種類がありますよね。

自損事故、人身事故など…。

中でも、誰かに停車中にぶつけられたり、一方的に傷つけられたというような交通事故の夢だった場合、今現在あなたの心が誰かによって傷つけられているという状態なのかもしれませんね。

誰か人にひどい言葉をかけられたり、そっけない態度を取られたとき、あなたの深く傷つくこともあるでしょう。

でもあえて、それを忘れようとしたり、聞かなかったことにしたり、現実に傷ついたことから目を背けたくなってしまうものです。

思い出すと腹立たしいし、くやしいし、悲しいからと、わざと全く考えないようにしたとしても、脳の中にはその思いがしっかりと刻まれています。

脳はその情報を整理しようと、交通事故という形で出てしまった可能性があります。

心当たりがあるという人は、最近、深く傷ついたことが無かったかどうかを思い出してみましょう。

いやだったことを思い出す作業は辛いことです。

でもあとになって冷静に考えれば「あのときはショックだったけれど、よく考えたら私が気にすることではないな」など、その出来事を消化できるかもしれません。

それによく考えたら、相手はあなたに嫉妬して、意地の悪いことを言っているだけかもしれず「ああ、可哀想な人だな」と哀れみの目で見られるようになり、心の傷がすーっと消えるかもしれません。

交通事故の夢の意味を知ろう

交通事故の夢を見ると、なんだか不吉で怖くなったり、車などの運転をしたくなくなったりするかもしれませんがそんなに神経質になる必要はありません。

実際に交通事故にあう予知夢ということではなく、あなた自身の心の中にあるストレスや不安、鬱憤の表れである可能性が高いからです。

もし交通事故の夢をみたら、まず、あなた自身の心としっかり向き合い、ストレスを消化していくことが大切です。