空港にいる夢を見た時の意味とは。飛行機やパスポートも重要なアイテム

最終更新日:2016年3月2日

ユング心理学において夢は無意識からのメッセージと考えられています。

ですから、夢の内容を詳しくみていくことで、自分の深層心理を探ることができると考えられます。

では、空港が出る夢は、どういった深層心理を反映しているのでしょうか。

1.新しい世界との出会い

一般的に空港は各都市の出入り口と考えられています。

空港から飛行機で旅立っていく姿はあなたが新しい世界へと羽ばたいていく様子と重なります。

飛行機などが直接出ていないのであれば、まだ新しい世界と出会うまでには多少時間がかかるのかもしれません。

しかし、今後の人生において新しい世界との出会いが予想されますので、そういった心構えをもって生活していくのが良いでしょう。


2.人生の岐路

空港は都市と都市を結ぶ役割をしています。

当然のことながらAという都市へ行く飛行機に乗れば、Aという都市につきますし、Bという都市行きの飛行機に乗ればBに到着します。

出発地ではなく乗り継ぎのための空港ということだって考えられます。

どの路線を選ぶのかは自由ですが、選んだ路線によって到着する場所は違うのです。

これはあなたの人生にも当てはまるのかもしれません。

人生の別れ道に立っていて、どの方向に進むのか、まさに今考えているのではないでしょうか。

あるいは、気づいていないかもしれないですが、今のこの人生が後の人生にとっての大きな分かれ道になっているという可能性もあります。

大きな人生の岐路にたっている可能性が考えられます。

3.古いものとの別れ

自分が空港から飛行機に乗って旅立つのではなく、自分以外の誰かが飛行機に乗って旅立っていってしまった場合は、古い何かとの別れを暗示しています。

場合によっては考え方や価値観といった無形のものかもしれませんが、何か自分の慣れ親しんだものからの別れといったものが考えられるものと考えられます。


4. 新しい価値観が入ってくる

空港は人が行き来するだけの場所ではなく、物流も盛んな場所です。

海外から新しい製品や食品など多くのものが日本に輸入されています。

そういった観点から考えると、あなたの人生の中に何か新しいものがはいってくるとも考えられます。

鎖国をしている時代には得られなかったたくさんの外国製品は、当時の日本人にとって見知らぬもので、恐怖心をあおるものだったかもしれません。

その一方で、そういった新しいものはとても魅力的だったものと考えられます。

このような親しみはないけれどとても魅力的で新しい世界があなたの世界にこれから加わってきます。

新しいものを受け入れるということは、とてもエネルギーを必要とするものですが、恐らくあなたの成長のためには不可欠のものなのかもしれません。

怖がらずに受け入れる柔軟さを持ちながら生活していくとよいのではないでしょうか。

5.迷い

空港から飛行機に乗っていく行き先は1つではありません。

大きな空港であればあるほど、路線の数は多く、到着地は複数あるでしょう。

旅慣れた人であっても空港では、どこの入口から入って何番乗り場に行ったらいいのか、迷うことがあります。

特に海外の空港であればなおさら迷子になってしまうことはあります。

どこかへ行きたいのに行くことができないという現状を暗示しています。

また、どこかに行かなくてはいけないのにどのように行ったいいのか分からず迷子になってしまっているのかもしれません。

迷子の夢が毎晩続いていたら、しっかりとどっちへ行ったらいいのか夢の中で考えて下さい。

しっかりと夢に取り組むことで、道が開けることがあります。

突然、迷子から脱する夢がみられるかもしれません。

そうなったら、人生においても迷いから道が開ける日はもうすぐと考えてもよいのではないでしょうか。


6. 自分というアイデンティティへの迷い

空港で飛行機に乗らなくてはいけないのに、パスポートを忘れたなんていう夢はみていないでしょうか。

パスポートは海外へ行く際には必須の持ち物です。

自分に対する証明書の役割を示しています。

それを忘れてしまったり紛失してしまったりするということは、自分が一体誰なのか、どういった存在なのか分からなくなってしまうことを示しています。

自らのアイデンティティについて今一度考えるチャンスなのかもしれません。

また、現在の家庭内や社会の中での自らの役割についても不満に思っていることがあるとも考えられます。

自分がどういった人生を進んでいって、どういったキャリアを積んでいきたいのか、考える機会なのかもしれません。

空港の夢の意味を知ろう

空港が夢にでてきた場合、それをもとにいろいろな可能性が考えられますが、その夢を検討していくのは自分に他なりません。

また、1回の夢で結論を急ぐのではなく、連続してみる夢の経過によっても、その夢の解釈は異なってくるでしょう。

夢でみた空港の意味するところをしっかりと考えることが、自らの無意識に近づくために大事なことなのではないでしょうか。