アイドルが夢に出てきた時の意味とは【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

あなたが見ている夢のなかに好きなアイドルがでてきたことはありませんか。

今回はアイドルが夢に出てきたときに注意するあなたの気持ちや、これから起こるかもしれない予兆などをご紹介します。

1.あなたに才能が潜んでいる

アイドルと仲良く接している夢や、アイドルが自分に近づいてくる夢は、あなたにはまだ気づいていない自身の魅力や才能が潜んでいることを示しています。

また、自分がアイドルになる夢も同じように良い意味合いを含んでいます。

例えば、仕事でよい役職がまわってくるなどチャンスがある前兆になっています。

また恋人ができる予兆でもあります。


2.不満を抱えている

もし、あなたがアイドルとケンカをする夢や、アイドルに冷たくされる夢を見た場合は、あなたが周囲から正当な評価を受けていないと思い、不満を抱えていることを暗示しています。

また、この夢を見た場合、周囲から正当な評価を受けるには、努力をすることが大切であることを忘れないようにという警告ですので、今まで以上に自分のことを反省することが大切です。

また、知り合いがアイドルになる夢を見た場合は、その人に対する嫉妬心を表しています。

あなた自身あまりピンとこない場合でも、その人への憧れの気持ちや、どこか嫉妬してしまっている部分があるはずなので、その人との関係を壊さないためにも自身の気持ちをしっかり押さえておくことが大切です。


3.前向きになっている

アイドルを応援し、声援を送っている夢は、自身を応援していることを示しています。

自身の才能や魅力を知って育てて行くことに意欲的になっている時ですので、この努力を継続していきましょう。

また、アイドルと接近したり友達になる夢も、自分に自信を持っていることを表す意味あいがあります。

現実の世界でも前向きに色々なことに取り組んでいけるでしょう。


4.計画が甘くぬか喜びになる

アイドルを遠くから見ていたり、アイドルを見て騒いだり、憧れ思い続ける夢は、自身がなにかに成功することを妄信している現実を表しています。

この夢を見た場合は、浮き足立っている現実をあらため、計画を練り直したほうが良いでしょう。

また、アイドルに会えずに落ち込む夢も、現実世界で期待はずれの出来事が起こる暗示になっているので、注意が必要です。

あまり色々なことに期待しすぎないほうがよいでしょう。


5.面倒な問題から逃げている

アイドルと二人きりで話す夢を見た場合、現実には現実逃避をしたいという願望が自身にあることを示しています。

この夢を見たら、自身をもう一度見つめ直し、一度立ち止まって、自分になにか怠惰な気持ちはないか、見直して行くことが必要ではないでしょうか。


6.願望がそのまま現れた

アイドルと結婚する夢や、お付き合いをする夢は、心で望んでいる願望が夢として現れたものです。

残念ながら、実際に結婚することも付き合うことを予兆しているわけではありません。

またアイドルと抱きしめ合う夢も同様の意味合いをあらわし、あなたの愛されたいという気持ちや、誰かに守られたいという気持ちが強く夢にあらわれたことを示しています。


7.強すぎる思いの表れ

好きなアイドルとキスをする夢を見た場合、あなたの強すぎる思いが夢として見せてしまったものだと考えられます。

この夢も実際にアイドルからキスをされてしまう予兆ではないので安心してください。

また、あまり好きではないアイドルにキスをされたなら、あなたはそのアイドルのように人気を集めたいという願望が現れているでしょう。


8.思わぬアクシデント

自分がアイドルになりファンに囲まれている夢を見た場合は、なにか失敗をしたり、意外なアクシデントに見舞われるという警告を発している夢になります。

自分自身の良い面と悪い面をしっかりと把握し、余裕のある気持ちでいることが大切です。

また、アイドルに抱かれたり、恋人のような深い関係になった夢を見た場合も面倒な事件に巻き込まれる予兆になっているので細心の注意が必要です。

アイドルの夢の意味を知ろう

自分の好きなアイドルの夢を見たときは幸せでしょうが、紹介した夢の意味合いは良い意味よりマイナスイメージの意味もあります。

夢で、こっそりアイドルに会えるのはとてもロマンチックですし、夢の意味合いがもっとプラスイメージなものが多ければどんどん夢にでてきてほしいものですね。

アイドルは現実でもアイドルファンの象徴として崇められ、キラキラとしていて現実離れしている雰囲気が、夢の意味合いにもマイナスな雰囲気がでてしまうのかもしれません。

夢は自分自身へ、色々なことを気づかせるために、さまざまなイメージを見せてくれます。

そのメッセージを受け取ったら、その知らせを謙虚に受け止め、現実に反映させていくことが大切になってきます。