LINEでブロックされた相手へメッセージを送る方法

最終更新日:2017年5月25日

LINEで元カレからブロックされてしまった、友人とケンカしてブロックされてしまった等LINEをブロックされてしまい、困ったことがある方はいませんか?

ここでは、LINEでブロックされた相手にメッセージを送る方法についてご紹介します。

1.相手と自分を含んだグループLINEを利用する

LINEをブロックされてしまったら、もうその相手と連絡を取る手段は全く無いと思っている人は多いです。

ですが、諦める必要はありません。

実は、ブロックされている相手とも間接的ですが会話をする事が可能です。

まずは相手に本当にブロックされているかどうかを確かめましょう。

自分の勘違いだった場合、相手との関係が悪くなってしまう可能性があるからです。

ブロックされているか確認する方法は、いくつかあります。

ほぼ確実な事は電話をしてみる事です。

一度電話をして数日電話が来ないようならほぼ確実にブロックされていると思っていいでしょう。

ブロックされている事は確信できた、それでも会話をしたい場合は、グループLINEで繋がっている場合はそれを利用するようにしましょう。

関節的にブロックされていない人を通してブロックを解除してもらうように頼む等どうしても会話をしたい事を伝えてもらうのです。

この方法を使う事で相手からLINEを解除してもらう可能性が高くなります。

この時、また連絡を取る事ができたらその間接的に会話をしてもらった事に対してきちんとお礼をしましょう。

2.LINE以外の通話手段を使う

LINEでブロックをされてしまったとしても、メールや電話で繋がっているならそれを利用するようにしましょう。

LINEをブロックされてしまったと思った時、パニックになってしまいその他の通話手段をうっかり忘れてしまいがちです。

もし、まだLINE以外の方法で繋がっているならその方法を利用してみましょう。

LINEをブロックされてしまった相手との会話で大切な事は、両方に原因があったとしても相手を責めない事です。

「あなたが悪いのにどうしてブロックするの」等相手を責めてしまうと「この人とはもう絶対に関わりたくない」とその他の方法ですら返事が来なくなってしまいます。

そうなると、もうその人とは何をしても連絡する事は不可能になってしまいます。

ですので、真摯に相手に自分が反省している事、また仲良くして欲しい事を伝えるようにしましょう。

相手に直接会う事ができる場合は、直接あって謝るようにしましょう。

また仲良くして欲しいという気持ちが伝わる事でLINEのブロックが解除され、また仲良くする事ができるようになります。

長期戦になるかもしれませんが、どうしてもその人とのまた友達であれ元恋人であれ仲良くしたい場合は、ゆっくりと時間をかけて相手の心に訴えかけるようにしましょう。

3.そもそもブロックされないために

LINEは色々な人と仲良くなるためのツールです。

ですので、ブロックされてしまうという事は余程の事です。

LINEを楽しくするために大切な事は、人としてのマナーをしっかりと守る事です。

人の悪口を言わない、愚痴を言わない等楽しくLINEをする事を心がけるようにすれば、ブロックされてしまう事はありません。

誰が見ても恥ずかしくない内容を心がけるようにすれば、ブロックされずに楽しくLINEを使う事ができます。

LINEでブロックされた相手にメッセージを送ろう

LINEでブロックされた相手にメッセージを送る方法については以上です。

基本的に、LINEでブロックをされてしまったら自分から相手へはメッセージを送る事は難しいです。

ですので、間接的に誰かを通してメッセージを伝えてもらうようになります。

相手がブロックをしたという事は、余程の事です。

ですので、ブロックをされてしまった相手とは慎重に計画を立てて関係を修復しましょう。

自分が悪い場合は、真摯に相手に対して謝りましょう。

上記を参考に自分に気持ちを相手に伝え、ブロックを解除してもらって下さいね。