LINEで話しかけるきっかけ話題まとめ。片思いの彼に話しかけよう

最終更新日:2015年8月4日

片思いをしているとき、どうしても彼と話したい。

そう思った時電話はできないけれどLINEならリアルタイムで彼がスマホの前にいるのがわかりますしチャット感覚でお話しができるので便利ですよね。

でも片思いとなると、好きだと思っていることを悟られずにいかに自然に彼に話しかけられるかがうまく恋愛を進めるコツです。

でも、自分からLINEする場合どのような話なら自然なのでしょうか。

そこで今回は片思いの彼にLINEで話しかけるきっかけになる話題をご紹介します。

1.写真を送る

片思い中の彼が同じグループやクラス、部署にいる時に一番の口実になるのがこの「写真を送る」です。

例えば、食事会や催しなどで彼が写っている写真や全体写真を自分から写真を取る役を買って出ます。

そして写真を送るのにLINEはとっても便利です。

ですので「あの時のイベントの写真なんだけど」と写真を何枚か添付して彼の反応を待ち、その時の感想やほかの人の話題(悪口ではない)などで話を広げれば彼との共通の話題が盛り上がるかもしれません。


2.彼の得意分野の質問をする

「○○君って数学得意だったよね?」「○○君の営業すごく評判がいいけどコツってあるの?」など、彼の得意分野についての質問はLINEで彼に話しかけるきっかけとして使えるでしょう。

男性は自分の得意なことを女性に質問されば「教えてあげよう」を思うようで、専門的なことや彼の得意分野ならなおさら得意げになって話してくれます。

普段は無口な彼でも自分の得意分野となったら饒舌になってくれるかもしれません。

また「教える」という行為は人の距離をぐっと縮めてくれます。

この話題でLINEを何度がしていれば「今度二人で食事にいって話そう」「実際に見に行ってみる?」などと二人の関係が発展する可能性もあるかもしれませんよ。

ただし、同じことを何度も聞いたり、「なんで?」「意味がわからない」などを連呼してまったく学ぶ姿勢がなかったり興味がなかったりするのはNG。

彼と同じものを好きになる意気込みに行うようにするといいでしょう。


3.イベントの幹事として誘う

「○○さんの誕生日サプライズをしたいんだけど…」「また同期で集まりたいと思ってるんだけど…」など自分発信で彼に一緒にイベントの幹事してもらうことをお願いする話題です。

男性は女性の長話やオチのない話が苦手ということは多く耳にしますよね。

それと同じで男性は、用もないのにぐだぐだとラインをするよりも男性は目的や結果がちゃんと明確になる方が女性と違って楽しく感じるようですのであえて建設的な話題にしてみるという手もあります。

面倒くさがりや幹事が苦手な彼の場合は有効ではありませんがある程度明るくて友達が多い人ならうまくいくかと思います。

幹事をするということはそのイベントの企画や準備などで彼とかなり密に接することができるので片思い中の女性は思い切って切り出してみてはいかがでしょうか。

また、女性から頼られて男性はうれしくなってしまうもの、「○○君ならお願いできるかなって」「ダメかな?」などさりげなく彼を頼りにしていることをアピールすると彼も快く協力してくれるかもしれません。


4.アンケートのようなメール

「次のイベントの為に好きな料理を聞いています」などのアンケートのような質問をあくまでもみんなに送っているような感じで彼にLINEをします。

後で周りにはそのメールが来てないとばれてしまうと怖いのでちゃんと他の人にも送るようにしましょう。

それでもLINEで話を広げるのは彼だけです。

アンケートのような事務的な内容のメールなら彼も返しやすいですし、しっかりした女性だと彼に印象付けることができるでしょう。


5.誤送信のフリ

明らかに他の人宛てのLINEなどを彼にわざと送ります(女性宛)。

彼から反応があれば間違ったことを謝罪するLINEを送ります。

もしも反応がないようなら・既読がつかないようなら重ねて謝罪のLINEを送ります。

この方法はかなり上級者のテクニックで、彼に迷惑がられたり、引かれてしまう可能性もあるようです。

ですのでどうしても話題が見つからないときの奥の手として取っておいて、あまり頻繁に使用はしない方がいいかもしれません。


6.共通の知り合いの話

悪口はよくありませんが、「○○教授って怖い?」「○○部長のご機嫌の取り方って…」など二人の共通の知り合いの話題をきっかけに相談を持ちかければ話やすいようです。

ただこの時に注意してほしいのがちゃんと目的をもった相談にすること。

「○○さんに怒られないために仲良くしたいんだけど」など相談をする目的を明確にすると彼も相談を受けやすいですし話がはずみやすいようです。

LINEをきっかけに盛り上がろう

以上、6つをご紹介しました。

なかなか片思いだとLINEしにくいですが、送らなければ何も進みません。

当たって砕けろで一度LINEしてみてはいかがでしょうか。