彼のLINEがいつもそっけない心理とは。男性がスタンプや絵文字を使わない理由を知ろう

LINE 恋愛最終更新日:2019年5月7日
LINEをする女性

彼氏からのLINEがそっけない。

そんな時彼女としては、彼氏が何を思っているのか知りたいですよね。

今やメールになりかわり多くの人が利用しているLINEですが、なぜ彼は反応がそっけないのでしょうか。

今回はそんな彼氏がLINEのメッセージがそっけない理由や心理をご紹介します。

1.他の人ともLINEでやりとりをしているから

すぐに返信がきて便利なLINEですが、複数の相手とLINEをしようと思うと一つ一つに時間をかけていられません。

そのため絵文字や顔文字のないそっけない文章になってしまいます。

この他の人とは一概に女性とも男性とも言えないのが悩ましいところです。

しかし、決して嫌われている訳ではありません。

友達が多い彼や仕事でのやり取りが多い彼なら十分あり得ることです。

その場合相手のやりとりがそっけないとしても心配ありません。

2.LINEに対しての価値観が違う

女性は好意を抱いている男性に文章を送る時に悩んだり、可愛い顔文字やスタンプをつけたりとより相手に気持ちが伝わるように考えて送ります。

しかし男性も同じだと思ってはいけません。

好意を抱いている女性に対しても、他の人と同じような文を送ります。

LINEのやりとりに対しての価値観が違うのです。

女性にとっては大切な彼とのやり取りですが、男性にとってはたかがLINEのやりとりです。

これは女性からしてみれば、腹立たしく思うことかもしれません。

しかしそもそも女性と男性の脳はつくりが違うので仕方のない事です。

また、このような理由でそっけないメッセージを送っている男性は、自分のメッセージがそっけないという事に気づいていない男性が多いです。

その場合LINEがそっけないことが嫌だと思っていると、思い切って伝えてみるのも良いでしょう。

彼は彼女に対して悪いことをしたと改善してくれるかもしれません。

3.LINEで絵文字や顔文字、スタンプを使うことに恥じらいがある

絵文字や顔文字やスタンプなどは女の子が使うものだと思っている彼氏もいます。

可愛らしいものを使うのに、恥じらいがあるのです。

こういった男性は使うきっかけさえできれば、徐々にでも改善される兆しがあります。

こちらも思い切って提案してみましょう。

最初は恥ずかしがるかもしれませんが、少しずつスタンプや絵文字を駆使してくれるようになります。

4.スマホを使い慣れていない

最近スマートフォンを使い始めた彼によくありがちなのが、まだ使い慣れていないからそっけないメッセージになってしまうということです。

初めてのスマホを使い始めた時はとても使いづらく、文章も打ちづらく感じたはずです。

それが彼の今という事はないでしょうか。

その場合、少し時間が経てばそっけないメッセージではなくなるかもしれませんよ。

LINEの良い使い方を教えてあげると、より早く彼は良いメッセージをくれるようになります。

5.短いメッセージの方がLINEを送りやすい

女性は手紙を書いたり、長い文章を作ることが好きな人が多いものです。

しかし男性はそのようなことに最初から慣れていません。

学生の頃も手紙を交換するようなこともなく、女性に比べたら文章の長い手紙を書くことはありません。

仕事や必要に迫られれば長文の文章を作って送ることもできますが、そうでなければ短い文章を好む傾向にあります。

そもそも男性は自分の感情を文章にしてメールを送ることは苦手で、要件のみの連絡の内容のメールを送るのを得意としています。

悪気があるわけでなく、短くなってしまうというのが本音というところです。

6.長文を送るのは面倒だと思っている

長いメッセージを読んで理解して自分も新しい長い文章を考えて送るのは、男性にとっては面倒に感じることがあります。

長い話を伝えたいのなら、LINEでなく電話をしたいと思っているかもしれないですし、長文のLINEに必要性を感じないこともあります。

また文章を考えて作って送るより、直接会って話した方が楽と考える人もいます。

そもそも男性は営業という職業や接客業に付いていない人は、口下手な人も多く、無口な性格な人もいます。

コミュニケーション自体を苦手としていることもありますので、返事が来るだけよかったと思ったほうが気持ちは軽くなります。

7.返事をしたら十分と思っている

そもそもLINEとは連絡のツールと思っていて、スタンプや絵文字でコミュニケーションを楽しむというより、連絡が着たらそれに返事をするというスタンスを取っている彼氏もいます。

自分からはあまり連絡をしない、コミュニケーションをたくさんとる必要がないと思っている人は、返事をするという目的を果たせばそれで終わってしまいます。

返事をすることが目的達成ですので、短文でも返事をすればよいという考え方です。

男性でもLINEを苦手としている人はいて返事はすることはできますが、すべて短文になってしまいます。

それが一番楽で手間のかからない返信方法だからです。

なかなか性格を変えることは難しいかもしれませんが、どういった風にするのが理想かを伝えておけば彼にわかってもらえることもあります。

8.LINEが苦手なことを伝えたい

彼女が毎日LINEをくれるから返事を仕方なくしているけれど、本当は好きではないという彼もいます。

本当はLINEが苦手だからあまりしたくないと思っている男性です。

長文に長文を返しているとそれが好きでしていると思われてしまいます。

だから短文で時には返して、自分は本当はやりたくないと伝えているかもしれません。

このような場合、長文の文章が送られてきている時点でうっとうしいと嫌がられていることもあります。

単純に性格なんだと見極める前に、それが苦手か嫌いかどうかは確認しておいた方がよいのかもしれません。

送るのが好きだからごめん、返事は気にしなくてよいからね、などとフォローの気持ちを伝えておけば随分印象も変わってきます。

9.LINE自体が嫌い

人は好きでないものに長い間時間を費やしたり、文章を作りたくありません。

そのため必然的に短い文章になり、返事がそっけなくなってしまいます。

LINEは既読システムがあるため、文章を読んだら返事をすぐに返さないといけないと思う人もいます。

反対に送った方も既読があることから読まれたことに安心はしますが、既読がついていても返信がないと不安に思うこともあります。

このようなシステムはとても便利で急ぎの場合などは役に立ちますが、自分を縛られているような感じがして苦手な人もいます。

特に男性は返事を拘束されている気分になるため、嫌な気持ちになるのかもしれません。

こういった場合は電話にするか、従来のメールシステムにすることで返信率が高くなります。

すぐ送らなくてはならないプレッシャーもなくなることから、ゆっくり考えて打てるメールなら長文を送れる可能性が増えます。

流行や一般的な流れとはずれることにはなりますが、付き合っている人同士が一番やりやすい連絡方法でやり取りを続けるのが理想です。

その連絡のツール自体を嫌だと思っているなら、違う手段を選んだほうがうまくやり取りができて、お互いに気持ちよく過ごすことができます。

 

    「彼のLINEがいつもそっけない心理とは。男性がスタンプや絵文字を使わない理由を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。