リンクコーデって何?二人しか分からないペアルックの進化系

最終更新日:2015年9月23日

「リンクコーデ」という言葉を聞いたことはありませんか?

最近流行っているらしいけど、どういうコーデなのかはよく分からない…という方もいるでしょう。

そこで今回は話題のリンクコーデについてご紹介します。

1.そもそもリンクコーデって何?

簡単に言うと、ファッションの一部を「リンク」させたコーディネートのことです。

友達同士やカップル、親子などで、同じ柄や色、アイテムなどを一緒に身に付けることを、最近ではリンクコーデと呼ぶようになったようです。

誰が見ても同じ形、同じ柄のシャツを一緒に着る、というような場合は、リンクコーデと言うより「ペアルック」ですよね。

ペアルックもリンクコーデのひとつと言えるのでしょうが、そこまであからさまなのはちょっと…と躊躇してしまう人(特に男性)は、けっこう多いのではないでしょうか。

「ペアルックほどお揃い感を強調しないのがリンクコーデ」と考えると良いでしょう。

本人たちにしか分からないくらいのさりげないリンク、なんてこともできるので、ペアルックとは違ったドキドキウキウキ感を味わえるかも知れませんよ。


2.リンクコーデテクニック.柄を合わせる

身に付けるものの柄を揃えて楽しむリンクコーデです。

定番のボーダー柄やストライプ柄、チェック柄などを使えば、思ったよりも手軽に楽しむことができます。

この場合、色やトーンは同じでも違っていても構いませんし、柄の大きさが違っていてもOKです。

また、アイテムそのものが違っていても、柄が同じならちゃんと「リンク」している感じが出せます。

例えば、友達同士でTシャツをボーダー柄にしてみたり、彼のシャツと彼女のスカートがストライプ柄だったり、ママのストールとベビーのスタイをチェック柄で揃えたり…といったコーデはいかがでしょうか。

手持ちのアイテムで、すぐに試してみたくなりますね。


3.リンクコーデテクニック:色を合わせる

色を揃えて楽しんでみましょう。

この場合は、柄や質感が全然違うものでも、もちろん大丈夫です。

色が同じというだけで、簡単にまとまりのあるリンクコーデを楽しめます。

例えば、彼はコットンのチェックシャツで彼女はサテン地のフリルトップスなどでも、色が同じなら上手にリンクさせることができます。

ママはホワイトのトップス・ベージュのカーディガン・ネイビーのボトムス、キッズはネイビーのトップス・ベージュのオーバースカート・ホワイトのレギンス、など、色を揃えるアイテムをずらしてみても、ちゃんと統一感のあるリンクコーデに仕上がります。


4.リンクコーデテクニック:アイテムを合わせる

服ではなく、バッグや靴、帽子、ヘアアクセサリーといった、小物でお揃いにしてみる方法もあります。

服をよりも更にさりげないリンクコーデを楽しむことができるので、テレ屋さんな男性でもチャレンジしやすいかも知れません。

友達と同じ色のバッグを持つ、カップルで同じロゴのスニーカーを履く、ママとキッズで同じ柄のシュシュをつける、など、本当にちょっとした小物でも大丈夫です。

とても簡単にリンクコーデを完成させることができるので、リンクコーデの第一歩としてもオススメです。


5.更にオシャレに魅せるコツ

ペアルックだと「いかにも」という印象がありますが、リンクコーデはあくまでも「さりげなさ」にポイントを置くと、よりオシャレ感が増します。

「お揃いにしたんです」と分かりやすく見えるより、それぞれのファッションが単体でも確立していながら、実はお揃いの要素を含んでいる、という感じでしょうか。

同じアイテムの色や柄を揃えるよりも、違ったアイテム(特に小物などの面積の小さいもの)をリンクさせる方が、より自然でさりげないコーディネートになります。

リンクさせる相手との間柄にもよりますね。

フレッシュなカップルだったり、ママとベビーや小さいキッズの場合には、多少「お揃い感」が前面に出ても、可愛らしくて微笑ましい好印象になるでしょう。

長年連れ添っているご夫婦や、ママやパパとティーンズ、といった組み合わせなら、より「さりげなさ」を意識した方が、落ち着いていて上級のオシャレといった印象を演出できるはずです。

特に、なかなかお揃いなんて試す機会がない「パパとティーンズ男子」という組み合わせでリンクコーデを楽しむなら、レザーやシルバーといった少し大人びたカッコイイ素材を取り入れると、ピリッとしたアクセントのあるステキなコーデになりますよ。

リンクコーデを楽しもう

リンクコーデはどんなふうに楽しんだらいいのか、イメージが湧いてきましたでしょうか。

ペアルックと違って、そのためのアイテムを改めて買ったり準備したりしなくても、今持っているアイテムで気軽に楽しめる、というのも、リンクコーデの大きな魅力のひとつですね。

手持ちのアイテムをちょっと見直してみたら、こんな組み合わせもいいかも。

とステキなコーデを思いつくかも知れませんよ。

ぜひ、あなたとあなたの大切な人だけのリンクコーデを、楽しんでみてください。