くりっとした丸目メイクのやり方

最終更新日:2016年2月23日

くりくりっとした可愛いまん丸ぱっちりお目目は女性の永遠の憧れですよね。

クールで切れ長な印象のメイクも素敵だけれど、可愛らしい印象に仕上げたい時はやっぱり丸目メイクが定番です。

ポイントとコツをおさえながらラブリーな丸目メイクをしてみましょう。

1.「縦」を意識したアイメイクをしましょう

丸目メイクのポイントは「縦」の幅を強調して、黒目を強調することです。

特に黒目の真上と真下のアイライン、アイシャドーを太くする、濃くすると効果的です。

マスカラも、黒目の真上と真下に集中的にボリュームを出し、さらに長さを出すのがコツです。

ただしやりすぎるとただのパンダメイクになってしまうので、色を定番のブラックではなくブラウンにして優しい印象にする工夫をしましょう。

上まぶたのアイラインは黒、下まぶたのアイラインはブラウン、上まつ毛はブラックのマスカラ、下まつげはブラウンマスカラという風に、2色づかいをするとメリハリの効いた丸目メイクになります。

アイラインを引く時は、自分の目じりの終わりから1センチほどはみ出すくらいに長さを出して、垂れハネ気味に描くと、奥二重の方でもわざわざ二重テープをはったりメザイクをしなくても大丈夫です。


2.カラコンはメイクアイテムの新定番。上手に使ってメイク上級者に

丸目メイクでぜひ使いたいアイテムはカラーコンタクトです。

色はブラウンか、意外と肌馴染みのよいグリーンがオススメです。

よりクリっとした印象に仕上げたいなら、フチ取りのはっきりした色の薄いヘーゼルやブラウンを、もっとナチュラルに仕上げたいならフチなしタイプの色の濃い目のブラウンかイエローに近いグリーンのカラコンをチョイスするとベターです。

事前に専門眼科を訪れて、目の状態を調べてもらい、自分の目に合ったコンタクトレンズを選びましょう。

もしドライアイや疲れ目などでコンタクトの装着を止められたら、無理に装着してはいけません。

3.涙袋に一工夫、うるツヤ丸目メイクをしましょう

涙袋を強調すると、より「縦」が強調されて可愛らしい印象になります。

この時、黒目の真下には大きめのラメの入ったリキッドシャドーを少しのせると、ラメが黒目に反射してキラキラ目になります。

これもあまりやりすぎるとギャルっぽいイメージになってしまうので、さりげなく入れるのがコツです。

よく涙袋に真っ白なハイライトパウダーやアイシャドーを使ってしまう人を見かけますが、自分の顔の肌色より少し明るめの肌色に近いベージュピンクを選んで使うと、柔らかく、自然な仕上がりになるので色選びは慎重にすることが大切です。

涙袋のアンダーラインは綿棒や小さ目のメイクブラシでうっすらとぼかしながら引いていきましょう。

これもやりすぎるとクマのように見えてしまうので、薄く軽く引く程度におさえましょう。


4.インラインを引く時はあえてのネイビーブルーをチョイス

丸目メイクでやってしまいがちなのはアイラインで目をぐるりと囲んでしまういわゆる「囲み目メイク」ですが、これは逆に目を小さく見せてしまうので、囲み目メイクはこの際卒業しましょう。

ペンシルタイプのウォータープルーフのアイライナーでインラインを描く時は、ネイビーブルーを選ぶと白目がキレイに見えるのでますます仕上がりがキレイになります。

上まつ毛の間を埋めるように上のラインを引いたら、下のラインは黒目の真下だけに粘膜ライン、つまりインラインを引きます。

こうすることで「縦」と「黒目」が強調されて、くりくりした丸目メイクになります。


5.仕上げのチークはラベンダーとピンクの中間色を選んで、あか抜けた印象に

チークの入れ方ひとつで丸目メイクの全体の印象が全く違ったものになります。

より可愛らしくさりげなく、今年らしい丸目メイクにするには、オレンジや赤よりもやや紫がかったピンクチークを使いましょう。

涙袋を作った真下、頬の一番高いところに大き目のブラシでたっぷりと粉を含ませ、かるく手の甲で粉を落として量を調整し、丸くクルクルとチークカラーをのせ、余った粉で鼻筋やあご先をサっとなぞると顔全体が明るく、華やかな印象になります。

つけまつ毛をつける時は、上まつ毛はクロスロングタイプのものを選びましょう。

色はブラウンにするとやりすぎない丸目メイクになります。

下まつげは目じりだけにポイントつけまつ毛をつけると、より目の丸さが引き立ちます。

色は上まつ毛と同じくブラウンで統一してもいいですし、黒を選んで2枚程度重ね付けするとたれ目っぽい印象になり、オススメです。

これで今年らしい丸目メイクの完成です。

「縦」と「黒目の強調」を意識して、ブラックとブラウンの2色を使い分け、インラインを引く時はネイビーをチョイスして、可能ならばカラコンでアクセントをつけてあなたらしい丸目メイクを楽しんでくださいね。