片目だけ二重な女性のアイメイク術。目元のバランスをとろう

最終更新日:2016年2月23日

片目だけ二重な女性の悩みといえば、目元のメイク術ではないでしょうか。
左右の目が与える印象がそれぞれに違いますから、左右で同じような塗り方をしているとアンバランスになってしまうのです。

つまり、今までのメイク術では、左右の目で印象が違うできばえになってしまうということですね。

このように左右の目にアンバランスなところが出ないように、メイクの工夫が必要になってきます。
そこで今回は、片目だけ二重な女性の悩みを解消するメイク術をご紹介します。

1.つけまつげを上手に活用してみよう

片目だけ二重の場合、左右の目元にアンバランスさを感じさせないメイク術が必要になります。
そのために、つけまつげを上手に活用してみましょう。

二重ではない方の自分のまつげに、ビューラー等でくるんと軽く外側へ丸くカーブをさせます。
つけまつげをつけた時の見た目の違和感が抑えられるように、自分のまつげにマスカラを少し塗りましょう。

つけまつげを1枚つけて、自然な感じに見えるように整えます。

もう1枚のつけまつげを、1枚目の位置よりも少し目尻寄りになるようにずらしてつけていきます。
2枚のつけまつげを整えると目元の印象が明るくなり、片目だけ二重の悩みを軽減できます。

つけまつげは1枚だけでも使えるものですし、ナチュラルメイクにぴったりですよね。
しかし、片目だけ二重の悩みを解消するためには、もう1枚…2枚目のつけまつげも上手に活用したいものです。


2.アイシャドウを上手に活用してみよう

片目だけ二重の場合、左右の目元を彩るアイシャドウを使ったメイク術に一工夫を加えましょう。
そのためには、アイシャドウの塗り方を左右で変える必要があります。

一重の方のまぶたに、目を開いた時にも塗った色が把握できるくらいの濃さで、上下広めにアイシャドウを塗ります。
塗った箇所のアイシャドウを自然な感じでぼかすために、指の腹かチップを使ってまぶたの上から下へ軽く動かします。

一重の目元メイクの仕上げは、1で使用するアイシャドウよりも濃いめのものを使い、目頭は細く、目の中央~目尻にかけて太く塗ると良いですね。
特に目頭~目尻まで細く塗っていくと良いでしょう。

全体的に、アイシャドウは一重の方は太め、あるいは、広めに塗るようにします。
同時に、二重の目元については、細めに塗るようにすると、左右の目に生じやすいアンバランスなメイクを防ぐことができるのです。

3.アイテープを上手に活用してみよう

片目だけ二重の場合、一重の方のまぶたにアイテープを使ことで左右のアンバランスさを整えます。
アイテープを使えば、左右の目元にある差に気を遣うことなく普段同様のメイクができるので便利ですよね。

アイテープの肌に触れない方についた汚れ等は、使用前にきちんと落としておきましょう。
まぶたが少し持ち上がった状態になりますから、二重のように目元がくっきりした印象を与えるのです。
アイテープの上も含めて、いつもどおりのメイクを行えば完成です。

直接、目元にアプローチするものではないので、安心ですね。
また、左右の目元があまり変わらなくなるため、通常通りのメイクで大丈夫というのが嬉しいことではないでしょうか。


4.アイプチを上手に活用してみよう

片目だけが二重の場合、一重のまぶた部分にアイプチを使うことで二重のまぶたにすることができます。
アイプチは糊みたいなものでが、それをまぶたの縁に使うことにより、人工的に二重を作り出すのです。

アイプチは糊状のものをつけることになるので、一度に多く使用すると、かえって使いにくい場合が生じます。

少量ずつ目頭のあたりから目尻に向けてのまぶたの縁にアイプチを塗っていきます。

二重の方の目元と一重の目元に違和感が出ないように、バランス調整を心がけて塗っていくと良いですね。

アイプチを使った片目だけ二重の場合のメイク術は、人工的に二重を作り出しますよね。
このような目元は、アイプチの糊付けが続いている場合だけになりますが、上手に且活用したいものです。

片目だけ二重な場合でも自分の目元にあったメイクで解消しよう

女性にとってのメイクは、まるでシンデレラのように美しい姿になれる魔法ですよね。
だからこそ、片目だけが二重であることについて悩みも、一工夫を加えたメイク術で乗り切りませんか。

今回は、つけまつげやアイシャドウ、アイテープやアイプチといったアイテムの使い方に工夫を凝らしたメイク術をご紹介しました。

片目だけが二重という状態も、人それぞれに違う目元によってより良いアプローチも違うかもしれません。
ですから、今回ご紹介した4パターンも含めて自分の目元に合うメイク術を試し、片目だけが二重という悩みを解消しましょう。