寄り目な女性のメイク術。寄り目に感じさせない化粧をしよう

最終更新日:2016年2月23日

寄り目であることを気にしている女性は、顔のパーツを真ん中一転に集中させないようなメイクをすることで、印象が大分違って見えます。
寄り目な女性は、どうしても顔のパーツが真ん中に集まって見えてしまうため、顔が濃く見えてしまったり、表情がきつそうに見えてしまったりすることがあります。

そこで、寄り目を感じさせないためにはどのようなメイクをしたら良いのかご紹介します。

1.チークを外側に広くぼかし入れる

寄り目を感じさせないためには、顔全体を「外側に広く見せる」というメイクが効果的です。
それによって、顔のパーツが一転に集中しているように見えなくなり、顔全体がバランス良く見えるようになるのです。

まず、チークの入れ方を一工夫します。

チークの色は、顔全体をふんわり見せてくれるピンクを使うと良いでしょう。

そしてそのチークを、頬骨から外に向かって丸く円を描くように、広めにぼかし入れます。

チークを狭い範囲にしか入れなかったり、内側にばかりチークを入れるようなメイクをしてしまったりすると、寄り目の印象が更に強調されてしまう結果になります。

オレンジや赤など、ビビッドな色のチークを使うと、顔全体が濃く見えてしまい、これも寄り目の印象を強くしてしまいます。

チークは、優しいピンクをふんわりと外側に広く、と意識してメイクしてみてください。


2.ダーク系の濃い色のアイシャドウを、目尻にしっかりと入れる

寄り目を感じさせないアイメイクで気をつけたいポイントは、「目尻に重点を置く」ということです。

目尻に重点を置くと、目が横に大きく見えるため、目が内側に寄っているようには見えなくなります。

そのためには、アイシャドウの入れ方をひと工夫しましょう。

ポイントとなるのは、「締めの色」と呼ばれているダーク系の濃い色のアイシャドウの入れ方です。
濃いブラウンやブラックのアイシャドウを入れる時、「目尻から、瞼の真ん中に向かってぼかし入れる」ということを意識してみてください。

普通ならアイシャドウは、目頭から目じりに向かって入れますが、これをあえて逆から行うことにより、「目尻部分を濃く、瞼の真ん中から目頭に向かっている部分は薄い」というグラデーションが出来上がります。

このグラデーションによって、目尻にポイントが置かれるようになり、寄り目がちな目を外に広く見せてくれます。

3.目尻を強調してくれるような付けまつ毛を付ける

目尻に印象を置くようにして寄り目を感じさせないようにするには、付けまつ毛も効果的です。

使う付けまつ毛のタイプは、「目尻にボリュームがあるタイプ」の付けまつ毛です。

目全体に着けるタイプでも良いですし、ハーフタイプのものを使っても大丈夫です。
使いやすいタイプを選んでください。

この付けまつ毛を、目尻からゆっくりと付けていってください。
付ける際、多少目よりも外側になっても構いません。

この付けまつ毛を使うことによって、目尻がより強調され、寄り目の印象は薄くなります。


4.目尻を強調させるような入れ方でアイラインを入れる

寄り目に見せないようにするために、アイラインも活躍してくれます。
アイラインを入れる際、「目尻にポイントを置く」ということを意識すると、寄り目の印象が消えます。

例えば、目の幅よりも少し長めにアイラインを入れても良いでしょう。

他にも目尻のラインを少し跳ね上げるようにアイラインを入れても、目尻の印象が強調されます。

更に、「目頭から瞼の真ん中までは細いラインを引き、目尻に行くにしたがってラインを太くする」というアイラインの入れ方もオススメです。

視線を目頭に集中させず、目尻にポイントを置くようにアイラインを入れることによって、寄り目のような印象ではなくなり、バランス良く目が大きく見えるようになります。

5.眉は目頭部分を薄めに仕上げる

眉と眉の間の距離が狭いと、寄り目の印象を強くしてしまいます。
そのため、寄り目に見せないように、眉と眉の間の距離を広くすることで、印象が変わってきます。

眉メイクをする前に、まずは毛抜きで眉を整えます。

眉頭部分の余分な眉は極力抜きます。
これによって、眉頭部分が少し薄くなるので、眉と眉の距離が広がります。

次に眉メイクです。
眉頭部分はあえて手を加えず、眉の真ん中から眉尻に向かっての部分のみ、メイクしていきます。

「元から眉頭部分の眉が濃い」という人は、眉尻を少し長めに描くことで、「顔パーツが顔の真ん中に集中しているように見える」ということが解消され、寄り目に見えなくなります。

寄り目な人は顔の外側に向かってメイクをしよう

寄り目の女性は、あえて「顔の外側に向かってポイントを置く」というメイクをすると、寄り目の印象がなくなってきます。

寄り目の人は、どうしても顔のパーツ全体が真ん中に集まって見えてしまうため、これを外側に向ける必要があるのです。

どのパーツのメイクをする際にも、「真ん中から外側に向かって」と意識すると良いでしょう。