無駄美人の特徴。美人なのにモテないのはなぜ?

最終更新日:2016年2月21日

あなたの周りに、美人なのに勿体ない。

と思ってしまう女性はいませんか?せっかく美人なのに、その素晴らしい外見を活かせず、全くモテない女性です。

そんな、無駄美人には、どんな特徴があるのでしょうか?

1.美人なのに笑顔がない

笑顔は、コミュニケーションの上でとても大切なことですよね。

だけど、無駄美人と呼ばれてしまう人は、笑顔が少なく無表情です。

顔の作りが奇麗だからこそ、余計に無表情は冷たく見えてしまいます。

美人故に、笑顔がないと「冷たい印象」「高飛車」「近寄りがたい」「何を考えているのかわからない」という印象を相手に与えてしまいます。

また、美人の無表情は、人を緊張させます。

やはり、女性に大切なのは愛嬌です。

笑顔が多い女性はモテるし、人間関係も円滑です。

美人の笑顔は周囲の空気を変えるほど魅力的なのに、無表情だなんて、宝の持ち腐れ、本当に勿体ないことです。


2.美人なのに、お笑い担当

女性からは人気が出るタイプですが、美人なのにお笑い担当の女性は残念ながらモテません。

男性は、女性に笑わせて欲しいと思っていません。

女性に笑ってほしいと思っているのです。

自分の言動で、美人が笑ってくれたら、男性は浮かれて夢中になります。

美人は、男性の横にいて、笑顔でいるだけで、心を掴むことができます。

それなのに、なぜかお笑い担当になってしまう美人。

美人は期待値が高いので、お笑い担当をしていると、そのギャップに男性は幻滅してしまいます。

このタイプの美人は、過去、同性から美人であるという理由だけで迫害を受けた経験を持つ人が多く、女性から嫌われないようにと、同性へ向けての気遣いが細やかで、空気を読む能力が高いです。

同じ女性同士の人間関係を上手に築く努力をした結果、美人の特権をなくしてしまった無駄美人です。

3.美人な上にオシャレスキルが高過ぎる

まるでファッション雑誌から飛び出してきたような、抜群にセンスの良い服を身につけ、しかも思わず振り向いてしまうような美人なのに、なぜかモテない女性がいます。

美人な上に、あまりにオシャレ過ぎて、男性が敬遠してしまいます。

美人故に、そこにセンスの良さが加わると、不必要に迫力まで出てしまいます。

男性は勝手に「俺なんか相手にされない」「自分は彼女に釣り合わない」と判断し、自分から近づこうとしてくれません。

その上、センスの良い誰もが値段のわかるようなブランド品を身につけていると、本人には全くそんなつもりはないのに「金のかかる女」と思われてしまいます。

男性だけではなく、同性の女性からも「あの人は特別」なんて思われて、一線を引かれてしまう事もあります。

美人こそ、ちょっとダサい部分をあえて見せて、隙を作らなければならないのです。


4.美人なのに黒い服ばかり着る

美人は何を着ても似合うものですが、男性は女性の雰囲気に騙される生き物です。

全身黒で、体のラインが全く見えないような服を着た美人より、白いフワフワニットに、やり過ぎないミニスカートとブーツを履いた普通の女性に目が行くものです。

どんなに美人でも、全身黒の服ばかり好んで着ている女性は、ひょっとしたら、男性からは美人と気づかれていない可能性すらあります。

美人はもちろん黒い服だって似合うし、着こなしてしまうのですが、そればかりというのは本当に勿体ないことです。

美人が無駄になってしまいます。

美人だからこそ、色々なジャンルのファッションを楽しんで欲しいです。

5.美人なのに不思議ちゃん

美人なのに、いざ話してみると、会話のキャッチボールができない。

こちらが言いたいことが伝わらない。

パッと見ではわからない独特な趣味趣向がある。

思考回路が男性の理解の域を超えている。

そんな美人なのに不思議ちゃんは、やっぱり男性からはモテない無駄美人です。

男性は、性格が悪くても、美人ならば案外受け入れられるものです。

性格が悪い美人とは、とりあえず、会話が成立するからです。

男性は、心のどこかで「美人だから許そう」と思ってしまうものです。

しかし、不思議ちゃんは、美人だろうが関係ありません。

理解不能な不思議ちゃん独特の世界に男性はついていけず、イライラしてしまいます。

どんなに美人でも、不思議ちゃんと接するのはストレスなので、結局離れてしまいます。


6.美人なのに超人見知り

人見知りではありません。

美人なのに、超人見知りは無駄美人です。

美人でちょっと人見知りは、むしろ美人の魅力を高めますし、近寄ってくる男の内面をじっくり見て判断するためにも、人見知りの要素は大切です。

だけど、これが超人見知りとなると、話は変わってきます。

話しかけても、うつむいて目を合わせてくれない、決して自分からは話しかけてこないどころか挨拶もしてくれない、誘っても100%断られる。

これでは、男性も挫けてしまいます。

しかも、美人なので、超人見知りということに気付かず、単に自分が嫌われているだけだと誤解してしまうかもしれません。

せっかく美人で、男性から誘われる機会が多くても、超人見知りで、まともに応じることができないまま「誘っても無駄な女性」というイメージが固定されてしまいます。

無駄美人から脱却しよう

男性と女性の視点は違うもので、男性からモテるかどうかは、美人かどうかよりも、男性にモテるための演出が上手かどうかに左右されます。

よって、演出上手な美人は最強なのですが、無駄美人は、美人という武器を打ち砕く程、男性が思わず引いてしまう特徴を持っているのです。

「私があの顔ならもっと上手くやるのに」と密かに思っている女性は多いかもしれませんね。