結婚願望があるのに結婚できない人の特徴。結婚したい気持ちが本当はウソなのかも

最終更新日:2016年5月1日

あなたの周りに「結婚したい」と本気でずっと思っていて、本人も頑張っているように見えるのに、なかなかご縁に恵まれないという人はいませんか?

あるいは、もしかしたら自分がそうだという人もいるかもしれませんね。

実は、結婚したいと強く望んでいるのにできない人には特徴があります。

1.理想が高い

結婚したいと本気で思っているのにできない人は、総じて理想が高いというのが特徴です。

自分に好意を抱いている男性がいたとしても、自分の条件に合わないと切り捨ててしまいます。

これでは、ご縁に恵まれないのも仕方ありません。

「結婚したいけど、そもそも恋愛対象になる男性が周囲にいない」というのは良く効く話ですが、恋愛市場、結婚市場は、自分と同レベルの異性が近づいてくるのが常です。

自分のことは棚に上げて、相手に高い理想ばかりを求める人は、どんなに強く結婚したいと望んでも、素敵だと思える男性と出会えず、結果、結婚が遠のいてしまいます。


2.結婚相手へ求めるものが漠然としている

理想が高い人は、自分の中に信念があります。

自分の理想を満たす相手が目の前に現れたら、成就するかどうかはさておき、自分から行動を起こすガッツがあります。

しかし、結婚したいと強く思っていても、自分はどんな相手と結婚したいのかを明確にイメージできていないケースがあります。

常に漠然と「素敵な人と出会いたい」と思っている場合、異性と出会う機会があっても「何となくしっくりこない」と素通りしてしまいます。

あるいは、お付き合いをしても「本当にこの人と結婚して良いのか」と決断できず、付き合いもあやふやな状態になってしまい、そのまま自然消滅してしまいます。

もし、相手が自分へ結婚の意思を伝えてきても、結婚へのイメージが漠然としているので決断できず、悩んでいる内に、相手が待ちきれず破局してしまうこともあります。

出会いがあり、恋人もいて、結婚願望もあるのに結婚できない人に多い特徴です。


3.奥手で受け身

結婚したいと思っているのに、奥手で受け身な人は、自分から行動を起こさないため、結婚は困難です。

結婚したいと思ったら、まずは恋人を探すことが先決ですが、奥手で受け身の人は、ここで待ちの体制に入ってしまいます。

自分から行動するのが恐い、もしくは面倒で、ひたすら相手からの告白を待っているのです。

運よく自分の恋愛対象にハマる異性から告白され、付き合いが始まり、この人と結婚したいと思ったとしても、今度は、相手が自分に結婚を申し込んでくるのをひたすら待ちます。

しかし、男性にとって結婚とは大きな責任を背負うのと同じこと。

相当の決意と相手への想いがあったとしても、女性からのアクションが皆無だと、男性もなかなか結婚への行動を起こせません。

結婚するためには、実は女性から男性へ積極的に行動することが必要です。

長年付き合っている恋人がいるのに、結局結婚に至らなかったというのは、良くある話ですが、女性が積極的だったら、話は変わっていたかもしれないのです。


4.親との関係が強すぎる

結婚したいのに、実家の居心地が良すぎて、結婚に踏み出せないパターンです。

結婚は、愛する相手と自分たちの家族を築き上げる素晴らしいことですが、結婚したら手放さなければならないこともあります。

それは、親に保護されていつまでも子供でいられる場所です。

大人になっても実家で両親に守られるように暮らし、食事も洗濯も掃除も全部親がやってくれ、家には自分だけの部屋があり、いくらでも寛げて自分の隙にできて、出かける際は親が車を出してくれ、働いて手に入れたお金は全て自分の為に使える。

こんな暮らしをしていると、結婚して今の環境を手放すことが惜しくなります。

結婚したら、相手には実家に来てもらって、両親と同居してほしいなんて考える人もいるでしょう。

そのため、出会いがあっても、自分と自分の両親を背負う相手ではないと、結婚には至りませ。

そもそも、実家にベッタリの関係を続けたいと思っていること人を、結婚相手に選びたいという人は少ないのです。


5.結婚することで生活をランクアップしようと考えている

理想が高いのと通じるところがありますが、結婚の目的を、相手との幸せな生活ではなく、今の自分からランクアップすることと考えているというのも、結婚できない人の特徴です。

このタイプは、自己中心的な人が多くなります。

何事も「自分は、自分が」です。

結婚に大切なのは、お互いを思いやり、協力して、話し合って、一緒に幸せになる道を探すこと。

相手に幸せにしてもらおうという考えが、間違いです。

結婚に自分の生活のランクアップを求める人は、恋人付き合いをしている時に、相手を値踏みします。

値踏みされているかどうかは相手にも伝わる事でしょう。

そして結局上手くいかないのです。

結婚に大切なのは、相手がどれだけ自分に尽くしてくれるかだけではなく、自分が相手の為にどれだけ頑張りたいと思えるかです。

そして、お互いに思い合うバランスが大切です。

結婚できない理由を知ろう

結婚は一人でするものではありません。

必ず相手がいて、二人の気持ちが通じ合い、一緒に人生を楽しもう、協力していこうという思いが重なった時に、結婚への道筋ができます。

結婚したいと本気で思っているのに結婚できない人には、まずは自分が大事という頑固さがあります。

もちろん、自分の気持ちを殺してまで相手に合わせる必要はありませんが、相手に何かあった時に、自分のことは後回しにしてでも助けたいというくらい強い気持ちが必要です。
参照:結婚できない女の特徴6個