おでこを広くする方法。狭いおでこを広く見せよう

最終更新日:2016年2月23日

顔のバランスの中で重要なのがおでこの広さですね。

おでこが広い場合なら生え際をメイクで埋めたり、前髪を長く、重くしておでこを隠すなどいろいろな方法を目にしますが、おでこが狭い場合はいったいどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回はおでこが狭い人が広くする方法をご紹介していきたいと思います。

1.メイクで広く見せる

まずは普段のメイクでおでこの狭さをカバーしてみましょう。

ひとつめは「おでこにマットなハイライトをいれる」です。

マットというのはパールやラメが入っていないことを表しています。

ハイライトでなくてもファンデーションよりワントーン明るいくらいのバウダーでも構いません。

おでこにハイライトを入れることで立体感を出すことできます。

立体感がでるとおでこが丸く見えておでこの狭さを軽減してくれると言われています。

次に、「眉を太くかきすぎず、眉山に角度をつけずにやや下にかく」という方法です。

最近は太目の眉毛がはやりですが、おでこが狭い方が太い眉毛にしすぎると眉毛がおでこの面積を小さくみせてしまい気になるせまいおでこが目立ってしまいます。

ですからおでこが狭いことをカバーしたい場合は眉毛をかくときはほどほどの太さにしましょう。

眉山の角度に関しても眉の太さと同じで、眉山を高い位置に設定してしまうと眉毛がおでこの面積を小さく見せてしまうためにおでこが狭い方にはおススメできません。

ですので眉山の角度をやさしく流すようにかくようにしましょう。

そして最後に「えらから顎にかけてシェーディングをを入れる」です。

シェーディングというのはハイライトの逆で肌よりワントーン暗い色を入れることによって細く・小さく見せるもののことを表しています。

なぜ、えら・あごにかけてシェーディングするかと申しますと、おでこの狭い方には顔の下半分の面積の方が大きいという特徴が多いと言われているからです。

ですから顔の下側(えら・あご)などの面積を小さく見せることでおでこが狭いのをカバーできるのです。

ただし、顔の下側の面積も小さい・狭い方はやりすぎるとバランスが崩れてしまうので控えたほうがいいかもしれません。

以上この三つのメイク法でおでこの狭さを物理的には変えられませんが狭さをカバーして見せることができるのでまずはためしてみてはいかがでしょうか。


2.髪型で狭く見せる

おでこの狭さをカバーするためにはヘアアレンジで工夫する方法があります。

ひとつめは「前髪を斜めに流す」です。

前髪を斜めに流すとおでこの長さが明確に見えないためにおでこの狭さをカバーでき、前髪の毛量によってはおでこを広く見せることもできます。

モデルのローラさんなども狭いおでこを斜め前髪でカバーしている様子が多いようです。

次に「前髪を立てる」です。

たてるといってもモデルの中村アンさんのような長い前髪を自然に立ち上げる前髪です。

前髪にボリュームが出るとおでこが縦に広く見えるほか、立ち上がった前髪が左右どちらかに流れるとおでこの半分を隠すため全体の広さもカバーすることができます。

さいごに「オールバックにする」です。

一見、おでこが狭いとおでこがコンプレックスで隠したくなる方が多いのですが、おでこが狭い場合「オールバック」にして包み隠さずに出すことで、顔全体が小さく見えると言われています。

おでこの狭い芸能人でいうとモデルの山田優さん。

彼女はおでこが狭めですがオールバックにしている写真が多くあります。

それを見てみるとオールバックにしているほうがおでこの狭さが気にならないのがわかりますね。

このように髪型を工夫することでおでこの狭さをカバーしたり、おでこを広く見せたりすることができるのでメイクと合わせて挑戦してみてはいかがでしょうか。


3.脱毛する

おでこを物理的に広くする方法としては「おでこを脱毛する」というものがあります。

生え際を脱毛することでおでこを広くしてしまうのです。

多くのサロンや美容整形外科で施術することができ、おでこを理想の形に広げることができるようです。

ネットでは自宅で脱毛を剃刀や脱毛クリームなどで行う人も多いようですのですが、おでこは万が一傷つけてしまうと血が多く出たりしてとても危険ですので専門のサロンや美容整形外科で施術を受けることをおススメします。

メイクや髪型で工夫してもどうしてもおでこが狭いことが気になる方は思い切っておでこを物理的に広くしてしまう「脱毛」を選択してみるというのもアリかもしれませんよ。

おでこを広く見せる方法はいくらでもある

以上、3つの方法をご紹介しました。

おでこを物理的に広くするためには「脱毛」をする方法しかないようですが、メイクやヘアアレンジでも十分におでこを広くみせることができるようです。

一番大事なことは自分の個性を好きになること、おでこが狭くて悩んでいるときはまずは自分で狭いおでこを可愛くみせる、広くみせる、目立たなくするメイクやヘアアレンジを見つけてみて自分自身を好きになるほうがいいのかもしれません。