ファンデで皮脂が浮く時の対処法。メイク落ちを防ごう

最終更新日:2016年2月23日

季節によってファッションを変えるように、メイクや髪型も変化しますよね。

しかしファンデーションはどうでしょうか。

つい夏用ファンデを冬に使っていたり、その逆もあったりしませんか。

今回は、ファンデーションが皮脂で浮く時の対処法をご紹介します。

1.季節用のファンデに使い分ける

毎日ファンデーションを使っていても、シーズン事に買い換えてしまうと大きな出費になってしまいますよね。

しかし、肌のことを考えたら使い分けたほうが良いでしょう。

夏用のファンでは皮脂の吸収を抑えたり、UV対策がされている物が比較的多くなっています。

それらを冬に使ってしまうと、本来肌に必要な皮脂まで吸収されてしまい、結果乾燥肌になってしまうことがあります。

皮脂が浮き出てしまう原因のひとつに、実は乾燥肌があるんです。

乾燥を保護しようと、余計に皮脂が分泌されてしまいます。

その結果、ファンデーションが浮いてしまいます。

冬用のファンデには保湿効果がある物も多いですが、日頃からファンデが浮いてしまうような方は、むやみに皮脂を吸収するようなファンデを使わないように注意してみてくださいね。


2.皮脂を吸収するファンデーションを使う

先ほどと矛盾していますが、肌の状態によって皮脂を吸収するファンデは非常にオススメです。

乾燥肌の人は控えた方が良いですが、乾燥ではなく単純に皮脂の分泌が多い人には使い心地の良いファンデではないでしょうか。

皮脂を吸収するとベタつくようなイメージですが、しっとりと柔らかい肌質を保ってくれるのが魅力的です。

特に小鼻やTゾーンなど、皮脂が浮く場所だけファンデーションを変えてみたりするだけで、1日のメイクの持ちが変わるかもしれません。

注意してほしいのは、ファンデーションの厚塗りをしないことです。

厚塗りすると皮脂でドロドロになってしまうので、肌にササっとファンデを乗せるようにしましょう。

お金に余裕がある方は、百貨店などに入っている化粧品メーカーのファンデーションを使ってみるのもオススメです。

肌質に合うよう、たくさんの種類のファンデーションが販売されています。

3.あぶら取り紙で皮脂をとる

顔の皮脂をとるのに便利なあぶら取り紙はすぐに実践することができます。

優しく肌に乗せ、擦らずに皮脂を取り除くようにしましょう。

あまり皮脂をとりすぎると、乾燥の原因にもなってしまうので、あぶら取り紙を使った後は軽く保湿するのも大切です。

せっかく皮脂をとったあとなのに保湿するのは、と抵抗感がありますが、手のひらに化粧水をなじませ、顔全体をおさえるだけで十分です。

また、あぶら取り紙ではなくティッシュで皮脂を取り除くのもオススメです。

あぶら取り紙より柔らかい素材なので、肌に負担をかけることなく使えます。

ティッシュでも肌を擦ったりしないようにしてくださいね。


4.メイク前の一手間が大切

メイクするとき、簡単な保湿や適当な下地で済ませてはいませんか?メイク前の一手間で、ファンデーションが浮いてしまうのを改善することができますよ。

まずはしっかり保湿しましょう。

化粧水を肌に馴染ませるために、手のひらでしっかり顔を包み込んでください。

乾燥が気になる場合は、乳液やクリームも同様に馴染ませましょう。

浸透したと思ったら、化粧下地を適量ぬります。

塗り終えたら、一度顔全体にティッシュを乗せ、余分な下地を吸収させます。

これだけでもメイクのノリは変わってきます。

特に皮脂の分泌が気になる箇所は、きちんと吸収させましょう。

その後、ファンデーションを軽く塗るだけで十分です。

忙しい朝にひとまず塗りこんだだけのファンデーションとでは、大きな違いが実感できるはずです。

是非試してみてくださいね。

5.食生活を見直す

いくらケアしても乾燥肌の人は、食生活に原因があります。

甘いものや脂っこいものばかり食べていると、肌が乾燥しやすいとも言われています。

皮脂が出やすいのは乾燥肌でもありえるので、もし偏った食生活をしている場合は注意が必要です。

また、皮脂が出やすい人も同様です。

アルコールやじゃがいもなどには、皮脂が分泌されやすい栄養素が含まれて居ます。

これらを好んでいる方は少し控えてみると、肌に変化があります。

ビタミンは肌の健康を守るだけではなく、皮脂の分泌を抑える作用もあるので、意識して摂取すると良いかもしれませんね。

食生活を気にするだけでも、皮脂の分泌を抑えるだけでなく、肌のキメやつやなども改善されていくので一石二鳥ですよ。

ファンデが浮くのを防ごう

今すぐ出来る対策から、日常生活において気をつけるべき点をまとめてみました。

肌は体質だから仕方が無い、と諦めていた方も、ちょっとした工夫や意識を変えるだけで、理想の肌を手に入れる事ができるかもしれません。

面倒くさいかもしれませんが、地道に続けていけば、美肌になること間違いなしですね。