透明感がある女性になる方法

最終更新日:2016年2月23日

「透明感」は男性からかなり好評な女性の特徴ですね。

例えば女優の綾瀬はるかさんのような透明感に溢れた女性は男性が「付き合いたい」「結婚したい」と感じるのは知っての通りかと思います。

なので是非その透明感を手に入れたいものですよね。

そこで今回は透明感がある女性になる方法をご紹介します。

1.肌を美白・キレイにする

透明感と言えば、真っ白な透き通るような肌と言ってもいいぐらいに大事な「肌」ですよね。

例えば、朝ドラのヒロインに感じる太陽に反射するような真っ白な肌、綾瀬はるかさんや能年玲奈さんなど透明感があるとされる芸能人の肌は恐ろしく白くってキレイですよね。

なので、透明感を出したいのならお肌のケアをまず行ってみましょう。

まずは保湿。

肌のケアは保湿から始まってもいいというくらい大事な保湿ですが、正しい洗顔方法でお肌を清潔にしたらたっぷりと保湿を行ってシミ・シワ・くすみなど透明感を邪魔するものを撃退してしまいましょう。

また、注意してほしいのは「紫外線」です。

紫外線は主に夏にピークになって日焼けをしてしまうと肌が小麦色になってシミ・シワの原因になってしまいます。

多くの人が夏は日焼け止めを塗る、というのですが紫外線は一年中降り注いでいます。

そのため日焼け止めを塗らない日に浴びた紫外線が蓄積されてシミ・シワを引き起こしてしまうのです。

日焼け止めは毎日の習慣にして、できるだけ日傘や帽子などを使用し、自宅に居ても毎朝日焼け止めは塗り、こまめに塗りなおすというような習慣をつけましょう。

そうすると色白な女優さんのような透明感あふれる美白肌に近づけるかもしれません。


2.歯を清潔に

透明感に大事なのは「清潔感」です。

透けてみえそうなほどあふれる透明感の中で歯が黄色かったり、口が汚かったりするのはNGと言っていいでしょう。

そのため透明感を出したい場合は口元、特に歯を清潔にすることです。

歯並びに関しては日本ではある程度乱れていても「愛嬌があって可愛い」とされているので無理やり矯正して直す必要はないでしょう。

その代りに、歯の白さや口臭に気を付けるなどの清潔さを保つことをオススメします。

歯磨きを一日三回欠かさずにしたり、月に二回は歯医者やクリニックでホワイトニングをするなどして歯を清潔に白く保ちましょう。

また口臭に関しては寝る前にブレスケア商品を飲んでおいたり、歯磨きガムやミントなどを常備しておくだけで常に清潔な息を保つことができるので挑戦してみてはいかがでしょうか。


3.髪は黒髪でさらさら

透明感のある芸能人に共通して言えるのは「黒髪」でしょう。

例えば、有村架純さんや能年玲奈さんなど黒髪でさらさらヘアの人が「透明感」を醸し出しているようです。

そのため、金髪だったりパーマをかけていたり、普段は必ず巻いているという人は髪のトーンを落として黒髪に近づけ、できるだけ自然のままの髪にしてみましょう。

そこで大事になってくるのが髪の美しさです。

髪がいくら黒髪でもバサバサしていたりキューティクルがなかったりするとだらしなくなってしまったりダサくなってしまったりしてしまうので髪のケアを行いましょう。

髪の毛をサラサラにするコツは、正しいシャンプーの仕方と乾かし方です。

シャンプーの仕方や乾かし方を指南してもらうのに一番いいのは「美容院」で美容師さんに聞くこと。

美容院に行ったときに相談して自分にあったシャンプーやおススめのシャンプーを聞いたりより効果的な洗い方、トリートメントの仕方、髪を傷めない乾かし方などをアドバイスしてもらいましょう。

美容院に行く前で簡単にできる髪のケアでオススメなのが、洗髪後のタオルドライのあと「洗い流さないトリートメント」を塗ってからドライヤーすることです。

トリートメントがドライヤーの熱から髪を守り、ドライヤーの熱でトリートメントが浸透するので、髪がいつもよりさらさらとしてくれます。


4.ナチュラルメイクにする

肌・髪などのケアを行って成果が出てきたときにそれを最大限に生かしてくれるのが「ナチュラルメイク」です。

肌がせっかくキレイなのに肌にファンデーションを厚塗りしたり、下品に見えるようなメイクではせっかくの透明感も台無しに…。

確かに、透明感のあるとされる芸能人たちはみなナチュラルメイクですよね。

透明感は、肌に何も塗っていない飾らない少女のようなイメージですのでできるだけ、つけまつげやカラーコンタクトなどはナチュラルなものにするか避けたほうがいいでしょう。

また、リップの色も色づきの薄い唇の色を活かすようなピンク色などにすればさらに透明感を演出できるのかもしれません。


5.清楚に、でも明るく振舞う

透明感は無邪気な少女のような笑顔からも感じ取れます。

ですが、気を付けてほしいのは下品にならないことです。

肌の露出をし過ぎたり、振る舞いが下品だとせっかくの透明感も台無しになってしまいます。

ですからあくまでも下品にならないように清楚なイメージを忘れずに明るく振舞ってみましょう。

透明感溢れる女性になろう

以上、透明感を出す5つの方法をご紹介しました。

透明感を出すためには素材を磨くことから始める必要がありそうです。

普段からの肌や髪のケアをしていれば、厚いメイクや髪型で飾らなくても自信をもって外に出ることができるようになって、透明感溢れる女性になれるのかもしれません。