オフィスでキレイな女性だと思われる方法。職場のマドンナになろう

最終更新日:2016年2月14日

オフィスでキレイな人というのはどんな人でしょうか?容姿が美しい人でしょうか?いいえ、違います。

容姿だけでは「顔だけ」と思われてしまうかもしれません。

それでは、オフィスでキレイだと思われるにはどうしたらいいのでしょうか。

オフィスで周囲にキレイだと思わせる方法をこれからご紹介します。

1.身だしなみは清潔感がポイント

オフィスによっては服装は自由であったりカジュアルでも問題がないかもしれません。

だからといって、どんな服装をしてもいいわけではありません。

どんなに美人でも服装が乱れていたり髪がボサボサでは、せっかくの魅力が台無しです。

社会人としての自覚も問われるでしょう。

逆に、いつも身だしなみに気をつけているだけで「さわやか」「清潔」「社会人としてのルールを理解している」といった好印象を持ってもらえます。

難しく考えなくても、しわのない服を着たり、長い髪は束ねたりと簡単なことを心がけるだけでも違います。

ちなみに、香水は業種によってはNGです。

自分の勤めている場所にふさわしいかを考えて香水をつけましょう。

香水は香りが少しする程度が上品で、TPOを意識することが大切です。


2.言葉づかいは正しく、丁寧に

日本語を正しく使いこなすことは、なかなか難しいものです。

けれども、その日本語を正しく使うことができていれば周りからの評価は上がるでしょう。

例えば「恐れ入ります」「かしこまりました」が直ぐに言える人に対しては、美しい日本語を使うことができていると感じます。

そして「ですます」口調が身についていれば、いつも美しい日本語を話している人だという印象になります。

美しい言葉づかいが、話している人の印象も「キレイな人」にします。

正しい日本語を話すことは大変ですが、まずは「ですます」口調で自然に話すことから始めてはいかがでしょうか。

3.周りにさりげなく気配りをする

いつも自分のことしか考えていない人が周りにいた場合、あなたはその人のことをキレイだと思えますか?恐らく、大半の人が「No」ではないでしょうか。

それは、どんなに美人だったとしても、行動が美しくないからです。

逆に、周りの人のことを自然に気遣うことができる人がいたら、ステキだと思いませんか?さりげなく体調を気遣ってもらえたり、落ち込んでいるときにタイミング良く励ましてもらえたら嬉しいと思う人が多いでしょう。

そして、その行動は美しいです。

自分の周りの気配りができる人を探し、できることからマネしてみましょう。

あくまでも「さりげない」気配りがポイントです。


4.礼儀作法マナーを身につける

社会人になると、学生のときにはなかった礼儀作法やマナーを求められることが多くなります。

避けて通ることができればいいのですが、残念ながらそれはできません。

結婚式や葬式といった冠婚葬祭は、誰もが経験します。

職場の冠婚葬祭に出席することもあります。

そんなとき、慣れていないために緊張したり作法を間違えてしまうことがあります。

しかし、普段から礼儀作法やマナーを身につけていれば、急な冠婚葬祭で困ることもありません。

落ち着いた美しい所作となり、周りからは感心されるでしょう。

礼儀作法やマナーを身につけることは簡単ではないですが、できていると際立ちます。

5.キレイに食事をする

職場の人と一緒に食事をするときもあると思いますが、意外と箸の使い方や食事の仕方は見られています。

特に年上の人ほど見ている傾向があります。

それは、食事の仕方で育ちの良さが分かるからです。

ということは、食事の仕方がキレイであれば周りの人からの好印象は間違いありません。

そのためには、自分の食べ方の癖を知り、正しい食べ方を身につけましょう。

食事は毎日のことなので、自分がどうやって食事をしているかは普段は関心がないかもしれません。

でも、家で食べているときにどんな食べ方をしているか気をつけてみましょう。

特に、焼き魚や煮魚は食べ方が難しいので、家で食べるときにキレイに食べる工夫をしてみるのもいいのではないでしょうか。


6.美しい姿勢を心がける

仕事でパソコンを使う機会は多いと思いますが、そのときのあなたの姿勢はどうですか?つい、前かがみになったり猫背になったりしていませんか?

真剣に仕事に取り組んでいるのはよく分かりますが、他の人から見たらどうでしょうか。

お世辞にもステキとは言えません。

日本の茶道が美しく感じるのは、洗練された所作はもちろんですが、どんなときも姿勢が美しいからではないでしょうか。

美しい姿勢というのは、それだけ人をステキに見せます。

少し意識するだけで誰でも実践できます。

また、姿勢がいいとダイエット効果があるとも言われているので一石二鳥です。

ぜひ、美しい姿勢を心がけてみてください。

7.身の周りの整理整頓をし、美しく

例えば、資料や文房具などで山積みになったゴチャゴチャした机がオフィスにあったとします。

あなたなら、その机を見てどう思いますか?どんなに物が多くても整理整頓されていれば問題ないですが、ゴチャゴチャしていると良い印象はなかなか持てないのではないでしょうか。

そして、そのゴチャゴチャした机を使っている人に対しても良い印象を持ちづらくなってしまいます。

スッキリした机であれば、見ている人も気持ちがよく、さわやかに感じます。

その机を使っている人にも同じ印象を持つでしょう。

オフィスに自分の机やロッカーがあったとしても、自分の部屋ではありません。

自分にとっても周りにとっても仕事がしやすい環境をいつも整えることが大切です。


8.明るく挨拶をする

オフィスに着いたときに同僚から沈んだ声で「おはよう」と言われたらどうでしょう。

何があったのか心配してしまいますよね。

そういう日もたまにはあるかもしれませんが、毎日だと聞いているほうまで気分が沈んでしまいます。

子どものように大きな声で元気よくとは言いませんが、明るい声で挨拶をしましょう。

挨拶が明るいと、相手の気分も明るくします。

そして、明るい声を出すときは表情も自然と明るくなるので、相手に自分のキレイな表情を見てもらうことができます。

どんなに美人だったとしても、いつも暗い表情では美人には見えません。

表情がイキイキとしているからキレイに見えるのです。

いつもイキイキとした表情はできなくても、明るく挨拶をすれば自然とイキイキとします。

職場でキレイな女性と思われよう

オフィスでのキレイな人は、容姿よりも行動が美しい人がキレイな人だと言えるでしょう。

それは、人間的な魅力にもつながります。

ここで紹介したことは、誰でも簡単に取り組める方法でお金もかかりません。

それでも、全てをできる人はなかなかいません。

例え1つでも毎日続けることができれば、キレイな人です。