職場の飲み会をポジティブに割り切って楽しむ方法

最終更新日:2015年6月25日

今の時期、皆さんの職場でも「暑気払い」として飲み会が開かれる機会があるのではないでしょうか。

暑気払いはなくとも、年末年始、歓迎会や送別会など職場の飲み会の場は一年を通していくつか必ずあるかと思います。

しかし、メンバーやその時の雰囲気によってはつまらないと思う事もしばしば。

そんな気持ちを切り替えて、ポジティブにとらえるようになる方法をご紹介します。

1.美味しい料理を目的にする

飲み会によってはなんだか盛り上がりが欠け、話も続かない時がありますね。

そんな時は、美味しい料理を食べに来ていると考えを切り替えて、料理を飲み会の目的にしてはいかがでしょうか。

例えば、メニューから自分の好きな物を選んで注文したり、珍しいメニューを探して店員さんにどんなものなのか話しかけて聞いてみたり、あるいは大皿を頼んでみんなでシェアしたりとメニューを中心にコミュニケーションを取るこが出来ますよね。

コミュニケーションが少しでも取りやすいとその場の雰囲気も良くなるはずです。

その為には、自分の好きな物をオーダーしたら他の人の好きなメニューを一緒にオーダーしようと心掛けると、周りにも配慮できる人だと思ってもらえるかもしれません。

料理も楽しんで、周りからも良く思われてこれは一石二鳥ですね。


2.お酒を中心に会話をすすめる

料理を楽しむのも一つの方法ですが、「飲み会」なんだしお酒を楽しみたいという女性も多いと思います。

そんな方は、お酒を中心に会話をしたりコミュニケーションを取る方法はいかがでしょうか。

最初の1、2杯はビールかもしれませんがその後からは自分のペースでオーダーが出来る場合は、やはり自分の好きなお酒を頼みつつ、普段は何を飲むの?

こういうお酒知ってる?などお酒を中心に会話をしてみましょう。

普段、職場内ではなかなか聞けない好きなお酒の話や酔っ払って失敗した時の話などで盛り上がる事もあります。

会話が苦手な人も、共通の話題があると盛り上がって話が出来るようになりますので、この方法もオススメです。


3.飲み会も仕事の一部だと割り切る

飲み会に参加するメンバーによっては、あまり普段から仲が良くないメンバーもいるかもしれません。

あるいは苦手な上司も参加するでしょう。

メンバーによっては初めから気のりしない場合もあるかもしれませんが、飲み会も仕事の一部だと思えばポジティブに捉えるようになると思います。

仕事の一部だと考えたら、毎日職場内で行っている気づかいも出来ますし、程良い緊張感もありま。

仕事を離れた時の素の自分を出さなくても飲み会は乗り切れるはずです。

仕事の一部だと考えると、素の自分ならしないお酌や必要以上の気づかいが出来ると思いますがいかがでしょうか。

つまらない飲み会をポジティブに捉える為には、この飲み会はプライベートな時間ではなく仕事として拘束されている時間だと考えを切り替える事も大事ですよ。


4.みんなの趣味を知って情報収集と割り切る

飲み会がつまらないと思うのは、話が盛り上がらなかったりするからでしょうか。

だとしたら、それぞれが話すことのできる趣味の話を聞くのはいかがでしょうか。

他人の趣味に興味がないかもしれませんが、自分の好きな事を聞かれて嫌な気持ちになる人はあまりいないと思いますし、自分の好きなことですので話べたな人でもどんどん話してくれます。

そして、それぞれに聞いていくと、お互い同じ趣味の人達が見つかる場合もありますので、そこでさらにコミュニケーションが取れるでしょう。

中には無趣味で困っている人がいるとしたら、みんなの趣味を参考にしようよと声をかけても良いですよね。

そして、話してる人に趣味について質問をしてみるとよりその場が盛り上がるでしょう。

人が好きな事を話す時は、本当に楽しそうに話すものですので飲み会の雰囲気もきっと明るくなると思います。


5.自分がリードする気持ちを持ちましょう

会話が途切れてしまった、沈黙があるなぁと思った時は自分がその場をリードするようにするのも良いかもしれません。

先に申し上げたようにメニューについて話してみるとかお酒の話をしたりなど、小さい事でも良いので話題を探しましょう。

また、これが歓迎会や送別会であるとしたら主役の人に気を使わせない気づかいや雰囲気作りも自分からすすんで行いましょう。

すると、いつの間にか自分のペースで飲み会が進んでいきますので楽しい時間になると思います。

ただあまりお節介になるといけませんのである程度の節度は必要ですが、話題は自ら進んで提供してみましょう。

飲み会の雰囲気がポジティブに変わるはずです。

逃げられない職場の飲み会なら割り切って楽しもう

せっかくの飲み会という機会です。

つまらないと思ってしまうのは勿体ないですので、飲み会は仕事の一部であると考えを切り替えたり、みんなとのコミュニケーションを取る場、美味しい料理とお酒を愉しむ場所として前向きに捉えていきましょう。

是非、この夏の飲み会がつまらないと思ってしまったらこの5つを実践してみてくださいね。