職場で同僚男性をドキッとさせる仕草。社内でモテる女性になろう

最終更新日:2016年1月13日

職場だからこそふとした仕草に異性を感じてドキッとしたり、男性には無い優しさに心を癒されたりすると、殺伐としていた気持ちも思わず晴れて来たりするものです。

そんな職場における女性の仕草にはどういったものがあるのでしょうか。

1.何気無いことに感謝する

仕事をこなしていく上で、自分1人だけでは上手く進めることができず、周りに協力を仰いだりすることは通例の流れです。

特に同僚の間柄だとお互いに得意なスキルを把握できているので、気兼ねすることなく仕事の助言やヘルプを頼んだり、あるいは頼まれたりすることも多いでしょう。

そんな特に気にもとめずに手伝ってあげた仕事に関して、同僚の女性から感謝の一言があると男性はとても喜びます。

男性は女性を守るもの、いう本能を持っているので、自分が役に立ったことを言葉や態度で分かりやすく感謝されると、その男としての心理が満たされるからです。

そして感謝された男性は、その後もその女性を守って上げようと手間を惜しまなくなるものです。


2.一緒に喜ぶ

仕事というのは色々な苦労を重ねながら、日々取り組んでいくものです。

そんな努力の結果によって大きな成果をなし得た時、その喜びや満足感はひとしおです。

そのタイミングで、同僚の女性が自分のことのように喜んでくれたり、あるいは褒め称えてくれたりすると、男性は嬉しい気持ちがぐっと増すと共に大きな自信さえ手にすることがあります。

自分が導いた結果に関して、女性と気持ちを共有できたと感じ、自分の行動が間違っていなかったと確信できるためです。

更に、取り組んだ事の具体的な内容、苦労した点やこれからの展望などについて女性から言及してもらえると、仕事仲間としての絆も深まり、より親密な関係を築くことができるでしょう。


3.外観の違いに気付く

髪型を変えたりメイクを変えたり、そんな違いに男性が気付いてくれることは、女性にとっては嬉しいもの。

これは男性にとっても同じです。

新しいスーツを着て来たり、メガネを変えたりした時に同僚の女性が気付いてくれるとやっぱり嬉しいものです。

女性の心理と同様に、普段から自分のことを気にしてくれているんだ、と感じるためです。

仕事をする場所とはいえ、職場は少なからず自分のファッションセンスを披露する場でもあります。

女性が職場にいる場合、その意識は更に大きくなります。

男性なりに考えて自分の外観を変えたことに対して同僚の女性が気付いてあげることで、男性はより身なりに気を配るようになっていくはずです。


4.甘える

女性から甘えられることに関して、男性はとても弱いものです。

この甘えるという仕草は、ある意味女性の特権とも言えるでしょう。

これは職場においても威力を発揮します。

同僚の女性から仕事をお願いされる場合などでも、甘えたような表情で頼まれると男性としては無下には断れなくなってしまいます。

また、気持ちが緩んでいる雑談の場や飲み会の場などで同僚の女性から甘えられると、男性の表情は崩れっぱなしになるはずです。

ただ、あまり行き過ぎた態度をとったり頻繁に甘えたりすると、他の女性社員から白い目で見られることになるので注意が必要です。


5.少女っぽい仕草をする

立派な大人でもある職場の女性が、ふと少女のような仕草をすると男性はついつい微笑んでしまいます。

ペロッと舌を出してみたり、頬っぺたを膨らませて怒ってみたり、足をバタバタさせていじけてみたり。

特に緊張感のある中でそういった仕草を嫌味なくされると、場の雰囲気も和んで明るくなるほどの効果まであります。

これは子供ではなく大人の女性がすることで、普段の職場では表に出ない女性の可愛らしい印象を周りに与えることができているのです。


6.さり気ないボディタッチ

セクハラという単語が職場に広がってから、男性は同僚の女性に対しても言葉や行動に気を遣うようになっています。

そんな中、女性の方からさり気なくボディタッチをされると、男性はドキッとすると共に一気にその女性との親近感が増すものです。

例えば男性のスーツの裾を引っ張ったり、背中を優しくさすってみたり、握手を求めたりするだけで、男性は意外なほど心が緩みます。

単純に異性と触れ合うことに関して、嫌がる男性はいないからです。

更に、スキンシップ効果で男性に安心感を与えることも可能です。

また、あからさまなボディタッチもたまには良いですが、さり気なくするボディタッチの方が、より男性をドキッとさせる効果は大きいと言えるでしょう。

職場で同僚をドキッとさせよう

男性としては、男女の違いに関係なく、職場の同僚に対しては仕事上公平に接しなければいけないと考えているものです。

でもその理性的な考え方は、裏を返せば異性としての存在を女性の同僚に感じているからに他なりません。

同僚という仕事仲間としての付き合いの中で、ふとした事で女性らしさを垣間見せられた時、男性は異性であったことを瞬時に再認識してドキッとしてしまうものです。