職場で自分に好意を持つ男性がする行動。好きだと思われてることを気づこう

最終更新日:2015年5月11日

男女が出会うきっかけが現在多様化されている中、「職場」もその選択肢の1つとして認められています。
昔は職場恋愛が禁止の会社も多かった時代も近年では女性の社会進出とともに職場恋愛を応援している企業もあるほど「出会いのきかっけ」になっているのです。

気がつくと、普段は意識していなかった男性社員の行動が「なんだかいつもと違うかも?」と思う瞬間を感じたことがある働く女性も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに好意をもっている職場の男性がとりがちな行動をまとめてみました。

1.前を通るたびにこちらを見る

オフィスでコピーを取りに行く時、デスクの前を通り過ぎる時、デスクを片付ける時などチラチラと視線を感じることがあれば、あなたに好意を感じている男性が本能的に反応しているでしょう。

本人は意識していないことが多いですが、男性は気になる女性をついつい視線で追いかけてしまうのです。

見られている、と感じた時にわざと目を合わせてみてください。

もし、そらすような仕草をするようでしたら、かなりあなたに気がある様子です。


2.ランチや食事に誘ってくる

特段仕事の絡みがない関係でも、「いつもランチどこ行ってるんですか?近くに美味しいお店あるんで一緒にいきましょう」なんて誘ってくる男性社員がいれば、あなたに好意を寄せているようです。

社内では周りの目も気になるのでなかなか話にくく、きっかけや接点を探しているので、2人きりで話をする機会をつくりたいのでしょう。

だから、ランチや食事に誘われたらあなたに好意を持っている可能性が高いと言えます。

好意がない相手とはご飯を一緒に食べても美味しくないですよね。

さらにランチ代、食事代を出してくれる男性は脈アリと言えるでしょう。

3.プライベートの話を聞いてくる

「休みの日は何しているの?」「彼氏とデート?」などと、もろにプライベートの話を聞いてくる男性社員はきっとあなたのことが気になっているご様子です。

あなたも逆に気になる人がいたら、プライベートが気になりますよね。

要はそれと同じです。
まずは職場の人という関係性から、友達などプライベートでも付き合える仲になろうと頑張っているのです。


4.困っているときに助けてくれる

あなたに好意を持っている男性社員は、重い荷物が届いた時や、パソコンの使い方や書類の書き方が分からない時にはいつも我先に助けてくれるはずです。

男性ならいつでもかっこいい自分を見せたいはずです。

そういう意味では職場とはとても好都合な場所と言えるでしょう。

男性としては、手柄を立てることで、頼りになるところをアピールしたいのです。

5.明らかに他の社員との扱いが違う

好意を持っている人には誰だって特別扱いしたいもの。

明らかに他の社員よりも優しくしてくれたり、困っているときに1番に助けてくれたりといった行動が目につくようでしたら、それはあなたに好意を持っているというサインです。

話し方や、声のトーンなどが違うなど、よく見られたいという願望があることが表れている行動です。


6.気がつくと近くにいる

気になる人の近くにいたいと思う心理から、あなたの周囲の1メートル以内に入ってくる人はだいたい脈アリと言えるでしょう。

飲み会の時、会議の時などチャンスをうかがってはいつもあなたの隣の席を確保する男性がいればあなたのことを相当気になっているはずです。

何かの拍子に事故的にボディタッチできるかもしれないという本能も働いているのでしょう。

7.休みの日も連絡が来る

普段もちろん他の社員とは休日に連絡をとることはあまりないはずですが、あなたに好意のある男性社員は休みの日もどうやらあなたのことが気になるようです。

仕事のことを装って連絡してみたり、「飲みに行かない?」などとあからさまに誘われた場合は、あなたのことがかなりお気に入りのようです。

あなた自身も好意のあるのであれば、積極的になっても良いかのしれませんが、迷惑を感じた場合は丁重にお断りしましょう。

自分に好意を持っている男性を見極めよう

あなたに好意を持っているといっても、あなたのことを確実に「好き」とは限りません。

他の女性社員にも同じような行動をしている可能性はあります。

もしあなたの恋愛の対象外の男性社員が、このような好意を持っているような行動をとっている場合は、職場の空気を乱さないためにもお手柔らかにかわすように接しましょう。

しかし、職場という共に共同作業を行う場所で恋愛に発展する確率が高いことも確かです。

あなたもまんざらでもない人が、好意を示してくれているのであれば、是非仲良くなってみてはいかがでしょうか?

ただし、職場はあくまで目的は仕事をする場所なので、うつつを抜かしすぎないようにも注意したいですね。