いつも同じ人が夢に出てくる時の意味や深層心理【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

夢にいつも同じ人が出てくることはありませんか。

普段何気なく見ている夢にも深い意味が込められています。

自分がよく見る夢に出てくる人に対しての気持ちや心理をご紹介します。

1.その人への強い想い

過去に、夢に出てくる人(男性)の事が好きだったり、実際にお付き合いをしていた経験があったり、想いは伝えたけれど交際には発展せずに終わってしまったり…と過去に一度でも好意を持っていた事がある場合が挙げられます。

心のどこかで、その人の事が忘れられていなかったり、当時の深く強い想いが今となって現れているのです。

当時片思いで終わってしまったり、想いは伝えられたけれど恋愛に発展せずに終わってしまった恋なら、当時の不完全燃焼な事が理由として夢に現れたりします。

無意識の中でも、想いや気持ちが存在しています。

今は全く気持ちがなかったとしても、心のどこかでは忘れられていないという意味にもなります。

潜在意識の中で今でも当時の想いが残るのではないでしょうか。


2.忘れられない思い出

過去の大切な思い出や、あまり思い出したくもない不快な思い出が夢に影響してくる事で、その思い出に関わる人物がよく出てくるパターンがあります。

幼い頃の初恋の相手や、1番楽しかった学生時代の様々な思い出が良い意味で出てきたり、悪い意味で出てきてしまったりと、思い出にも2つのパターンがあります。

良い意味でも、悪い意味でも思い出として心の中にあり続け、夢として現れるのです。

当時の思いが蘇ってきたり、楽しい思い出や幸せな思い出なら夢見心地が良いですが、忘れたい過去の思い出も、忘れたいと強く思えば思うほど夢として出てくるのです。

夢に出てくるのは色々な思いや感情が強かったという意味があり脳の記憶として今でも残っているのです。

それが例え良くない思い出でも、夢としての意味は良い事を表している場合もあります。

嫌いだった人、苦手だった人が頻繁に夢に出てくるのは気分が良くありません。

しかし、夢で良かったと思える事もあります。

嫌いや苦手も感情の一つです。

その感情が強いほど夢として現れやすくなります。

好きでもなく、嫌いでもなく何の感情もない人はあまり夢には出て来ません。

思い出の中でも特に印象が強く残っている出来事や、辛かった事など強い感情と関わっている事が夢に現れるのです。


3.夢に出てくる人からの想い…

自分が見た夢だからといって全てが自分の感情として夢で現れるわけではありません。

夢に出てきた相手が自分の事を強く想っていたり、過去に自分に好意を抱いてくれていた人が自分の夢に影響して出てきたりする事もあります。

自分は何も思っていなかったとしても、想われていた人の感情が自分の心の中の片隅に残っていたり、今でも自分の事を強く想ってくれているのかもしれません。


4.その人に対して後悔している

人生に、挫折や後悔はつきものです。

今でも、あの時にこうすれば良かった…などと過去の自分に後悔している事はありませんか?それに関わる人物が夢によく現れる事があります。

自分が頑張っていた事を途中で諦めてしまったり。

過去の選択肢が今となっては間違っていたと後悔していたり、今ではどうにもならない事が夢なら変えられる事が出来るのでそれに関わる人物が夢として出てくるのです。

これも、後悔という気持ちが夢として現れているのです。


5.まだ見えない将来に出会う人

未来の事は誰にもわかりません。

自分が、5年後…10年後…どうなっているのか気になりますよね。

結婚をしているのか、理想の家庭を築いて子供を授かっているのか、自分の夢は実現されているのか、自分が頑張ってきている事が将来結果に表れるのか…といった、まだ見えぬ将来への不安がある事でそれが夢となって現れる事があります。

人によっては、将来の旦那様の像がいつも夢に出てきてくれるといったロマンティックな夢を見たりします。

未来が不安だったり、今の自分に満足していない状態ですと自分の理想像(架空の人物)として夢に出てくる事があります。

そこにも深い感情や思いがあるから夢に現れるのです。


6.自分がその人に憧れている

自分が憧れている人物や目標としている人物が夢によく現れる事があります。

憧れの人への強い想いや感情が夢として現れるのです。

好きな芸能人やアーティストが出てくるパターンも同様で、その人に対しての憧れが強いと夢に現れたりします。

あまりにも憧れがかけ離れていたり、現実味のない相手の場合は逆になかなか夢に出て来なかったりもします。

身近な憧れの人、友人や先輩や大好きな人達が夢によく現れるのは自分が近い存在でもあります。

夢によく出てくる人のことを知ろう

よく夢に出てくる人は自分がその人に強い感情を持っていたり、過去に強い感情を持っていた事があったなど、全て感情と深く関わっているのです。

無意識の中でも心の中に存在している人だったり、夢で現れる事で感情が新たに芽生えたり以前よりもその人を意識する様になったりと夢によって影響もしてきます。

夢に出てくる事で過去を振り返ったり、未来を夢みたりと本当の自分が見えてくるのかもしれません。