竜巻の夢の意味や深層心理とは【夢占い】人間関係のトラブルを暗示しているかも

最終更新日:2016年9月18日

今回は「竜巻」の夢を見た時の意味・深層心理をご紹介します。

夢の中の竜巻は「危険、不幸な出来事、トラブル、アクシデント、金銭問題」を表しますが、どのように竜巻と直面したかにより意味合いが変わってきます。

1.竜巻から逃げていたら

竜巻から逃げる夢は、人間関係に亀裂が入ったり、希望や積み重ねてきたものが一瞬のうちに奪われてしまう未来を示し、またその状況下で実際に苦しんでいるため、夢に心理が映し出されていると考えられます。

長年付き合いのある友人・パートナーとの決別や力を注いできた仕事が上手く行かなくなる、コツコツ続けた貯金がだまし取られてしまうなどを暗示しているため注意が必要です。

また竜巻から逃げて助かったという夢であれば、失う物はあるが再生出来るチャンスを暗示しています。

竜巻は全てを巻き上げてしまいますので、この場合ゼロからのスタートになることを意味し、心的ダメージは強そうです。


2.竜巻を眺めていたら

少しの砂煙から大災害を生み出す竜巻。

そんな竜巻を眺めているだけという夢は、身近な迫り来る危険に気づいていないという警告の意味があります。

身近に疑わしい人やもうけ話がないか、長年信頼している人間のまさかの裏切りなど、こんな夢を見た時はいつもより鋭い観察力を持ち、万が一に備える事が自身を守る為に必要となります。

竜巻を遠くから眺めている夢であれば、危険は少し遠いところにある事を示しているため未然にトラブルを回避することができる可能性が高いと言えます。

また、竜巻が起こっているのをただ冷静に眺めている夢であれば、アクシデントに遭遇しても取り乱す事なく対処出来ることを示します。


3.竜巻に巻き込まれていたら

ご自身が竜巻に巻き込まれている場合は大きなトラブルが起きる前兆です。

また他の人が竜巻に巻き込まれている場合、その方に危険が差し迫っている可能性がありますが、下手に助けようとすると竜巻の様な吸引力の強いトラブルにあなたが巻き込まれる可能性があるため気をつけてください。

また友人や大切な人が竜巻に巻き込まれていくのを見ているだけで何もできずにフラストレーションを抱える夢では、実際にその方を救ってあげる事は難しい事を示しています。


4.竜巻に巻き込まれるも助かったら

トラブルには直面しますが、なんとか回避できることを暗示しています。

無傷で生還したのであれば、運良くあなた様にダメージはなく事は済みますが、大怪我をし命からがら助かった・非常に怖い思いをしたという場合にはそれなりの代償やストレスに悩まされるが、なんとか問題解決ができると言えます。

一方でトラブルを回避する力をあなた自身が備えていることも暗示しているため、注意を払う事で未来は変わるというメッセージ性の強い夢ともいえます。

また竜巻に巻き込まれる人をあなたの力で助ける夢であれば、その方の力になるよう夢が暗示しています。


5.竜巻がいくつも発生していたら

夢の中で複数の竜巻がでてきたら要注意です。

竜巻の数は問題やトラブルの数を表し、いくつもの竜巻に次々に巻き込まれたのであれば、同時に対処するべき事柄に次々と追われ精神的のみならず肉体的に追い込まれる可能性があります。

これから起こりうる試練を暗示しているため、まずは今のうちに体調を整え、万全な状態で問題解決ができるよう肉体的な準備を整える必要もあります。


6.前日に竜巻のニュースをみた

心理的、予知夢的な要素とは別に、睡眠中には脳内で情報の整理がされると言われています。

子供の頃、怖い映画を寝る前にみると必ず怖い夢をみたという経験がある方も多いのではないでしょうか。

脳の機能としての影響で、寝る前に竜巻のニュースを見た、竜巻のシーンがある映画をみたなどが直接的に影響する事も多いようです。

そのような場合は、あまり敏感にならずに平常心で日常を過ごして良いと言えます。

竜巻の夢を見た意味を知ろう

竜巻の夢をみると未来からの不吉な警告のようで不安になることが多いですね。

確かに竜巻の夢は現在そして将来起こりうるトラブルやアクシデント、危険を示すメッセージということが多いです。

しかし、事前に夢で教えてくれているということは問題が起こらないように日々注意をすることで、未然に危険を避けられる、そしてご自身の対処次第で状況が変えられる可能性があるとも言えます。

ぜひ竜巻の夢をみたら自分や身の回りにトラブルの種がないかひと呼吸置いて見渡してみて下さい。