男ウケする香水の特徴と選び方。微かに香る程度の香りが男性からモテる

自分磨き最終更新日:2019年7月4日

良い香りの女性は男性にとって魅力的ですよね。

香水をつけすぎていてキツイ香りになってしまっている女性は、その逆で不快感を与えてしまうこともあります。

そこで今回は男性ウケする香水の特徴や選び方についてご紹介します。

ほんのり香る練り香水

男性ウケする香水の特徴はほんのり香るものです。

そして、甘すぎずキツすぎない香りが男心をくすぐります。

香水の中でも、練り香水というものがあります。

その練り香水はスプレータイプのものに比べ香りがほのかです。

つけすぎてもキツくなることがありません。

香りの種類も沢山あります。

大体のものが、ほんのり甘い香調で、不快感を与えることのない甘さです。

体温で香りを放ちますので自然と香ります。

そのため男性はこの子はなんだかいい香りがする、と心を惹かれるのです。

練り香水の香りは香水の香りと分からないような香りのものが多いので、香水嫌いの男性ウケも狙えるのではないでしょうか。

塗り直しても、香りが不快に変わることがあまりないので出先でも安心して塗り直すことができます。

フルーツ系の香水

男性は自然な香りを好みます。

フルーツ系の香りの香水は甘すぎずスッキリとした香りのものが多く、自然な香りを好む男性には、とてもウケがいいです。

特に甘酸っぱいフルーツの香りがする香水は、より男性ウケもよく、シーンも選びません。

フルーツ系の中でもベリー系やシトラス系よりも、ピーチの香りのものを選ぶと良いでしょう。

ピーチの香りは程よく甘酸っぱい香りを放ちます。

甘酸っぱさの中に柔らかさもあるため、女性らしさも演出してくれます。

ピーチの香りの香水でもラストノートがムスク系のものを選ぶと、香りの変化がピュアな香りから、アダルトな香りに変化するため、より男性を惹きつけるのではないでしょうか。

バニラなどの甘い香りの香水

バニラなどの甘い香りの香水は、つけ過ぎなければ男性ウケは抜群です。

ほんの僅かにつけるだけでも男性は反応してくれるはずです。

つけすぎてしまうと不快感を与えますが、ほんのりつければ、柔らかく甘い香りになります。

柔らかで甘い香りには人を安心させる効果があります。

そのため、男性は安心感を得て、女性に心を惹かれるのです。

バニラ系の香水を選ぶときは必ず店頭で試しに香りをチェックしましょう。

バニラ系の香水でも、香調は様々です。

また、バニラの香りの中に他の香りが混ざり過ぎていると、どうしてもキツくなってしまいます。

なるべくシンプルなバニラの香りの香水を選びましょう。

前もって香水の匂いや種類を調べておこう

以上、男ウケする香水の特徴、選び方についてのお話でした。

香水を選ぶときは、前もってネットなどで欲しい香水の情報を調べておきましょう。

そうすることで、香水の香調を詳しく知ることができます。

季節ごとに使い分ける

この香りが好きというこだわりがある方も多いでしょう。

香水は種類がたくさんありますし、その中からお気に入りの硬水に巡り合えればうれしいものです。

ただ、その香水は季節に合った香りなのでしょうか。

例えばエルメスのナイルの庭のようなさわやかな香りの香水は春から秋にかけて非常にオススメの香水です。

これはナイルの庭が持つグリーンマンゴーやロータスの香からくるさわやかなグリーン系の香りだからです。

香りを表すなら爽やかやさっぱりとした香りになるわけですが、これを冬につけてしまうとどうでしょうか。

冬はただでさえ寒いので、温かい格好をしますし冬に感じるミントの香などはより一層寒さを感じさせる要因になります。

ナイルの庭の爽やかさやさっぱりとした香りは少し肌寒さを感じさせます。

比較的温暖な気候の時は涼しげのあるさっぱりした香りで人気ですが、冬に寒さを感じる香りは嫌だと感じるでしょう。

そのため、季節によって香水を使い分けることが男性ウケする大きな要因となってきます。

自身の年齢によって香水を選ぶ

例えば主婦の方が高校生がつけるような若い香水をつけていると、香りと年齢にミスマッチが出てきます。

例えばサルヴァトーレフェラガモのインカントチャームなどのフローラル系の香りで柔軟剤のような甘い強い香りのする商品は比較的若い世代に好まれ、高校生や大学生がメインターゲットとされている商品です。

そういった商品を主婦の方が使うと若々しすぎる香りだと思われてしまいます。

主婦の方であれば例えばシャネルのココマドモアゼルのようなエレガントさを感じる香りであったり、例えばフローラル長でも少し甘さを抑えた大人らしさを感じれる商品を選ぶのが年相応の女性の美しさを引き立てることにつながります。

香りの変化を知っておこう

香水にはトップノート、ミドルノート、ラストノートと香りが変化していくものが多いです。

こういった香りの変化が起こるものはオードトワレ以上に多く、香水は実は香りが変化していくのです。

トップノートはつけた最初の香りでお店などで購入するときは恐らくここの香りを気に入って購入することが多いです。

ただここの香りというのは比較的持続が短く数分から長くても1時間程とされています。

このトップノートの期間が終わるとミドルノートになります。

ここが香水の一番長い時間と言われており、全体の7割ほどの時間はこの香りで構成されています。

例えば狙いたい男性と一緒にいる間はおおむねこの香りが彼に伝わっている時間は一番長いです。

そしてラストノートは最後に訪れる香りです。

香水にもよりますが、落ち着いた香りか少し甘い香りがラストノートに来ることが多く、比較的穏やかな香りのままフェードアウトしていきます。

そのため香りの変化を知り、どのくらいで香りが変わっていくのかを知っておくことが重要になります。

例えば大人の男女でしたら体の関係やそれに準ずる状態に夜はなる可能性があります。

そういった場合、夜の時間には香りとしては官能的な香りや少し甘い香りなど男性を誘惑する香りにしておくのが望ましいです。

逆にそういった時間帯にフレッシュな爽やかなシトラス系の香りというのはTPOをわきまえた香りとは言えませんよね。

そのため望んだ時間に望んだ香りに変化していくことが望ましいのです。

ただこれは最初はかなり難しく、回数を重ねることが必要になってきます。

そんな時にはトップからラストまで香りの変化がない香水を選択しましょう。

それならば時間を気にすることなく自分が好んだ香りで相手の前にいることができます。

香水でモテを目指そう

香水にはたくさんの種類があります。

例えば女性的には非常にいい香りだと思うことがあっても男性にとってはあまり好ましい香りでないということはよくあります。

香水についてたくさん調べていくと男性に不快感を与える香りなども分かってくるはずです。

可能ならば男性に嗅いでもらい一番いいといわれた香りというのは男性目線で好ましい香りになります。

男性にとってウケがいい香りを知りたいのであれば、直接男性に聞いてみるのも良いでしょう。

 

    「男ウケする香水の特徴と選び方。微かに香る程度の香りが男性からモテる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く