夫が無視してくる時の心理。黙って応えてくれない理由を知ろう

最終更新日:2015年12月9日

最近なんだか夫に無視される。そんな風に感じたことはありませんか?

夫婦の間では会話というコミュニケーションは一緒に生活をしていく上でとても大事なものですよね。

それでも夫に無視をされたらどのように過ごせばいいのでしょうか。

そこで今回は夫が無視をしてくる時の心理をご紹介します。

1.ケンカをしていて口をききたくない

夫婦ケンカなどをしてしまった後、男性は女性よりも口ケンカに弱く、手を出すことは許されないためケンカの手段の一つとして無視という方法を使って抵抗することがあります。

確かに、多くの場合女性の方が口ケンカが強いですし男性は長々と討論するのを避けたい傾向にあると言われています。

さらに多くの男性はどんなにケンカをしたとしても女性には手をあげてはいけないと理性でわかっているので殴ったり物を投げたりもしないでしょう。

最近では女性の見ている前で何か物を壊すだけでも暴力的な脅しだとしてDV認定されてしまうこともあります。

なので男性が女性に対して意見を受け入れたくないときやどうしても自分の意思を通したいときは無視をして女性側に考えさせようとしているのかもしれません。


2.話し合いをしたくない

無視をすると言うのは、女性の問いかけなどの質問に関しても答えを出さなかったり、たわいもない会話にも返事をしなかったりとコミュニケーション事態を拒絶する行為です。

なぜ、無視をしてコミュニケーションを拒絶するかと言うとそれは「話し合い」をしたくないと考えている可能性があるそうです。

例えば、お金の問題や妻の抱える近所の問題、嫁姑の問題など、毎日仕事して疲れて帰ってきている男性にとってプライベートな時間までも面倒事に巻き込むことになるような問題はできるだけ妻だけで解決してほしい。

話や相談を聞かなければ自分は関わらなくてもいいと考えているようです。

何かトラブルなどの場合、妻は切羽詰まってるでしょうし、夫が話を聞く気がないとなるとかなりヒステリーになる人も少なくないでしょう。

そのヒステリーさも男性にとっては面倒事や厄介事の象徴であってさらにふさぎ込むようになってしまっているのかもしれません。

3.妻にあきれている

旦那が妻を無視する場合、妻にあきれているということも考えられるようです。

そもそも多くの場合旦那は平日みっちり勤務をした後に家族がいる場合は休日も家族のために家族サービスをしたりと、ストレスのたまりやすい環境にいることが多いのです。

そんな時に、妻のくだらない世間話やしょうもない愚痴などを聞いているのに嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

疲れているところにくだらない芸能ゴシップやママ友の悪口などに、妻が納得するような相槌を打つのは酷なのかもしれません。

特に、長く一緒に住んでいるとタイミングによってはイライラしてしまったりして、ケンカになることがあります。

そうした時に見なかったこと・聞かなかったことにしてスルーをして平和で穏やかに家では気を使うことなく過ごしていたいと考える夫の心の表れなのかもしれません。


4.暴力をしないように我慢している

ケンカなどをしているとき、男性が黙るのはその奥の心理には「暴力を振るわないために我慢をしている」というものが隠れています。

男性も妻と一緒になって言葉発してしまうと女性は折れないことが多いのでどんどんとケンカがヒートアップしていくでしょう。

そうなってくると男性の理性が外れて本能的に暴力で制圧しようとしてしまうのです。

でも暴力はいけないことだというのが分かっているので、男性は「自分が言葉を発しないことでケンカをこれ以上ヒートアップさせないように」しているのかもしれません。

この、無視と言う行動を女性は「ずるい」「負けを認めた」などといって嫌悪しがちですが、男性が無視をするというのは女性に自分が暴力を振らないための優しさなのかもしれません。

5.女性に黙ってほしい

無視をされてもなお話し続ける人は少ないでしょう。

つまりは、無視をするという行為は相手を黙らせる効果が高い行動ということになります。

そのため、どうしても妻に黙ってほしいとき「うるさい」と声を出してしまうとケンカになるのがわかっているので無視をすることで相手を黙らせようとしているのかもしれません。

夫が無視する理由を知ろう

妻にとって話をするということは最大のストレス発散になりますが、その話を聞くというのは旦那さんにとっては時に負担になってしまうこともあるようです。

お互いに空気を読んで家の中を過ごしやすい安住の地にするように心がけましょう。