彼にお金を貸す時に心がけるべきこと。別れるつもりで貸そう

最終更新日:2016年4月12日

彼にお金を貸してと頼まれた時には、彼も困っているのだと思って簡単に貸してしまう人がいますが、後々トラブルになってしまうケースも多いです。

人との関係性を悪くするのに、お金のトラブルが一番多いことです。

もし彼にお金を貸さなければならないとしたらどういったことを心掛けておく必要があるのでしょう。

1.もう一度借りなければならないのか考えてもらう

人にお金を借りなければならない状況の時には、何とかしなければならないと思って頭も上手く回らない状況になっているかもしれません。

そんな時に一番身近にいる彼女にお金を貸してと頼んでしまうことも考えられますが、そのお金は本当に借りなければならないのかをもう一度真剣に考えてもらいましょう。

お金を持っている人はお金を貸すことは簡単ですが、お金がない人がお金を借りて返すのはとても大変なことです。

安易にお金を借りてトラブルにもなりかねないので、できればお金を借りないで生活することが望ましいです。

しかし現実ではどうしてもお金が足りないといった状況は多々ありますし、そういったときに何とかお金を工面する為に近くの人を頼ってしまいます。

彼にお金を貸すと決めたならばその判断も間違いではありませんが、今一度本当に彼女に借りなければならないのかを考えてもらいましょう。


2.使用目的をしっかり聞く

お金を貸すことは簡単ですが、付き合っている彼氏にお金を貸して、もしかしたらお金にだらしない人なのかもしれません。

特に若い時にはお金がないのでお金には苦労しますが、遊んでお金がないのと急なトラブルでお金がないのでは全く違います。

彼にお金を貸すと決めたまではいいのですが、そのお金の使い道をしっかりと説明できなければ貸すことはしない方がいいでしょう。

社会に出たら当然なんにでも説明責任というものがあります。

なぜそのような行動をとったかということを、納得させる説明が必要です。

彼もお金を借りる以上、それに見合うだけの正当な理由があれば彼女も納得して貸すことができます。

使用目的をしっかりと聞いて、納得してからお金を貸すようにしましょう。

3.返済計画をしっかりと守ってもらう

お金を貸したとしたら、いつかはきっちりと返済してもらわなければなりません。

付き合っているからといって曖昧にしていては、この後彼のことが信用できなくなり、やがては別れの原因ともなるでしょう。

彼女が彼の話を聞いて納得をしたならば、お金を貸すのは自由ですが、その時にしっかりと返済計画を聞いておきましょう。

いつまでに返すとか、毎月いくらずつ返済するなどの計画をしっかりと彼が立てていれば、本気でお金を返すことを考えていることでしょう。

本来ならば借用書などを書いてもらうのが一番ですが、あまり金額が多くなければ勉強代だと思って貸すのもいいかもしれません。

今後結婚をすることになれば、お金のことでいろいろありますから、しっかりと彼が返済するか、お金にしっかりしているか見極めることができるかもしれません。

あえて借用書を書かずに、彼の口から返済計画を立ててもらって、その通りに彼が返済するかどうかを見極めてみるのもいいでしょう。


4.なんで自分に借りたか聞いてみる

彼にお金を貸すことを決めているので、簡単に貸してもいいのですが、今後も何回もお金を貸してと言われるかもしれませんから、簡単にお金は貸してはいけません。

身近な存在だから彼女から借りるという理由だけではなく、他にも理由があるかもしれません。

特に身近な存在ならば親や兄弟がいますし、消費者金融なども一定条件が揃っていれば簡単にお金を借りることができます。

そこから借りないであえて自分の彼女から借りたとなると、何か裏があるのかもしれないと勘ぐってしまいます。

彼女のことを金づるだと思っているのか、他からはトラブルなどで借りることができない状況なのか、本当に折半詰まっているのですぐに借りなければならない状況なのかいろいろなケースが考えられます。

彼女も頼られたことは嬉しいですが、お金のことはしっかりとしていた方がいいので、なぜ自分のところに借りに来たのかを知っておくといいでしょう。

5.別れる覚悟で貸す

お金の切れ目が縁の切れ目ということも言われますが、お金のトラブルはその他でもたくさんあります。

まして付き合っている人ならば今後も関係は続いていきますし、お金にルーズな人ならばすぐに別れた方がいいでしょう。

身近な存在である彼女にお金を借りるということは、男性にとってもしたくない行動のはずです。

それをあえてしたので彼女が納得したならばお金を貸すのもいいでしょう。

しかしお金を借りた後に心境の変化が起こるかもしれません。

お金を借りる時には何とか貸してもらいたいと必死で頼みますが、いざお金が借りられると必死で返済しない人もいます。

そういったお金に関してルーズな人も大勢いるのでトラブルが絶えません。

彼がそういった人かもしれないということは頭にしっかりと入れておいてからお金を貸すようにしましょう。

彼氏にお金を貸す時は気をつけよう

お金を貸すならば最悪別れる覚悟で貸しましょう。

彼にお金を貸す時には自分で納得した理由や、返済方法などをしっかり聞いた上で貸すことをオススメします。

一度貸してしまうとまた何かあったら助けてくれるという考えになってしまいますし、彼がお金にルーズな人かもしれません。

貸すときにはお金が帰ってこないと思って貸すことと、最悪なケースは別れることも覚悟してお金を貸した方がいいかもしれません。