育ちのいい人の特徴。言葉遣いが丁寧で食べ方もキレイ

最終更新日:2016年2月21日

一目見ただけできっと育ちが良い人だと感じる人に会ったことがあるでしょう。

何もしていなくても独特の雰囲気を感じることができるので、なんだか普通の人とは違った印象を持つことが多いです。

そこで今回は育ちがいいと言われる人の特徴をご紹介します。

1.言葉遣いが丁寧

育ちがいい人は言葉がとてもキレイで感じの良い印象を受けます。

人に対しての言葉遣いが、その場のノリや人に流されないで、いつでもキレイな言葉を話すことができます。

目上の人や年上の人に対しての言葉遣いは当然として、家族などでもきちんと礼儀正しく言葉を話します。

言葉は自分の品性や品格をそのまま表すと言われているので、丁寧な言葉遣いの他にもしっかりとその場に合わせて言葉を選ぶことができます。

女性ならば女性らしい言葉遣いをしますし、回りの友達などに合わせることなくしっかりとした自分の言葉で話をします。

友達にギャル語をしゃべる人がいても、その言葉に流されることなく丁寧な言葉を話すので、すぐに育ちの良さに気づくはずです。


2.いつでも落ち着いた態度

育ちがいい人はいつでも自分に自信がありますし、物事に対して冷静になれるのでいつでも落ち着いて行動できます。

焦っていても良い考えが浮かばなかったり、いろいろやってもうまくいかない時はじっとしているのが一番だと考え、その間にしっかりと先のことを冷静に考えることができます。

自分に自信があることと、教育を受けたり育ってきた環境があるので、それに対しての対処法もしっかりと自分で考えることができます。

落ち着きは心を豊かにしてくれるものでもあるので、話し方もゆったりですし、相手の話をじっくり聞くことができるのでとても好感が持てるでしょう。

落ち着くことは冷静に考えることでもあり、ゆとりを感じることができるので、いつでも心にゆとりを持つようにしています。

ですからいつでも落ち着いた雰囲気を感じたり、優雅な印象を受けるのです。


3.誰にでも親切にできる

いつでも心にゆとりを持っているのが育ちのいい人なので、人に対してとても優しくなれることが特徴です。

人から愛される喜びを知っているので、人に対して優しくもなれるのです。

多くの人は自分の損得勘定で行動したりしますが、育ちのいい人は損得勘定抜きで人に優しくできます。

それは素直な心を持っていることでもあり、人に親切にするということが日常的で当たり前だと考えているからです。

心に余裕があれば人に優しくすることもできます。

自分の生活や心が安定していれば、自分の周りにいる人にも幸せになってもらいたいと考えるので、自然と幸せを振りまいているのかもしれません。

誰に対しても分け隔てなく親切にすることができるのは、人に対して嫌いという感情をあまり持たないことも要因となります。

人の良い所を見ることでその人のことを嫌いにならないので、誰にでも優しく接することができ、それが誰にでも好感を持たれる要因でもあります。


4.テーブルマナーがきちんとしている

食事をする時にキレイに食べることができる人は、育ちのいい人に多いものです。

お金があるから何でも食べられると思っているようですが、しっかりとお金の大事さも教育されていますし、食べ物の有難さも知っています。

ですから食べ物をきちんとキレイに食べることが子供の頃から教わっているのです。

特に日本人なので箸の持ち方や食べ方がとてもキレイです。

食事をする時に箸の持ち方で人を判断することも多く、育ちのいい人は決まってとてもキレイな箸の持ち方をします。

テーブルマナーをしっかりと教育されていたり、食べ物の有難さをしっかりと教えられているのが特徴です。

食事の時にはあまり話をしないで、しっかりと料理の味を味わったり、ご飯粒を残さず食べることなど、当たり前のことをしっかりとできるのでとても好感が持てるでしょう。

作ってくれた人に対してしっかりと感謝の心を持って食べているのです。


5.周りの人に気を使える

育ちのいい人は自分の行動が周りの人に対して、どれだけ迷惑がかかるかを考えるのでとても気の使える人が多いです。

自分でも自信を持っていますが、どんな人といても相手に恥ずかしいと思わせないように振舞うことができます。

自分と一緒にいる人の顔に泥を塗るようなことはしませんし、逆に相手を持ち上げたりすることがとても上手です。

周りにいる人たちにとても気を使うことができるのも、育ちのいい人の特徴でもあります。

自分だけが幸せになるよりも、自分の周りにいる人たちが全員で幸せになった方がいいと考えるので、自分を下げることなく周りの人を気分良くさせることも得意です。

自分が気を使うことで周りが幸せになれるのであれば、損得勘定を考えることなく行動することができるのでなかなかマネのできることではありません。

ですから何か普通の人とは違った印象を持つので、育ちのいい人だと感じることができます。

育ちのいい人の特徴を知ろう

育ちのいい人の特徴は自分の損得勘定抜きで、人に優しくすることができる人が多いです。

人に親切にすることが当たり前だと考えているので、自然と周りの人からは好感が持たれるようになります。

周りの人にも幸せになってもらいたいと思ったり、気を使ったりすることができるのは、誰にでもできることではなく育ってきた環境が自然とそうさせるのです。