スイーツ女子の特徴とは。2つの意味があるのを知ってる?

最終更新日:2016年9月3日

「スイーツ女子」という言葉を聞いたり見たりしたことがある方はいませんか?スイーツ女子には、スイーツが好きな女子という意味以外にも様々な意味があります。

ここでは、そんなスイーツ女子の特徴についてご紹介します。

1.スイーツがとにかく好き

スイーツ女子の特徴の1つにその言葉の通りにスイーツが大好きな女子という意味があります。

とにかくスイーツが大好きで、スーパーやコンビニで新発売されているスイーツを見かけたらすぐに購入して食べます。

今はSNSがあり、同じスイーツが好きな仲間達と情報を交換するという人は多いです。

また、流行のスイーツを紹介している本やネット、テレビは常にチェックして新しい商品が出たらすぐに買いにいきます。

それが生きがいでスイーツを食べている時が一番幸せです。

新しいお店はもちろん、老舗の美味しいスイーツやインターネットでしか販売されていないようなスイーツ、お取り寄せできる地方限定スイーツにも詳しいスイーツ女子もいます。

美味しいスイーツを知り尽くしていますので、女子会では欠かせない存在になっている事も多いです。

また、スイーツ女子の中には自分でスイーツを作って食べるのも好きという人も多いです。

自分好みの味にしたり、見た目にこだわったり、安くて美味しいスイーツを作る事にこだわったり、材料にとことんこだわったりとスタイルは様々です。

このタイプのスイーツ女子にはスイーツ好きが高じてプロになったという方もいます。


2.女子力が高い

女子力が高いのもスイーツ女子の特徴の1つです。

ゆるっとした素材の服が好きだったり、パーマをかけて髪型にこだわったりと見た目はもちろん、中身も優しく穏やかと女子力が高いのが特徴です。

このタイプのスイーツ女子は雑貨等持ち物がオシャレでセンスがあり、色々な雑貨店を知っている事が多いです。

また、何をさせてもセンスがあるので「一緒に服を選んで欲しい」等一緒に何かを見て欲しいとお願い事をされる事も多いです。


3.自分が大好き

最近、自分がとにかく大好きという女子もスイーツ女子の特徴になりました。

とにかく自分の事が大好きで、SNSに自分の写メを毎日たくさんUPしたり、褒められないと不機嫌になったり、可愛い服を着て可愛い自分を演出したりするのがこのタイプのスイーツ女子の特徴です。

また、他人に興味が無く、しかも自分のために他人を利用しがちなのもこのタイプ特徴で、最終的には距離を置かれるので同じ友達と長続きしない事が多いです。

このタイプのスイーツ女子は、自分が目立っていないと嫌がります。

口では誰かを褒めていても、自分が褒められないと嫌なので後から不機嫌になる事が多いです。

友達の中に自撮りばかりをアップしている人がいたら、それは自分が大好きなスイーツ女子の可能性が高いです。

関わると利用される事が多いので距離を取るようにしましょう。

自分がこのタイプだと自覚していて、今のままではいけない、本当の友達が欲しいと思っているなら、まずは自分以外の人に興味を持ち、優しく、思いやりのある態度で接するようにしましょう。

相手を利用していると、相手はそれを察して逃げます。

思いやりを持って接すると、相手は理解してくれるのでずっと友達でいてくれます。


4.かまって欲しい気持ちが強すぎる

かまって欲しい気持ちが強すぎるのもスイーツ女子の特徴の1つです。

一人では寂しいので誰かにかまってもらおうとしたり、辛い事があると「辛い、誰かに一緒にいて欲しい」とメールやLINEで人を呼び、かまってもらおうとします。

このタイプのスイーツ女子は、自分の感情にとても正直です。

ですのでかまって欲しい気持ちが消えたら、かまっていた人が「あれほど辛そうにしていたのに」と驚くほどケロッとしてしまいます。

周りにこのタイプのスイーツ女子がいたら、いちいちかまっていると自分が疲れてしまいます。

ですので、あまりかまわないようにしましょう。

自分がこのタイプだと自覚をしている場合は、周りに迷惑をかけている事を自覚しましょう。

このままでは友達がどんどんいなくなってしまいますし、男性からも「あまり一緒にいたくないタイプ」と思われてしまうので彼氏を作るのが難しくなってしまいます。

人は、お互い自立をして支え合ってこそいい関係を築く事ができます。

ですので、勇気を出して少しずつ自立をするようにしましょう。

そうする事でかまってもらわなくてもたくさんの人ともっと仲良くなる事ができます。

スイーツ女子の特徴を知ろう

スイーツ女子の特徴についてご紹介しました。

スイーツ女子には言葉の通りスイーツが好きな女子や女子力の高い女子等いい意味で使われている場合と、自分が大好きだったりかまって欲しい気持ちが強すぎたりとあまりいい意味で使われていない場合の2通りがあります。

いい意味のスイーツ女子なら、いい部分をさらに伸ばしていけばいいですが、あまりいい意味ではない場合だと他人に迷惑をかけている事もあります。

自分があまりいい意味のスイーツ女子ではないと自覚をしているなら、少しずつ直していくようにしましょう。